« 利き眼と利き手の一致・不一致!? | トップページ | クリスマスパーティー »

2010年12月24日 (金)

不安(恐怖) と 怒り のコントロール 3

不安(恐怖) と 怒り のコントロールは、ももだけでなく
パパや私にも必要なものだと思う。

昨日パパは心療内科で予約していたのに30分以上待たされて
まだ呼ばれないのでぶち切れて帰ってきたようで、
物を投げつけて「あんなところ二度と行かない!」になっていた…。

なんというか、どんな病院でも予約通りにいかない事はよくある。
ももの通院でも長い時は急いで間に合うようにタクシーで行っても
1時間半とか待つこともある。

まあ、このタイミングで正論を言うと、火に油だろうなぁ…と思い、
ほぐれた頃に上の正論を話しつつ、

「自分でも切れすぎ…だと思うでしょ?」と切り出してみた。
素直に「そうだなぁ、そんな事で切れてちゃ駄目だなぁ俺…」と反省。

仕事を抜け出して受診しているのであれば、その旨伝えて
交渉すればいい。

初診3週間待ちが普通のメンタルクリニックで、すぐに受け入れてくれる
ところを捜すのは容易ではなかったわけだし…
今回は予約=その時間に必ず診て貰えるはず…という思い込みに
よる勘違い爆発であり、
そこまで予想して次回診察予約表に注意が書いてあるところもあれば
暗黙の了解として書いていないところもあるわけで…
まあ、怒る前に一呼吸置いて考えられるようになれるといいなぁと思う。


そういう私だって、抑えて抑えて爆発しちゃうときはあるわけで…
でも、それをすると何倍も自分に返ってきちゃう事も痛いくらい承知
しているわけで…。

それぞれに抱える問題やレベルの差はあれども
ももだけでなく多くの人が抱える問題でもあるわけで
自分はこういうところがあるという事がわかるのはラッキーな事だと思う。

皆、他人の事はよくわかるけど、
自分の事はよくわかっているつもりでわかっていない事はよくあるもんね。

パパや私の大人げなさをズバリと指摘するのは、いつも もも。
そうなんだよね~。大人だからこうであるべき!と私自身子供の頃に
考えていたけど、実際自分が親の年齢、立場になってみると、
こんなに幼稚で情けなかったのかなぁ。。。なんて現実を知る。

ももを育てつつ、SSTしつつ、
逆に子供に育てられ、一緒にSSTを学んでいる自分たちがいるなぁと
そんな風に思う。

|

« 利き眼と利き手の一致・不一致!? | トップページ | クリスマスパーティー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。