« 原発 その1 | トップページ | 原発その3 »

2011年5月 8日 (日)

原発 その2

◆勉強会に出席していた鳩山前首相が、原子力安全委員会の小原規制課長に放射能が実際にどれだけ放出されているか質問。それに対して、小原課長、「一日あたり、100兆べクレル」 と、ぽろり。そんなに多いとは、誰も聞いてないぞと、一時騒然。
これまでの発表では、一時間あたり1テラベクレル、即ち1兆べクレル。一日では24兆べクレル。実際には、その数倍の放出量だというのだ。この勉強会のあ とに、小原課長が伝えた正確な数値は、ヨウ素131が、一時間あたり6990億べクレル。一日あたりでは16兆7760億べクレル。

下記が思わずぽろりと実際の数値を公言してしまった動画

http://www.ustream.tv/recorded/14168194

|

« 原発 その1 | トップページ | 原発その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原発 その1 | トップページ | 原発その3 »