« 原発 その5 | トップページ | 原発 その6 »

2011年5月15日 (日)

やっと認めたメルトダウン…

2、3号機もメルトダウンの可能性…東電認める

東京電力は14日の記者会見で、2、3号機の原子炉について「最悪の場合、1号機と同様のケースが想定できる」と説明し、核燃料全体の溶融(メルトダウン)の可能性を初めて認めた。

 1号機では、11日に水位計を調整した結果、炉内の水位が低く、燃料が冷却水から露出して溶けたことが確実となった。2、3号機の水位計はまだ調整していないが、1号機と同じ仕組みのうえ、もともと1号機より低い水位を示している。

 ただ、東電は炉内の温度などから、2、3号機は1号機より燃料の損傷が少ないと推定している。

(2011年5月14日22時34分  読売新聞)

どうやら、1~4まで全てメルトダウンで、もはやチェルノブイリを越えるとかの
レベルじゃないくらいになってきてしまった。
この予想は京都大学の小出準教授が予想していた通りの展開。ため息。

|

« 原発 その5 | トップページ | 原発 その6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原発 その5 | トップページ | 原発 その6 »