« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月30日 (木)

困った癖は放置するとどんどん増殖する!?

書こう、書こうと思いつつも、目の前のあれやこれやに忙殺され、気力もなく
書けずにいたネタを書こうと思います。

ももの指吸いが酷くて、歯科医で「顎の変形」と「噛み合わせの酷さ」を指摘され
外科手術と歯列矯正(普通の歯列矯正では無理かもしれないから、こんなに酷くても
やってくれそうなところに紹介状を書いてあげると言われた、、、)しなきゃならない事を
宣告されたのを、4年前くらいに、このブログに書いた気がします。

さすがに、横で聞いていたもも も ヤバイと思ったのか、自ら「しばって欲しい」とか
手袋をして、必至に年月をかけて減らしていきました。
が、実は、完全にやめれたわけではなく、今も寝ている無意識の時に指吸いしています。

と、同時に、代替行動ではじめた耳を触るが酷くなって、耳は瘡蓋が出来
耳の中もかきこわして耳汁と血でぐちゃぐちゃになり、耳鼻科のお世話に何度か
なりました。(現在進行形)

と、同時に背中や脚や腕など、傷になるほどかきみしる癖が出て
また傷の瘡蓋を、完治していない早い段階で無理矢理はがすを繰り返し
小さな傷跡がどんどこ拡大して、非常に大きな痣や、傷跡(ずっと瘡蓋はがしを
くりかえしているので、塞いでない生生しい状態)が出来て困っています。

さらに、爪のあま皮をえんぴつの先などで、押してなくしてしまうという癖も
出て、ももの手の爪のあま皮部分は見るも無残!真っ黒になっています。

4年前に主治医に相談した時、「人に迷惑をかけない癖なら無理にやめさせる必要
はない」「成長すれば指吸いなど自然になくなるから」と言われ、
いまひとつ納得出来ないまま、他の大変!でヘトヘトになり、そこまで手がまわらない
気力もないまま今日に至るわけなんですが
奥田先生もおっしゃっていましたが、「自然に治る」とか「子供だから、かわいいから」とか
頬っておくと、癖は治るどころか、増え続け、消去もなかなか困難になると。。。。
全くその通り!

で、島宗理先生が、ご自分の体験も踏まえて、方法を書いてくださって、
それがなかなか素晴らしくよいものですから、ここにリンクを貼っておきます。

http://simamune.cocolog-nifty.com/nature_human_and_science/2013/04/nhk43-c199.html

もものような子は、感覚過敏(聴覚、触覚、味覚、光、臭覚)がたくさんあって
ただ普通に生きているだけでも非常にストレス満載なんだと思います。

ももは、一見、そんな風に見えませんが、時々、光で眩暈や吐き気がしたり
自然いっぱいのところに行くと音が少なくて、ほっとする…と言いますから。

しかも、嘘もそうですが、ADHD故、刺激に極端に弱く、こういう癖も出やすく
また増えやすい傾向にあるんだと思います。

また、無意識のものを意識して克服しながら、もうひとつの苦手な読むや聞くや
ストレスを我慢するのは、ちょっと考えただけでも出来にくいはずで…。

現状、やめさせたい困っている癖以外にも、習慣化して、癖というよりも
困った習慣なものも山ほどあるわけなんですわ。。。。
(例:絶えず、消しカス集め、練り消しづくり→これは消しゴム使うな!で消去しました
だって、普通に書けば10分もかからないのに、これの為に30分以上かかるから!)

ももの場合、暇な時(手持ち無沙汰な時)や、苦手な勉強(そもそも読むが困難なので
読んでいる場合や授業を聞く時など)に集中しないといけない場合に多くでます。

その都度「はい!」という掛け声をかけてやめさせてますが
本人も無意識みたいで、無意識を意識化させるという最初の段階で
躓いています。
しかも多すぎて、もぐら叩き状態。。。ですわ。。。

※後日、こんなに酷い事になってます & なってましたな画像を追加するかもしれません。
(疲れてそのままかもしれません。。。)

| | コメント (0)

2013年5月24日 (金)

精神崩壊…

中間テストに向けて、教科書やワークを持って帰るように言ったのが3週間前。

2週間前になり、毎日口頭で持ち帰るように言い、メモも書いて持たせるも
毎日忘れた~となり…

一週間前の週末には、学校の最寄駅で待ち合わせして、ちゃんと持ってきたか
チェックをしようとするも、「大丈夫!持ってきた!」という言葉を信じてしまい撃沈。

あと数日を残すところまで来て、ラチがあかないので、直接先生に電話して
「ワーク等、失くしているかもしれませんので、もしそうならお貸しいただくか、コピーして
いただけないでしょうか?すいません」とお願いし…
宿題提出も出来ていない事がわかり、その件もあわせて、すぐにやって提出
させますので…とお願いし…

それなのに、「友達に借りるから大丈夫」と断わってきちゃって…
当然、お友達のワークはすでに書き込み提出OKマーク付なので使えるはずもなく…。
どうして、そんな適当で頭おかしい判断しちゃうのか…謎すぎて、キツイ!

お前ってやつは…!と落胆を通りこして、腸煮えくりつつも、ぐっと我慢して
再度、学校に電話し、謝り倒して、ファックスで送ってもらい、それを小1時間かけて
製本し、やらせたら…

ワークのやり方プリントには、「まず資料集や教科書等で予習してからやること」と
太字で書いてあるのに、何もやらずに適当に書いて、赤で全部訂正してある…。

それを見て、母、キレタ!!!!

もうね、猛烈に腹が立って、怒鳴ってしまった。

ももは、適当に書いて先生が赤入れれば、やり直すから…くらいにしか
全てにおいて思っていない。
生徒全員の宿題を見て添削するのがどんなに大変で手間か相手の立場に
立って考えなさい!と何度も言ってきている。

これは、人として許せない。

どんだけ待って、どんだけ手間かけさせて、多くの人に迷惑かけて…
いくら障碍があるとはいえ、やる事が限度を超えすぎてんだよー!

それが本当に出来ないというのなら、学校やめて出来なくてもいい環境に行け!
出来るけどやらないのなら、工夫でもなんでもしてちゃんとやりなさい!

その後も追い込まないと全然覚えようとしない英単語を追い込みつつやるも
目を離すとすぐに魂が抜けていて…

自分で最低限の事ができなさすぎるから、母が家事を全部放棄して
ベタ付になるしかなくてやってるのに、文句を言うから、またキレて…。

そこに帰ってきたパパが事の成り行きも聞かずに
「ももは、そういう子なんだから、しょうがないだろ…」って。

自分の子供と思うと腹が立つなら、他人の子供と思え…と言われたけど

そんなの…思えません!

それで夜、出て行く準備をしていたら、ももが泣いて「ごめんなさい」と謝る。
でも、その場だけで、またすぐに同じ事の繰り返しなんだよね。

もうママは限界超えて、壊れた。

教科書やワークをなくさない等の工夫もすぐになし崩し…で。

勝手に堕ちるところまで、堕ちろ!とも思った。

でも母たるもの、翌日になると、つい朝食を用意したり、お弁当をつくったり
してしまうのだよ…。

いっその事、この母親スイッチがなくなれば楽になれるのかなぁ。。。。

こういう最低限の事が出来なさすぎるから…
塾も「小学校1年生の子でも出来る事ができない」と怒りの電話を貰いまくって
辞めさせられる羽目に陥るんでしょうがっ!

| | コメント (6)

2013年5月21日 (火)

momoの母さん辞めたいっ!(愚痴)

テスト前という事で、部活も委員会もなく早く帰れるはずなのに、
一向に帰ってこないもも。
同じ制服を着た子を4時前に駅で見掛けたのに、5時になっても帰ってこない…。

携帯に電話しても繋がらず…。

もうすぐ6時になろうとしているのに帰ってこない…この時点で、
心配になってきて(事故にあってないか等)
携帯に電話してもつながらないので、駅まで何度も見に行き、
学校に電話するしかない…と思って、電話しようとしたその時…
帰ってきた。

理由を聞けば、駅で迷っていたとか…

どう考えても2時間以上も迷えないんだけどね。
嘘がバレバレで…

よくよく聞いたら、友達といつものようにおしゃべりしてたとか…

あのね、テストの一週間前くらい直帰しなさい!と
何度も何度も繰り返し言い、携帯にメールまで送って注意喚起したのに
嘘までついて、約束を破りまくる…。

英語の単語は、2月からはじめて、あんなにやっても未だ書けず…
漢字だって、他の子よりも覚えるの大変だし
はじめての中間で、範囲も内容も楽だといっても
小学校の時とは比べ物にならない範囲と量で、内容も
ワークなど、発展応用問題が多く、中学受験の貯金があったとしても
やっぱり勉強しないと点はとれないだろう。

しかも、ももは、人の何倍も時間のかかっちゃう人なんだから
みんなと同じように、遊んでいちゃ駄目なんだって…

という事が、どれだけ丁寧に噛み砕いて伝えても理解しようとしないんだなぁ。

何もテストじゃない通常期間なら、残っておしゃべりも必要だと思うし
土日くらい、身体を休め、日々つかれて出来てない予習と復習をしたい…と
思っても、遊びに行く約束をしちゃったというので、仕方なく送りだしてたじゃん。

帰ってからも、毎日、勉強よりも、メールや携帯でのやり取りに忙しく…
それも半分くらい目をつむってたのよ!

教科書やワークを持って帰るのだって2週間前から毎日、言い続けて
こんなにも持って帰れないから、怒るんだよ。

最初から、キーキー怒ってるわけじゃない。

我慢して、我慢して、爆発するしかないくらい、度を越した事をやりまくるから
怒れてしまうんだよ。

もうね、こーんなに約束破るわ、口先だけ謝るだけが続いて
毎日毎日同じような事が続くのなら、ママ、出て行くから!
ももは、うるさく言われなくて自由になるしね!

と言ったら、泣きながら謝るんだけど

これを毎日繰り返されると、もうお母さん辞めさせてください!って
心境になっちゃう。

受験が控えていると思うと、内申に響くからほったらかしは出来ないけど
こうなりゃ、本当に家出して、懲りてもらうしかないかもなぁ。。。。
家出しても懲りないかもしれないけど、、、、。と思う。

昨日は、心配した分、余計に怒れるわ、
見え透いた嘘をつかれた事で、また余計に怒れるわ…で眠れなかった。

工夫も万策つきた。。。

| | コメント (4)

2013年5月19日 (日)

中間テストなのに…

あと一週間ちょいで中間テストなのに、遊びに行く約束をしてきてしまうは、
学校にワークや教科書を置きっぱなしにして、持って帰ってこないわ…で
がっくりきています。。。

2週間前から、注意はしてきましたが
毎日「忘れた~!」で、週末の金曜日の朝にはくどい程持って帰るように言い、
付箋も貼って注意喚起し、挙句待ち合わせの駅で、
「ちゃんと持って帰ってきた?もし忘れたのなら取りに行ってね。」と
言ったら「大丈夫!」と返事していたのに、どうなっとるんじゃ!と
声を荒げたら…

「え!そういう意味だったの???」って…
意味不明な返事が…。

「テスト勉強をするのに、教科書とワークを持って帰って来なさい」って
日本語が理解できんのか…
他にどういう意味に解釈出来るのか、教えて欲しい。

このところ、忙しくて放置していたら
各教科の宿題のところに赤字を発見し
先生が下さる宿題プリントを見たら、これ以上丁寧に書けない…
ってくらい親切かつ、丁寧に書いてあるのに
ちゃんと見てなくて、ちゃんとやれてない事が判明。。。

これが出来ないままだと
正直、社会に出て働くのは難しいよね…と思う。

なので、「プリントは線引き○つけしながら読みなさい!」と言うも
これも、どこまで指示が入るのか…。

まだ中間なので、ちゃんと日々の勉強をこなしていた子は楽勝でしょうが
放置プレーで、毎日2時間も放課後友達としゃべったりして
休みの日も出かけたりで思うほどやれてないももは、
今回は大変な事になっちゃうかもね…。

疲れが溜まっているせいか、怒る気力もわかず…
ただただ、がっくりきてしまいました。

それにしても、どうしたら、いいんでしょうね
この指示の通らなさ具合というか
人の話の聞けなさ、見えなさ具合は…。

| | コメント (0)

2013年5月15日 (水)

入学後の業者テスト

入学後の業者テストの結果が帰ってきました。
学内だけで完結したテストではなく、8千人程受験者のいる外部テストだったようです。

内容は、わからないので何とも言えませんが、毎年小学校で行う学力業者テスト
みたいなイメージです。

予想通り、国語だけ3教科からかけ離れてどすんと悪かったものの
予想外に平均とれていて驚きました。
母体の集団がどうなのかわからないし、なんとも言えませんが…。
ただ、詩の読解がひとつも答えられていないというのは、なんともmomoらしい結果
だなぁと思ってしまいました。

他の3教科は90点以上で、偏差値60台後半~70といった感じでした。

一部、あと一歩で満点な教科もありましたが、その教科で学内順位20番とかで
結構出来るお子さんが何人もいるんだなぁと思いました。

総順位は500番よりも上で、学内順位は30番台で、
想像していたよりも上だったので、
ついてゆけなくて辞めさせられたら…という切迫した不安が
少し和らぎました。

ただ、英語のスペルの読み書きが極端に出来ない今
国語にプラスされて英語が入ると思うと、油断できないというか
危機感もあります。

また計算が苦手なのは、今も変わらずで、中学受験の時のように
思考力勝負な問題よりも、計算力を要求される問題が多いので
その辺、どう克服していこうか考え中です。

また感想文も提出等でもあいかわらず書けない、時間は鬼のようにかかって
稚拙な文章しか書けない、てにをはさえもあやしい…な状況なので
そこも、また昔やって出来なかったドリル等を出してきて
夏休みにでもやろうかと思っています。

| | コメント (0)

2013年5月 8日 (水)

予想通り

ひらがなを覚えるのにひと苦労で、2年生の漢字に躓き…なももだったので
たぶん英語も苦労するだろうと予想してましたが、予想的中crying

受験が終わった2月から、地道に英語をやってますが
毎日、大学ノート見開き2ページ、単語書いても、bとd、pとqは混乱するわ
音と綴りの対応パターンがなかなか覚えられず、読めない、書けないが
延々続いています。

bは右○と声を出して、3ヶ月書き続けても混乱しちゃうんだよね…。

ig daddy」みたいに、単語や文章で、色で、音を分けたりしつつ
書いてるんだけど、なかなかすんなりとはいきませんねー。

最初のとっかかりの音と単語のパターンのマッチングをひらすら過剰学習で
覚えていくしかないんでしょうね。

まぁ、ひらがなを覚える時や、低学年時代の漢字特訓を思えば
まだ予測が出来るし、ましかもなぁと思うしかありませんな。

ローマ字もヘボン式に覚えなおし、考え込まなくてもすんなり書けるくらいに
仕込みなおさないといけなかったりで、楽になりませんが
3年後受験がないと思えるだけで、気持ちが少しだけ違ってくるのは
ありがたいっちゃーありがたいです。

ただ、文法はネットの授業を見せただけで、結構覚えていけるので
単語の読みと書きがネックなんだと思います。


あいかわらず、プリントを最後まできちんと読むという事が出来ない事での
痛いあれこれや、

「○は持った?忘れ物はない?」と五月蝿い母に
「ちゃんと持った!」とけんか腰のきつい口調で返しつつ、
毎日何かしら忘れ物したりもありますし
提出物も詰めが甘くて再提出とか、ちらほら出てきて
今のところは、色々隠しているでしょうが、夏休み前には発覚するのかなぁ…。

あいかわらず、せっかちな母が悶えるくらい、処理速度は遅いし
「一行練習ね」が「一文字練習」しかしてないなんていう聞き間違えの連続で
親子喧嘩もありますが、それでも1年前は、日本人とは思えない
物凄い読みをしていた人が、初見の長文をかなり流暢に読めるようになっていて
「あなた、本当に頑張って乗り越えたね。成長したね。」
と思う事もあります。

感想文の書けなさは、まだまだ宇宙人並ですが、
5年をメドに少しづつ日本人に近づいていけたらと思いますし
英語もこれからの時代はスルー出来ないでしょうから
覚悟を決めてやるしかないなぁと思います。

最近、年のせいか、めまいが酷くて調子の悪い母なので
いつまで二人三脚出来るのか悩ましいです。

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »