« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月25日 (金)

ディスレクシアの克服~過剰学習2

なんというか算数が苦手というよりも国語(話す、聞く、書く、読む)が苦手というのは
社会生活に支障が大きいように思えてしまう母です。

余程、他の能力(例えば理数系)が秀でていて、特化した能力さえあればいい
企業に勤めていれば大きな問題にならないように思いますが(儀兄がそうです)
居場所によってはこの部分が出来ないと死活問題になりそうに思えます。

今の教育は、書物から知識を得てそれを覚えるという学習法がほとんどです。
学年があがれば、視覚情報は少なくなり文字の情報が増えます。
それでも先生の話が聞ければ問題ないのですが、先生の話もただの音楽に
聞こえてしまうももには、大きな壁に思えてしまうのです。

ディスレクシアの克服は、他の視覚・聴覚障害などと同じように
9歳の壁の概念があり、早い段階での集中的な療育が効果的で、成人以降は
特化したものを専門化が効率よく教えても限界があると書かれていました。

個人差はあるとは思いますが、成人する前の出来るだけ早い段階での
集中介入が必要であるということらしいです。
それほど、ない回路を意図的につくるというのは困難があるという事なのかも
しれません。

また、医師を目指すディスレクシアの青年が大学で専門用語をどうしても
覚えられなくてドロップアウトしてしまった話などを読むとさらに不安になったり…。

大きくなった時に、「あの時にやらなかったから、夢をあきらめなきゃいけない」
とか言われたら…とか思ってしまうのですよ。。。

自分の事なら決断も判断も容易なんですけれども、別人格の子供の事を
予測したり判断したりは難しくて、またそういった事を相談にのってくれて
具体的な指針を示してくれる支援者も側にいない為に
つい自分でなんとかしなきゃと思いすぎてるのかもしれないなぁと思います。

またスペクトラムな障害な為に、一概にディスレクシアと言ってもさまざまなようです。

同じ障害(ディスレクシア、自閉症(アスペルガー)の成人当事者さんに
「大丈夫よ」と励ましていただいて、もも も自然によくなる時が来るのかな?
と思っていた時期もありましたが、
その方は、とてもIQも高く知識量もある方で、ある時、結構難しいクイズラリーで
他の参加者が半分も読んでいないうちに、一瞬で即答されているのを見て
(たぶん、知識量が半端じゃない為に最初の数文字で後の問いを予測して瞬間的に
答えていたと想像)ももと並列には考えられないなぁと思いました。

なので、同じディスレクシアでも、得意を生かしてが適切な方もいれば
もものように得意も伸ばすけど、苦手も頑張るしかないなぁな子もいるように
私は思います。

ただ、盲目的に頑張るのは過去に懲りているので、出来るだけももの認知に
あった方法でとは常に考えています。

ももとは何度も話し合いをしています。
辛くてやめたいなら、自分の認知にあった学びの選択も出来るのよ…と。
でも、ももはそれを選びませんでした。
昨今、発達障害児に特化した学校も出来てきているようです。
ただ、同じ特性の他人に配慮できにくい者が集まってより大変になっちゃった例や
さまざまな話も同時に聞くものですから
もものように人と関わりあいたい欲求の強い子には向いていないのかなぁと…。
総合的に考えて理想的な場所はなかなか難しいように思えています。

目の前の公教育は、古い体質のままなので、つい焦りも産まれてしまいますが、
少し視点をずらせば、物凄い勢いで、もものような子供の学びに役立つものが
出てきています。
そういったお助けグッズに助けてもらいつつ、同時に地道にも訓練しつつ
先の事は全くわかりませんが、前だけを向いてこつこつ歩いていくしかないなぁと
思います。

つい、ネガティブな事に強く反応してしまう母ですが、
過去の動画にあるように、ディステクシア故の才能もあるのだと思います。


主治医は先日、親しい女性の建築家の話をしてくださいました。
ももと似た特性をお持ちの方なのでしょう。
ただ、我が家のパパも建築の設計をやっていて、今の建築業界の
斜陽具合も見ているので、余程の巨匠にならないと
特性を生かして生きていくのも難しい世の中になっている…などと
つい考えてしまう駄目な母なのでありました。

そういう事を言いつつも、結局はどんな事でも、シンプルに自分の
得意とか好きとかにまっすぐ向き合って独自に突き進んでいる人は
実は一番強いのかもしれないと思っています。

| | コメント (2)

2011年2月24日 (木)

過剰学習

自閉症児の療育で週40時間を費やして集中介入を施す早期療育(ロバース法)が
ありますが、ももを育てているとこのロバース法が頭に浮かぶ事が多いです。

ももを育てていると、ひとつの概念なり何かを獲得する、自分のものにするのに
大変な時間と労力がかかることが多岐に渡りあるように感じます。
それも普通ならば自然に出来てわかって当たり前に思える事が、出来ない
わからない…なので余計に(心理的に)大変感が増してしまいます。

普通はエスカレーターに乗っているように自然にスムーズに上っていけるのに
ももは、落差の大きな階段を時間をかけて何度もチャレンジして一段一段
のぼっていく感じがします。

おそらく点と点の情報を統合するのに集中的に時間を費やさないと
繋がらないのでしょう。
ただ、これを何度も繰り返すうちに、接続が早くはなっていくかもしれません。
というか多少はよくなっているとは思います。
ただ、エスカレーターに乗っている人との距離はどんどん離れていっている。

ももの一番の問題は、大局が見えなくて部分に注目してしまう事であり、
その事によって客観性を得られない事なのですが、
LDの部分にこの部分に注目してしまう特性と、ADHDの集中が続かなくて思考が
走ってしまう特性がドッキングされると、非常に厳しいものを感じます。。。

なんというか自分で読んで覚えるが出来ないんですよね~。
特に興味のない、面白くない、初めての難しい言葉の羅列なものは
ただ読む(音として右から左へ…)見る(単なる形として右から左へ…)に
なってしまいます。

高学年になると、中学の学習に近いものになってきますので
言葉に弱さのあるももの学習の二人三脚は日増しに混迷を深めるでしょう。
と、いうかすでにその入り口に立っているような…。

先日、地域の地理についてのテスト勉強をしていたのですが、
地域の地理は、視覚優位なももに便利なCDや動画、漫画もないですし、
問題集もありませんから、私がなるべくビジュアル化して単純化した
テキストを作ってまず教えます。
自分で読ませると、スルーしちゃうので、横についてポイントを強調しつつ
浸み込ませるように読み、見ていきます。
次に手作りの簡易テストをしますが、初めて見る難しい感じの羅列な単語
を一度では書けないですから、書けなかった部分を再度浸み込ませるように
覚えなおします。
普通は、ここでお仕舞いなのですが、なにせ言葉が弱い人ですので
用語をひとつひとつ噛み砕いて説明します。漢字もどうしてこの漢字が
集まってこの単語になっているのか?意味を説明します。
そして、ここから用語を覚える為の漢字練習です。
苦手な部分の学習は、ロバース法なみに過剰学習でしか入らないなぁと
感じるのです。
もちろん、思いつく範囲で認知にあった楽しい方法も試みてはいますが、
それも今のうちで、学習量が今後増えていけば、どうしても時間との戦いに
なっていきますし、難しいだろうなぁと想像します。

全ての教科に言葉が関係してくる。読めない事で自主学習が困難。
(スローペースで読み飛ばしながら読むは出来ますが、ただ行為として
読んでいるだけ)
ここがネックだなぁと非常に思います。
テレビの情報などは、難しい概念も言葉もよく入っていますから
入力の方法が普通と徹底的に違うのかもしれないとも思います。

挙句に自閉症から来ると思われる興味の薄さから、家の窓から見える
頻繁に利用している鉄道の名前がわかってなかったりしますから…
そういうのは頭でわかっていても教える側のショックが大きいです。。。
なんで玉にしか乗らない遠くの私鉄を覚えていて、日常的に利用して目にする
ポケモンポイントラリーもやった鉄道がわかんないの!?って思わずには
いられない…。
まあ、「早いうちにわかってラッキー」なんですが…。

反面、○○県の人口は○人で、全国平均値の○.○倍の増え方をして
といった数字の部分は一度で完璧に覚えられているから不思議です。。。

この時間が勝負な過剰学習が必要なももが、素直に勉強してくれれば
まだやりようがあるのですが、これが一筋縄ではいかない(苦笑)
子供らしいといえば、子供らしくて当たり前なんでしょうが…。

ももがどうしてもやりたくなければ、別の選択肢を選ぶ事も出来ます。
しかし、皆と一緒がいい、普通の学校で普通に学習がしたい
でも、ももは学び方やペースが生まれつき皆と違うのだから、
それを可能にするのは、多少の犠牲も致し方ないわけで…。
そんな理屈が半分は呑み込めても、やっぱり完全に呑み込めないし
動物的な人ですから欲求に押し負かされちゃうのか、
「やるの?やらないの?」のバトルになる事が増えてきました。
※間違いを普通に指摘しただけなんですけど、「ママだって間違えるでしょ!
人間は間違えちゃいけないの?」とか突っかかる。
ママは、否定なんてしていなくて、間違った所を認識して覚えなおそうねって
言っているだけなんだけど…な次元の言い争い。
時間がない時に、どうでもいい事で言い争いになるのを私は避けたいの
ですけれどもねぇ。
その言葉の食い違いを解消する為に
間に絵と図を使って説明しあうのに何時間も費やして
普通にやっていれば終われる時間に終われずに…って展開に
疲れ果ててしまいます。

親心として、私は「苦手は一切やらなくていい」とは思えないんですよね。
特に「言葉」は生きていく上でとても大切なツールですから、
ギリギリな部分まではなんとか…と思ってしまいます。
また、将来に関しても「ももが決めればいい」と思っていますが
成長した時に選択肢が狭まるような道を親としては選べないなぁと
思ってしまいます。

まずは「生き残る」事、余裕があれば「自分の得意を生かす」事が
出来ればいいと思っています。

とにかく自分で自覚してやろうと思わないとお互いに辛いだけになっちゃいますし
意味がないですからね、なんとか根本を理解して欲しいと思うのですが…。
まだ自己責任って言えない程、自分も他人も社会も何も見えていないのに
自覚だの…って言っても無理があるのは承知していますが…。

パパのように一切勉強しなくても、授業を聞いているだけでその場面が
映像記憶として残って…ならいいんですけどね、授業中の先生の言葉が
音楽に聞こえてしまうももには、どういう方法があるのだろうか?と
考えない日はありません。

完璧は望みませんし、やっても無駄かもしれませんが、とりあえず
まだあきらめずにチャレンジと思っているのです。

| | コメント (4)

2011年2月18日 (金)

バレンタイン

先週末は、お通夜とお葬式があり、その合間にももの遊びの教室ありで
何往復も高速を行き来し…の超ハードスケジュールでした。
しかもお葬式の帰りに高速で大事故があって、数時間動かず、
かなり遠出したくらいの時間をかけて、深夜に家に辿りつくというオマケ付。

その合間に洗濯や掃除、葬儀用の服の用意、そしてももの友チョコと
ももがお世話になっている先生方への感謝ケーキ&チョコ作り。
本当は、この本を見つつ、ももと一緒に手作りするはずだったんだけど、
急遽、やっつけで母が作ってしまう事になりました。
※ももはラッピング担当。


http://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E3%81%84%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%87%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%84%E2%80%95%E3%82%AF%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88-Doze-Life-Food/dp/4262129543


「これチョコが安いやつなんじゃないの?味がイマイチ」とかダメだし
をあれこれしまくって、「仕方ない…」と持っていったもも。
来年は、自分で作ってもらおうと思います。。。

無事、お友達と友チョコを交換し、うれしそうにたくさんのチョコとカードを
持って帰ってきました。

今年はクラスメイトに恵まれて、楽しく生活できているもも。
来年もこのままの調子でお願いしたいものです。。。


※それにしてもマカロンも、シュガークラフトも乙なお菓子は
甘すぎて絶対自分では食べたくないんですけどね。
作っている時は、粘土工作しているみたいで楽しいんですよね~。

| | コメント (2)

2011年2月10日 (木)

多く見積もる 少なく見積もる

この単元に混乱したもも。
何度も何度もお買い物ごっこをして、やーっと少しクリアしたけど
言葉からイメージがすんなりといかない様子だった。

問題1 花子は下の品物を買おうとしています。
     いくらあればたりるか見積もりましょう。


はさみ548円 筆235円 絵の具1290円
※100以下切り上げ切捨て

答え 600+300+1300=2200
2200円あれば足りる 

まずは、多く見積もるか少なく見積もるかを決める。
この場合、実際の金額よりも多く見積もらないと
レジで払う時にお金が足りな~いとなる。

ももの場合、がい数→548円だから500円、235円だから200円と
目先に反応してしまい、大局を見失う。
全体を見るように示唆しても、なかなかすんなりとは見えない。

問題2 太郎は下の品物を買おうとしています。
     3000円をこえるとくじが引けます。
     3000円超えるかどうか見積もりましょう。


マンガ650円 ゲーム1753円 ミニカー745円
※100以下切り上げ切捨て

答え 600+1700+700=3000
    3000円を超えるからくじが引ける


この場合は、3000円を超えるように買い物しないといけないから
実際の金額よりも少なめに見積もらないといけない。
多めに見積もっちゃうと、レジで3000円ギリギリ足りなくて
くじが引けなかった!くそー!ってなる。

これも考えて考えてこんがらがって間違えた。。。


なのでイメージできるようにお買い物ごっこをし、
実際にゲームをクリアしたらおやつやゲーム券などを用意して
真剣に何度かやって、やっとなんとなく?わかった?感じ…。


おそらく多くのお子さんにはこの問題は簡単で
分数などは難しい…となるように思うが、
ももの場合はいつも予想外なところで大きくつまづくのだ。

私の脳は、もものとは種類が違う故、
時々、どうしたらいいものか?想像力が及ばないし、困る事が多い。
私が思いつくところは、せいぜい言葉を視覚化するくらいの
アイデアしか思いつかないもんなぁ~。
同じ脳タイプの家庭教師とかいたら頼みたい…。



| | コメント (2)

2011年2月 8日 (火)

ディスレクシア と ADHD

一番の課題は「自分を知る」であり、社会性の困難を緩和すること
SSTだと思うが、目の前にある課題はこの学習障害の「読めない」
部分と、注意する事を忘れてしまう「不注意」の部分。

分数は、一気に先の学年分までやれてしまったのに、
簡単なグラフと表(ただ表やグラフにまとめるだけ)が出来ない。
楽譜が読めないももは、どうしても読み飛ばしをしてしまうのだ。
楽譜もミからたどって数えていくも、一音ずれてたどってしまい
間違えるように、グラフや表も読み間違える。
また、多く見積もる、少なく見積もるなどの国語的な単元では
全体を言葉から読み取れない為に混乱し…。

国語に至っては、低空飛行な点数しかとれなくなってきている。
それに不注意からくる失点が加わると、
中学受験どころか、通常の授業についてゆくのも更に大変に
なってゆきそうで…。

そんな不安を受診日に主治医に相談してみた。
が、「得意を伸ばしましょう!ももちゃんなら大丈夫!」で終了。。。

確かに突き詰めると、「得意を伸ばす」しかないと思うものの、
その前に潰れてしまう事をなんとか阻止したいと思うが故の
相談なのであるが…。

そもそも自腹購入して学校に寄与する形で、会議で使う事を決めた
タイムタイマーさえも教室の黒板の上に飾ってあるだけで使われていない状態。

拡大図書のデイジーの整備はされているけど、まだ一度も使われていない
事などが市の広報の市議会の議事録に書いてある状態。

学校が、先生が、自分のやり方を変えたくない、取り入れたくないが
現実で、学年があがる度に配慮も薄くなっていくであろう現状を考えて
こちら側で出来る事をしなければ、もも自身が辛くなるように思えて
ならないから。

大学入試での特別措置なども出来てきたが、まだまだなのが現実。
こくごのテストは、いつも読みのスピードが遅くて最後までやれない事もあるらしいし、
焦りでもって余計に読めない、集中できないが酷くなると本人も訴える。

そんな中、得意を伸ばすところに辿りつく前に、スポイルされてしまうのは
嫌だ!と思って、本人もやりすごせるくらいにはなんとかしたいと思っている
のに、結局は専門家には繋いでもらえない。
結局自力で、専門書を読んで試行錯誤するしかないのかなぁ。。。

そこを少し突っ込んで、食い下がって聞いてみるも
「もも母さんはすでに有名だから(一年生の時の特別支援の主任を巻き込んでの
校長とのあれこれ…)、今更先生の立場とか言ってないで、もっとはっきり
支援をするように噛み付きなさい」と言われ…。

なんというかあれは「聴覚過敏なんていうものがあるのなら養護学校へ行け」
などと言われ続けた故の抗議であり、
余程の事が重ならない限り、腹を括っての抗議など出来るか~!
と心の中で叫びつつ、帰ってきました。

そもそも先生もひとりの人間。
法律だから仕事だから「こうしろ!」でちゃんとした支援が行われるはずが
ないと思うし、先生自身が、納得して「こうしよう!」と思っていただけない限り
支援が害になる事のほうが大きいからねぇ。

その先生の受け入れられる線がどこか探りつつ、
やんわりと押したり引いたりするしかないのだよ。。。

まあ、自前の努力は読み上げソフトやipodなどに頼りつつ
地味な努力もしつつしかないのかなぁ。
学年があがれば確実に自分で「読んで」学習する事も増える。
その時に計滅的に遅れが顕著にならないか?不安である。

| | コメント (6)

LD(読み書き障害)

3年生までは、文章構成も簡単で、普段使う言葉中心な為に
なんとか文章中に線を引いて書き出す等しのいでこれた国語力も
4年生になり、聞きなれない言葉や概念がたくさん出てきて、
なおかつ文章構成も複雑になっていく中、ももの限界がついに露呈してきました。

脱ゆとり教育への変更に伴い、全教科において、言葉で説明する
箇所が増えたお陰で、答えはわかっている、概念は理解出来ている
のに、必要なキーワードをきちんと抑えながら無駄のない答えを書く
が出来なくて点数に結びつかない事が増えていきました。

また遠まわしな表現でもって質問するパターンのテストだと
意図を汲み取れずに間違う事も増えました。

それに不注意が加わると、マイナスだけで、どんだけぇ~!なくらい引かれて
しまいます。
算数でも「ひし形の対角線は垂直に交わる」を何度やっても直角に交わる
になってしまったり、おおよその数がい数四捨五入した数の使い分けに
混乱して泣き叫んだり…。

それで、再度「ディスレクシアの全て」を読み直したりして、
どう克服していけるのか?考えていました。

読み返して気付いた事があります。

ももは、主治医に「LD(ディスレクシア)を合併している場合アスペルガーでも
高機能自閉症と診断されやすい」と言われた事があります。
言葉の遅れがあり(ただし、3歳までに発語はあった)今も言語に困難を抱えている
ももは、ずっと高機能自閉症だと思っていました。
が、この本を読むと、ディスレクシアがあると言葉が遅いと書かれている。
そうして今、読み返してみると、現在そして今後の大きな壁になっている部分は
この「読み」の部分なんだという事が嫌でもわかる。。。

ディスレクシアは、視機能の不具合も合併している場合もあるが
音韻」による障害であるという部分が重要で、
ももが小学校1年生の時に苦労した長音、拗音、促音の授業での
小さい「ゅ」が見えない…という事に全てが集約されているらしい。
(構音に問題がある)

「さー」は「さああああ」という風に「さ」と「ああああ」という音素に分解される。
この「あああああ」が認識できないと、単語を認識できない故に言葉の習得
全般に遅れが出るという事だ。

そして別の回路(映像)でもって覚えようとする為に、あの効率の悪い丸暗記
になってしまうと。。。。
漢字もなるべく意味で覚えるように最初の段階で刷り込みをしたものの
気がつくと画像で○覚えしてしまう事も多く、同時にいろんな読み方で出てくると
混乱してわからなくなる…とか言ってるしねぇ…。

ももは一学期頃からローマ字を習っているが、あいかわらず拗音は
見えていないらしく注意して脳内変換にづく変換を行わないと書けない。

問題は、拗音、促音が理解出来ないくらいで済めばいいのだが
話し言葉はもちろん、今後読むことによる学習や、用語の暗記等
全般において深く影響してくる問題だというところがネックである。

ディスレクシアの人は、「あれをそうしたら、こうなって…」のような
単語が出てこない会話になったり、奇妙な擬音の表現になったりするらしいが
頭の中では、ちゃんと概念理解出来ているがそれを言語に即座に結びつける
そもそもの能力に問題がある故にそうなるらしい。

より込み入った会話が必要になってくる思春期以降の事を考えてしまう。。。

そんなわけで、また音読(フィードバック反復)も復活させようと考えているし
一学期毎日やっていて二学期に頓挫した語彙を増やす為の日々も取り組みも
復活させたいが、なにせ本人のやる気次第で…
低学年の時のように本人がのってくる楽しいものを用意して…強化子も
用意してじゃなく、本人が自覚してやるようにしていかないと
ざるに水になってしまう。。。。

最後にディスレクシア児は字がきたない場合が多いらしいですが、
もも も基本、丁寧な字は意識しないと書きません。
昔は、あまりのきたなさに採点してもらえなかった事もありました。。。
が、ストラテラ服用後、激変しました。
ストラテラはADHDのお薬ですが、読み書き障害などLDにも効果があるようで
かなり助けられてなんとかやれている部分があります。
ただ、すっきりと困難がなくなるという事はありませんし、個人差もあるとは
思いますが…。

| | コメント (2)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »