« 自閉的原理主義 | トップページ | お友達 »

2010年12月 9日 (木)

個人懇談

ももの学校の個人懇談でした。
漢字がいつも一問、鏡文字やら、一本棒がたりないやらで
間違えてしまう事、
音読の時にどこを読んでいるかわからなくなり
隣の子に教えてもらってしのいでいる事、
答えはわかっているのに、設問の問い方をいつもと変えた
だけで「意味がわからない」となってしまって、
ほどんどの子が悩まず答えられるところで躓き、
難しい部分では答えられていて…不思議なところなど
先生なりによく見てわかっているなぁと思う話が出た。

ただ、そこはマックスに頑張っての現状故、
長い目で…と伝えて、終わり。

本題は人間関係の部分。
ただ、どうもこの先生、そこはあまり関心がないというか
気力がなさそうに思えて…。
去年の担任のように子供達とがっつり向き合って…は
期待出来ない雰囲気だった。
もものお友達も「先生に真剣に話しても聞いてくれない」と
言っていたが、そんな印象を持ってしまった。
確かに親には笑顔で「そうですよね~」「わかりました~」と
そんなそぶりも見せないけど、どうも言葉のはしばしや
ニュアンスがそう思わせるものがあるわけで…。

渡した本も返していただいたものの感想もないわ、
読んでいないのが今回の会話から透けて見えちゃって、
興味がないんだなぁ…と諦めモードで帰ってきました。
あまり負担にならない本なのですが…。

結構、時間がおしていて、待ち時間フラフラしていたら、
去年の担任が通りかかり、ももの成長の様子をいろいろ
詳しく教えてくださいました。
去年の担任いわく、もも達の学年は大変でいっぱい手も愛情も
かけてかかわってきたから、ひと際かわいい学年らしく
つい、目でみんなの成長を追ってしまうのだと
うれしい話をしてくださいました。

低学年時代のももを知る先生方は、「本当に成長したね~」と
目を細めて話しかけてくださいます。
ある意味、その当時は本当に大変でしたが、早くに問題行動が
出た事で手厚くみてもらえてラッキーだったのかもしれません。

時間がかなりずれて遅くなり、急いで帰ると
ももが家にいない…。
携帯に電話するも、家に置いたまま…。
捜しに行くと、なんと!学校の校長室でお菓子をいただいて
ビデオを観てくつろいでいました。。。

なんというか、まだまだ口頭だけでは話が伝わりませんね。

なんとか、このまま平和にあと2年とちょっと行けるといいなぁ。

|

« 自閉的原理主義 | トップページ | お友達 »

コメント

ももさんは。。中国語話せる日本人なんですか?
ずっと前の中国教育関係のある記事を見ました、よかったらお友達になってもいいですか?

MIXIでも構わないんで、IDは 健のTakeshi です。

では。

投稿: Takeshi | 2010年12月10日 (金) 11時28分

ももちゃん、校長室でお菓子とは、VIP待遇!!
学校でかわいがってもらえてるのは、ママのおかげ♪
ママに感謝してね~(笑)

投稿: みどりん | 2010年12月12日 (日) 17時57分

Takeshiさん、はじめまして(*^-^)

ももは9歳の日本人の女の子です。
中国語はしゃべれません。
日本語に苦手もあります。

投稿: momoはは | 2010年12月13日 (月) 13時23分

みどりんさん、こんにちは(o^-^o)

一時期は追い出されそうになりましたが、
いろんな方の助けによって完全ではありませんが
相互理解も進み、こんなに風に受け入れてもらえて
本当にありがたいなぁと感じています。

投稿: momoはは | 2010年12月13日 (月) 13時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自閉的原理主義 | トップページ | お友達 »