« 迷走中 | トップページ | 塾の先生からお小言 »

2011年8月28日 (日)

ももの中学受験チャレンジの日々

春に学校見学へ行った私立中学。
校長先生のお話が感動的だった。

ずっと公立の小中高の現場で子供達を教育してきて、これでよかったのか?
という反省がある。点数、点数で、子供達を追い立てて、結果重視で来た結果の
つけを感じる数年が続いた。
私達は、高い点数をとるロボットを大量生産したいのか?それとも血の通った
人間を育てたいのか?と考えた時に、迷わず後者だと思った。
この学校では全てに平均点を求めない。何かひとつ得意なものを伸ばすなり
人間として常に何が大切か?人間としてちゃんと生徒ひとりひとりと向き合って
私達教師が出来る事をしていきたい。

そんなお話をしてくださった。
凸凹なももにとって、このお話はとても心に響いたらしく、「ここに行きたい」と行った。
学校見学では、どの生徒さんに聞いても「授業も部活も楽しくて仕方がない」という。

そんなわけで、ももの中学受験への日々が夏休みからはじまった。
ただ、4教科、いきなり中学生の高校受験並レベルの問題も容赦なく次から次へと
続く中、自分で決めたものの、苦しくなって、親に当たる「ママが無理やりやらせたー」
とか言う時もあって、「やめるの、やめないの」でバトルも増えた。

算数だけは、なんとかなっているものの、他の教科は、ただ行って帰ってきて
わけがわからないまま宿題して…なレベル。

なにせ、お盆期間除いて、ほぼ毎日6時間授業があり、帰宅してすぐに大量の宿題を
こなし、その後、夜遅くまで翌日の予習を必死にこなし、朝起きて、その日の塾の
テスト勉強+予習で、また塾に行っての、強烈な毎日だった。

金額もひと夏10万近く(教材費込み)で支払った。
まあ、でも時間で割ると、そんなもんだ。
今までみたいに、結果を求めずに自分で決めて行く事に意義がある…とは言えない
金額だし、かける労力や時間も違うわけで、当然やりかた等に口も出すと、喧嘩になる。

まあ、それでも田舎の進学塾で人数も少ない為に、ほぼ個別指導並みにみっちり
マンツーマンで教えてもらえるし、ももがやると言っている間は、もう少し様子見で
続ける事にするけど、やり方を考えないと、不器用で超のんびりなももには無理だと
ため息が出てしまう。

ただ、算数だけは、目指す中学のレベルがそんなに高くない為か、
説明会の時にもらった去年の問題、何も教えてない状態で、7割解いてびっくりした。
あいかわらず、計算はどうなってんだ!なくらいダメだけど、論理的思考力は
いつの間にか飛躍的に伸びていて、あの算数障碍かもしれないって言われた
数年前はなんだんったんだろと思う。

途中でやめちゃうかもしれないけど、一度決めた以上、やれるところまで
二人三脚中です。
いろいろ面白い工夫も見つけましたので、また紹介します。

|

« 迷走中 | トップページ | 塾の先生からお小言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 迷走中 | トップページ | 塾の先生からお小言 »