« momo 10歳! | トップページ | 言葉通り »

2011年1月21日 (金)

障害告知

数ヶ月前の「ももちゃんは、馬鹿だから通級行ってるの?」
「障害なんでしょ?」というクラスメイトの発言以降
「私は、絶対に障害じゃない!」と拒絶感を強めていたもも。

それは、うっすらと自分が障害であると気付いているからの
拒絶ともとれ…、全体をミスリードせずに受け取る能力にまだ欠ける
という私の考えもあり、告知はまだまだ先と考えていた。

しかし、ももが拒否感を強めると同時に
「自分は普通。出来ている」感を勘違いでもって強め
それによる弊害が強まっていく事をこのところ懸念していた。

また、この先、中学受験も含め、いくつもの選択を迫られる岐路に
立ちつつあり、どうしても本人に自覚を持たせる為にも
まずは自分を知る事が必要に思えてきた。

また、他の当事者の方の「障害を知る権利がある」
「早ければ早いほうがいい」という声をいくつも目し、
苦手と得意で伝えるやり方では到底伝わらないのだと
いう事も知り、告知を秋くらいから考えはじめて迷っていた。

10歳になる前日、些細な事で言い合いになった。
客観視が出来ていない、否、自分を知る事を拒否しているかの
ような態度に「嗚呼、潮時かも…」と思い。
今までの遠まわしなアプローチではなく、はっきりと
そう告げた。

当然、「障害じゃないもーん。嫌だ。」の大泣き。
当分、現実を受け入れられない様子。

いくつもの障害が重複していて、個性として
やり過ごすには度合いもきついもも。

自分の居場所、自分の生きていく道を作っていくには
まずは自分の事を知らなければ、
今後は、ママがしてくれる工夫だけではしのいでいけないはずで、
自分はこういう苦手や特徴がある。
だから、どうしようともも自身で決断してもらわない事には
前に進めない。

人にはそれぞれ運命というものがある。
皆、わざわざ自分の運命を表にさらさないだけで
後々、偶然聞いてびっくり!な事はたくさんある。

人は、つい「自分だけが不幸」な感覚に陥ってしまうが、
実はそうではない事。
変えられない運命もあれば、変えていける運命もあり
半分は運、半分は自分次第なんだって事をももには
認識してもらいたい。

その最中は否定的になっても構わない。
でも、それを乗り越えない限り、成長は出来ないのよ。
ママが頑張っても、何にもならない。

それから、障害名があるお陰で今まで守ってもらえてきた事や
障害名があってもひとりとして同じ人間はいない事。
障害名に依存してはならない事などを話した。

一年くらいかけて、毎日、伝えていこうと思う。

|

« momo 10歳! | トップページ | 言葉通り »

コメント

難しいよね。

客観的に自分をとらえることができない相手に、客観的な視点で物事を理解してもらう。
至難だなぁ・・・って思いながら、それでも取り組んでいかなきゃいけないことで・・・。

今がその時なのか。
この伝え方でいいのか。
本当に、私の伝えたいことは彼女に伝わっているのだろうか。
言葉が苦手な彼女に、言葉で伝えることにそもそも限界はないのか。

そんなことを考えながら、相変わらずバトルを繰り広げている我が家です。


投稿: sei | 2011年1月21日 (金) 16時54分

seiさん、コメントありがとうございます
本当に難しいですね~。
絶えず間違っているかもしれないという不安は
常にありますし、
今回の件については、誤解する部分のほうが多いかも…
と思いながら決断しましたが、誤解を日々解くべく
話をしたり本を読んだりしていますが、どうなるか?
想像がつかない状態です。

投稿: momoはは | 2011年1月24日 (月) 12時17分

この記事へのコメントは終了しました。

« momo 10歳! | トップページ | 言葉通り »