« 元旦の新聞記事 3 | トップページ | 直列な女 »

2011年1月14日 (金)

momo語

指が「サカサカして痛い」→指のささくれが痛い
髪の毛が「スラスラする」→リンスをした後に指通りがよくなる
波が「どっはーんってなって、ぼっはーんとなった」→大きな波が来て溺れそうになった

などなど 独自の擬音や擬態語を幼少時から使っているもも。

上記を語る時は、主語はなく…
擬音・擬態語のみの表現である。。。

時々幼稚園児にまで「意味わからんわ…」と突っ込まれたりもする。


また4歳ぐらいの時に、「カーテンってどうしてカーテンって言うの?
どうしてもカーテンって思えない…」と唐突に語った事がある。

おそらく ももがイメージする その音とイメージがマッチしなくて
気持ちが悪い…という意味なんだと思う。

思えば、文字も独自の象形文字?を作って
既存の文字を受け入れなかったもんね…最初は…。

たぶん、外側じゃなく、自分の中に言葉があるのかなぁ。

|

« 元旦の新聞記事 3 | トップページ | 直列な女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 元旦の新聞記事 3 | トップページ | 直列な女 »