« ため息 | トップページ | 透明人間 »

2010年10月26日 (火)

雑感

先日ももが宿題のドリルをやっているのを見て
計算も速くなったよね~。」と言ったら、
でも、学校でやってる百マス計算、時間内になかなか出来ないし」とな。。。
というか百マス計算の話は初耳。

自分で、何が原因で遅いんだろう?と思う?」と聞いてみると
一瞬、どこまでやったんだろ?って必ずわからなくなって
止まっちゃう瞬間があって、それだと思う
。」と自己分析。

学校での事をママに話せるようになったのは成長だし
自己分析も出来ていて成長したなぁと思うものの
視線の移動が困難なももには、日々の百マス計算は
自己評価を下げるひとつになってるんだろうなぁと切なくなった。
(通常の暗算は普通レベルには速いはず、そろばんの暗算の級からしても)

今すぐに環境は変えられないけど、この先出来ればももにあった
学びの環境を用意してあげたいなぁとつくづく思ってしまった。
ももにあった学習の仕方はだいたい見当がつく。
でも、今はあわないやり方で無理してついて行くので精一杯。

今は今で得るものもあるし、ももにぴったりあったオーダーメイドの
環境じゃないから成長出来ないなどは逆にエゴで妄想でしかない
と思うが、あまりにもあわない環境で長く我慢してついてゆくだけが
果たしていいのか?と考え込んでしまう。

例え環境を選んでも大なり小なり辛さはあるだろうけど…。

百マス計算を無理してマスターさせようとは、今の段階ではもう思わない。
今後はそのあわせる為の時間をなるべく小さくして、本来の学びの時間を
捻出しないといけないと思うようになってきた。

丸暗記のついてゆく為の学習からは、ももは何も学べないと思う。

ももは今年いっぱいで通級をやめると言っているが
通級ではセンスの良い通級担任が手作りした算数パズルなどを
やっているらしく、私としてはやめて欲しくないなぁと思う。

と、同時についてゆく為の事前学習やくり返し計算ドリル等の負担を
なるべく小さくして、ここでまた基本中の基本な算数遊びや
言葉のゲームなど基本を再度やりたいなぁと思う。

もし、受験をするなら3年生から塾通いで
もう半年で5年生な今、基本???と思われるかもしれないが
基本をたくさんやって、もも自身に進路を決めて貰い
そこから追い込みで頑張って貰おうと考えています。

たぶん、今、塾に入っても問題集を解くだけこなすだけで
結局入っていかないなぁと思うので…。
基本さえ固まれば、入りも少しはマシになるだろうし。


また、学年があがるごとに読むに困難があり不注意もあるももは
そこからくる様々な困難という壁が厚くなっているようにも思う。

ちゃんと答えに○をふってある、答えを出しているのに
回答欄で写し間違えるミスとか、
今でこれだとこの先複雑になっていったらどうするんだろう?と
不安にもなる。(工夫していてもこうなる。。。)


移行措置などの影響もあって、遅れる授業、急に変更になる授業に
時々イライラが募って家で愚痴を爆発させているけれども
あの教室の騒音の中、いくつもの苦手が加われば、ひと昔前なら
確実にパニックを起こして教室を飛び出していた。
それが、この程度の愚痴で我慢出来ているのは、ある意味
薬のお陰かもしれない。

参観日にももと同じ障碍であろう女の子が先生の説明が理解出来ず
困っていた。声を出して助けを求めても、周囲は教えてくれず、
担任は気付かず…。(思わず、おせっかいおばさんに変身してしまった。)
中学に行けば人数も増えるし、今以上そういった我慢は増えるだろう。
人生に必要な我慢はたくさんあるが、しなくてもいい我慢もあると思う

追記:百マス計算を批判しているわけではない。計算は脳の血流を
促すらしいし、授業のウォーミングアップには向いているとも思う。
ただ、その形式がももには努力では簡単に克服出来ないものであり
日々「仕方ないから…我慢」をしているももに更なる負担の積み増しに
どんどんなっている状況に憤りを感じるだけであって
学校や先生に対して不満を言っているわけでもない。

|

« ため息 | トップページ | 透明人間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ため息 | トップページ | 透明人間 »