« ディスレクシア と ADHD | トップページ | バレンタイン »

2011年2月10日 (木)

多く見積もる 少なく見積もる

この単元に混乱したもも。
何度も何度もお買い物ごっこをして、やーっと少しクリアしたけど
言葉からイメージがすんなりといかない様子だった。

問題1 花子は下の品物を買おうとしています。
     いくらあればたりるか見積もりましょう。


はさみ548円 筆235円 絵の具1290円
※100以下切り上げ切捨て

答え 600+300+1300=2200
2200円あれば足りる 

まずは、多く見積もるか少なく見積もるかを決める。
この場合、実際の金額よりも多く見積もらないと
レジで払う時にお金が足りな~いとなる。

ももの場合、がい数→548円だから500円、235円だから200円と
目先に反応してしまい、大局を見失う。
全体を見るように示唆しても、なかなかすんなりとは見えない。

問題2 太郎は下の品物を買おうとしています。
     3000円をこえるとくじが引けます。
     3000円超えるかどうか見積もりましょう。


マンガ650円 ゲーム1753円 ミニカー745円
※100以下切り上げ切捨て

答え 600+1700+700=3000
    3000円を超えるからくじが引ける


この場合は、3000円を超えるように買い物しないといけないから
実際の金額よりも少なめに見積もらないといけない。
多めに見積もっちゃうと、レジで3000円ギリギリ足りなくて
くじが引けなかった!くそー!ってなる。

これも考えて考えてこんがらがって間違えた。。。


なのでイメージできるようにお買い物ごっこをし、
実際にゲームをクリアしたらおやつやゲーム券などを用意して
真剣に何度かやって、やっとなんとなく?わかった?感じ…。


おそらく多くのお子さんにはこの問題は簡単で
分数などは難しい…となるように思うが、
ももの場合はいつも予想外なところで大きくつまづくのだ。

私の脳は、もものとは種類が違う故、
時々、どうしたらいいものか?想像力が及ばないし、困る事が多い。
私が思いつくところは、せいぜい言葉を視覚化するくらいの
アイデアしか思いつかないもんなぁ~。
同じ脳タイプの家庭教師とかいたら頼みたい…。



|

« ディスレクシア と ADHD | トップページ | バレンタイン »

コメント

こういう問題って、要素が多すぎるんですよねcoldsweats02
見積もるって言葉自体、子どもは普段使わないし、
はさみとかモノの名前が出てきちゃったら、違うこと連想しちゃったりして。。。
問題に集中できないですよね~crying

うちも視覚優位、何でも図にするダンナちゃんが、
聴覚優位、書けない描けない息子の勉強をこのごろみていて、かなりショックを受けています。
自分が何の苦労もなくやってきたことが全然できないって、どういうこと?って。
親子なのに脳のタイプが全然違うって、難しいです。

投稿: みどりん | 2011年2月11日 (金) 01時10分

みどりんさん、こんにちはhappy01

この見積もりの単元、
前の単元の四捨五入に引きずられてしまうし、
この場合、言葉に表現されていない実際の値段を
想像しなければないですから、
「見えないものは存在しない」文化のももには
言葉の複雑さと兼ねあって難しいのだと思います。

K先生に「親が勉強を教えるな。親子関係が崩れる」
と忠告されましたが、もものような脳タイプの子供を
教えてくれる塾もありませんからね~。(ため息)
みどりんさんちは、旦那様が頑張ってくれるのですね!
うらやましいです。
我が家は、パパがももと全く同じところで躓いて
「これは問題文がおかしい!やらなくていい!」と
なるので任せられません。。。

パパは全面的に受け入れてよしよしする担当で
私は、トラのお母さん担当ですわ(笑)

投稿: momoはは | 2011年2月11日 (金) 12時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ディスレクシア と ADHD | トップページ | バレンタイン »