« 「うざい、きもい、死ね」は、挨拶代わり? | トップページ | 医療の問題 »

2010年10月 7日 (木)

やっぱりお道具は大事

今日は、ももの習字の筆を買いに行った。
家にある練習用の筆は書きづらいとあまりにも言うので
試しに私も書いてみたら、あまりにも酷い書き味だったので
急いでちゃんとした筆を買いに行った。

去年その専門店で練習用に買った1000円と5000円台の筆は
ももが学校に持って行っている。
1000円の練習用の筆でもやはり専門店のそれは書き味が全然違う。
下手なももでも上手に書ける筆。

一式1000円のイオンの習字道具セットに入っていた筆と
同じくイオンで買った1000円くらいの筆。
墨の含み具合、穂先のまとまり具合、丁度いいかたさなど
こんなにも違うのか!?という程に違った。

やっぱりお道具はケチってはダメだと思い知る。

絵の筆も100均のは使い物にならない。
(学校で買った筆もよくなかった。。。)
筆の堅さ、絵の具の含み具合等々が、全然違う。
それで画材屋で揃え直したこともあった。

画用紙だって、100均の安い画用紙やハガキは、
水彩絵の具がのびないしボロボロになる。
色の発色もよくない。

道具は最初からある程度いいものを揃えないと
努力しても下手になるとさえ思った。

で、その帰りにクリスピードーナツを見たら、
並んでいなかったので買ってみた。
ももいわく、甘すぎて…半分も食べられない。でした。

|

« 「うざい、きもい、死ね」は、挨拶代わり? | トップページ | 医療の問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「うざい、きもい、死ね」は、挨拶代わり? | トップページ | 医療の問題 »