« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月29日 (水)

火の鳥

近所のツタヤで火の鳥を借りてももと観た。

ご存じ、手塚治虫の作品。

私が子供の頃、テレビで観て、少なからず影響を受けた作品で
日本の歴史の流れを知るにもよい作品。未完作。

今観ても、色あせる事がない普遍的かつ哲学的な作品だと
改めて思う。
子供の頃に観た映像が、成長すると共に実感を伴って
「そういう事だったのか」と立ち止まって考える事が幾度かあり
じわじわと、この物語の凄さを実感してきた。

宗教がどんな目的で使われてきたのか?という面でも
鋭く描いている。

そして、未来編へと続く。

太古の昔から繰り返される人間の欲望と戦争。
その最終局面が核戦争で、最後の生き残り達は
地下に都市をつくって再度やり直そうとするが
結局は残った者同士での戦争が起きてしまい
最後は地下都市も全滅し、
火の鳥に血を飲まされ、永遠の命を授かった者だけが
生き残る。

何億年もかけて再生していく地球。
もう一度宇宙からエネルギーを貰い、海から生物が誕生し
人類誕生を繰り返す。

壮大な物語。


去年末にしめ縄について調べてから歴史に興味を持ったらしいもも。
卑弥呼やクレオパトラの伝記を読んだり、
いろんな日本の神様や神社について調べたりしていた。

それもあって、借りて観たのだが、いまひとつだったようだ。
興味のある編とない編の差がとても大きく感じた。

混沌とした今の時代に
出来るだけ流されずに自己を保つ為にも
本物を見抜く目を持った手塚治虫のこの物語りから
学ぶ視点はたくさんあるように思う。

| | コメント (0)

2010年9月28日 (火)

ひと息

ようやく酷暑が過ぎ、急に涼しくなると共に
ももの混乱も落ち着きをみせ、食欲等も一気に戻ってきました。

本当に日常の指示が全く通らない
痴呆が進んだような状態に近い酷さだったので
お互い精神的に参っていました。

目の前で手渡ししたものを、手に持ちながら
「もらってない!どこ?」なんて言う感じ…。

食事も何を作っても食べてくれなくて
口当たりのよいムースやゼリーなんかを作ったり
パンも私の手作りは食べれないけど
酵母から手作りした長時間発酵のパン屋さんのだけは
食べれるというので、自転車で買いに行ったりしていました。

甘やかすから…と言われたりもして、
本当にそうかもなぁと思いつつも
食べないと身体がもたない心配のほうが大きくて…

しかし…
日曜日ももは、朝 パンケーキにチョコをどっさりかけて
2枚ぺろり。
なしと桃、ヨーグルトをたくさん。
野菜ジュースを少々。

昼はざるうどん。絞りたてのブルーベリージュース。
フルーツの盛り合わせ。
(この連休は体調崩してどこにも出掛けずだったので
フルーツパークへ行き、昼食♪)

夜は回転寿司で、10皿+茶碗蒸し+デザート2皿
食べてました。

あまりの極端な変貌ぶりにびっくり!

でも、脳にも栄養が行くのか、何も言わなくても
自分で気付いて用意したり、全く別人のようになりました。

おそらくオーバーフローしていたのだと思いますが
その差があまりにも極端すぎて、いつも狼狽えてしまいます。

余談ですが、夏休みに描いた絵が、今年も去年と同じ絵画展に
選ばれました。
夏休みの宿題で描いた環境ポスターも、学校が勝手に
応募してくださったようで、優秀賞をいただいたとの連絡を
もらいました。

ありがたい事です。

ただ表彰式の一週間前にお知らせ…という事は
担任はきっと忘れていたのだと思われ…。
(去年は9月初旬に同じ通知の紙と表彰式の出欠席の有無を
問う紙も一緒に貰いましたが、今年は、ないですから)
旅行の予約をしていたのですが、せっかくの金賞を頂いたので
キャンセルして出席するつもりです。

今日もこれから習う単元のプリントの宿題を持ち帰ってきましたが
肝心の移行措置用の教科書を先生が集めてもっているとやらで
全くプリントが出来ない状態になりました。
たまたま家にあった図鑑で調べさせましたが、ちょっと
抜け具合が度が過ぎているように思えてきちゃいました。

きっと担任もオーバーフローしていたと思われますが
まだ半年残っていますから、先が不安になってしまいます。
責める事はしたくないので、状況を見て、他の先生に
相談していざとなったら助けてもらおうかと思って様子見します。

| | コメント (0)

2010年9月24日 (金)

イチローも凄いけど、水木しげるは凄いなぁ…

水木しげるがテレビに出演しているのを偶然みた。
「人間 ぼーっとしてるのがいい。」
「ぼーっとしてないと、創作の考えは浮かばない。」

そんなような事を言っていた。

私の周囲には、水木しげるファンが多い。
水木しげるロードが出来た頃、先輩に誘われて行った事もある。

46歳でやってきた事が認められるが、
それまでは、ご存じの通り赤貧の生活と、
壮絶な戦争体験など、
ひとつ間違えば、お涙頂戴になってしまうような壮絶な人生なのだが
この方には、そのような悲惨さは感じられない。
成功も同じように淡々としていて、一貫しているような印象がある。

水木氏は、「時々、夢に出雲の神様が出てきてああしろ、こうしろと
言う通りにしてるだけ」と言っていた。

また、奥様の事を「産まれてきたから ただ生きているだけの人」とも
言っていて、実に深くていい言葉だなぁと思った。

水木氏は幼少の頃、言葉に遅れがあり、4歳の時に自分の名前が言えなくて
「げげる」と言っていたので「ゲゲゲ」となったらしい。

水木氏のお父さんがまた心の大きな人で
勉強の出来ないしげるに一度も勉強しろと言った事がなく
「好きな事をとことんやりなさい」と言ったそうだ。

それを聞いて、横でももが
「いいなぁー!」と叫んだので、大笑いしてしまった。

耳が痛い(笑)

小学生時代の絵は、どれも突出していて
やっぱり本物の天才は違うわ~と思う。

水木氏が今の時代に産まれても、同じように育ったか?
父上は同じように言ったのか?と意地悪く考えるも
きっと、時代がどう変わろうと、この親子は周囲に影響される事なく
神の声?に従って、淡々と自分の道を歩んだのだろうなぁと思った。

イチロー選手も水木しげるも、苦労や努力を、
苦労や努力と感じずに淡々と黙々とやり続けた結果が
たまたまそうだった…というような感じがある。

根拠のない確信(神の声)に導かれるように夢中で
ひとつの事に打ち込める力こそが、やっぱり天才の一番大きな
要素な気がしてならない。

でもって、なぜか水木しげる氏の顔を見ながら岡本太郎を
思い浮かべてしまった。

自分の中に強烈なオリジナルのパワーを持っている人は凄い。
とても魅了される。

余談だが、もものお仲間ちゃん達、見える子がほとんど…。
医師の話だと発達障害と幻覚は共通項があるらしいとか…。
一種の共感覚みたいなものなのかもしれない。

| | コメント (0)

2010年9月23日 (木)

小数 と 単位換算

※親子共に調子がいまいちな日々が続いています。
私は、パニック発作
ももは、運動会の練習と吹奏楽部(部活)の運動会お披露目の練習で
まだまだ蒸し暑い炎天下のもと、連日の練習で、軽い熱中症状が…。


もう終わりかかっている小数の単元の単位換算が
何度教えても、一日置きに手作りのプリントをやらせても
間違える…が続いており、
ひさびさに、ももが理解出来るところまで細分化&構造化して
どうやってしみ込ませようか?と頭を抱えています。

以下の画像のやり方で、その場は理解するのですが
脳の中心までちゃんと伝わっていない、理解が表面的な感じが
どうしても否めません。

1.2.の順番に解いていく。
1000単位で赤線を引き、1リットルが元になっている事を視覚化
20ミリリットルなら1000ミリリットルの下に単位を揃えて書き
位の箱を意識しながら、0.02などと書き込ませながら理解させる。


日常の中で、0.7㍑入れて!とか
0.05㌘お願いなんてやってみようかとは思っていますが
もっと、一発でガツンと「そうか!」と閃かせる何かがないのかなぁ?と
思案中です。

単位換算は、これから嫌という程出てくるはずですし、
どんどん複雑になっていくでしょうし、
複雑な概念がここからどんどこ入ってくるでしょうから
今の内に基本の概念をみっちり5感でもって理解させないと
やばいなぁと、そう感じています。

Tannikannsann

| | コメント (0)

2010年9月15日 (水)

先生へのお願い事

数日前、家に帰って来るなり半泣き状態でももが
「今日、宿題の範囲を間違えてやっていっちゃった。
でもって、その宿題の範囲がテストだったみたいで…」

一学期から、急な変更や途中での変更が多く
授業の流れの中でそれを告げられて、ももだけが
理解出来ていない…という事があった。

結果、やらなくてもいい事に時間を費やしたり、
逆な事もあり、右往左往してプチパニックになる事が多かった。

なので、その辺も含め、お願いしたのだが
どうしたものか…な結果になり、仕方ないので担任に電話し、
改めて「大事な事は口答ではなく黒板に…
連絡帳のチェックや口答での念押し確認…等」を
すいません~、ご迷惑お掛けします~と
再度、平に平にお願いをした。

すいませ~ん!てんぱってて、変更変更で辛い目に
あわせてごめんなさい!気をつけますね!
と言っていただいたものの、不安は残る。

普通ならば、こういう先生間のキャパの差などは子供に乗り越え
させる事で子供自身も成長するのだが、ももの場合、真逆になる
事もあるから。。。。

今年の担任は2,3年前に中学から来られた先生で
どちらかというと中学向け、高学年向けの先生で
小学校に慣れていない印象がある。
なにか事情があって小学校におりてこられたのか?
その辺もわからない。
ただ、数年前、あるアスペちゃんがいじめにあった時に
クラスのみんなに「○ちゃんのいけないところを教えてあげましょう」と
魔女裁判のような事をやった先生というのを聞いた記憶がある。
子供の事は、子供同士で解決と考えての事なのだろうが
あんまりな事だったので、印象に残っているのだ。
なので、私的には警戒もしている。

また、担任自身のキャパのなさを感じる一例として
黒板にわけのわからない連絡を書く事がよくある。

先日も不思議な日本語が書いてあったので
ももに確認したけど、たぶん、先生が焦って書いて
間違えたので意味不明と返事された。

運動会やら、会議やら、部活の顧問やら、かな~り
忙しくテンぱっている感じは伝わってきていた。

余裕がない先生ほど、低姿勢にお願いしても
お願いする事自体が負担になるように思えるから
呑み込める事は呑み込んで、ももに我慢させていた。

こんな感じで担任よる安定度合いが大きく違うと
果たしてももが言うように「5年生になったら通級やめる」事が
いいことなのかどうなのか?と考えてしまう。

大事な事は、口答でなく、黒板に書いて欲しい という
一見簡単でシンプルな事さえ、先生によって出来たり出来なかったりすると
今後のインクルーシブな特別支援は大混乱!にしか思えないけど…。

根本の問題が大きいように感じる。

| | コメント (0)

2010年9月12日 (日)

眠れない夜に想う事。

定型の子は、エスカレーターのようにスムーズに成長し
ももは、階段をひとつひとつ上るように成長するイメージがあります。
でもって、その一段がとてつもなく時間がかかる。
最初の段階であればあるほど、その一段は大変!なイメージです。
しかも、時に混乱して逆走するというか、のぼった階段を
一気に駆け下りる事もありますし、
その一段一段が、確実な一段ではなく、たまたまのぼっちゃった
一段である場合の大変さなどもあったりします。
そうかと思うと、一気にジャンプして上にいく場合もありますし…。

出来た!と喜んだ瞬間、逆に退行してる!?とどん底に落ちたり…。
それを延々と繰り返す育児にも思えます。

また、2次障碍になれば、何年もかけて積み上げてきたものが
一瞬で崩れてしまうわけで…。

どうやったら出来るようになるか?という定型向けの方法はわかりますが
汎化が難しいももの場合、常に工夫と根気が必要になります。

昔、仕事で一年かけて築きあげたプロジェクトが次々とおじゃんになった事が
あって、その時に後輩が「中世の拷問みたいだ」と言った事を思い出します。

ある企業内でのトップ争いで社内の構図が変わると、業者も一新…という
事はよくあります。また、馬鹿管理職の馬鹿のひと声で案が白紙になるという
理不尽な事もよくあります。
毎日それを形にする為にサービス残業も厭わず深夜まで働き
時には、徹夜もしたものが…一瞬で無になるわけです。
それが重なった時、その後輩の心も壊れてしまったようになったのです。

「中世の拷問で一番つらくて酷い拷問のひとつに
自分で掘った深い穴をまた自分で埋めるという拷問があって
これをやり続けると、大抵の人は心のバランスを失って気が狂って
自殺する」という話をされました。

で、自分の仕事はまさに、その拷問に匹敵すると言っていました。

まだ、仕事は給料も貰えますし、ずっと永遠にそのくり返しが続く事も
ありません。たまたま、重なっただけだし。。。

でも、もも達の育児は、永遠にそのくり返しで、結果が見えない
見えたとしても一瞬で無になったり平気でするものです。
特に、自分と子供が違う場合、予測を立てるのは難しく
先の見えない不安と常に戦いつつ、悟りの境地にでも達しない限り
精神状態を一定に保つ事も難しく思われます。

でもって、それは運命であって、子供せいではもちろんなく
また親のせいでもありません。

私もギリギリのところで耐えつつ、先も見えないけどやるしかないから
やっている時に、急所を刺激されるような言動をされると
反射的に酷い言葉をももに投げかけてしまう事もあります。

ももにとっては、私の勝手だから放っておいて欲しいところかも
しれませんが、
親という立場上、どうしてもそれが出来ないから苦しいのであって
全て否定するような事は言ってくれるな…と思うわけなんです。

ももには、人間は心にない言葉を感情的に言う事がいっぱいあると
説明していますが、トラウマになって恨まれても仕方ないと思っています。

ももが「ママなんかいなくなればいい!」と叫んだ瞬間に
「じゃあ、出て行くわ」と言ったら、「ごめんなさい。行かないで!」って
なるでしょ?
ママも同じなのよ。売られた相手の感情的な言葉に反応しちゃって
本意ではない心の表面にある言葉を言ってるだけ…と。

成人当事者さんの言葉に、私って思い切り間違った育児をしているかも…。
と激しく反省する事も日々あるのですが、
どう努力しても等身大の育児が自分には限界ですし、
ダメ母な部分は、ももに受け入れてもらうか、跳ね返ってくる部分も
覚悟しつつ出来る事をやっていくしか思いつきません。

感情のコントロールと、心のバランスの維持は、自分でなんとかするしか
ないので、お薬でもなんでも頼れるものは頼って出来るだけ
長距離を走れるようにしないとなぁと思うこの頃であります。

| | コメント (0)

2010年9月10日 (金)

お疲れちゃん

朝、ももの髪を結ぶのに「座って」と言うと、
ごろんとソファに寝そべった…。

「寝そべったら結べないじゃん」と言うと
「間違えた」と言って座ったが、
指示がまるで通らない、頭で考えている事とやる事言う事が
バラバラな状況がこのところずっと続いている。

お薬も目の前で手に渡したのに、
猫がにゃ~♪と鳴いたとたん、気をとられて
お薬を呑めない。

上と言っているのに、下を見ているとか、
あまりにもコミュニケーションが出来ないので
筆談や絵を描いて見せても、見るも出来ない状態。

だいたい薬ひとつとっても、薬のむ!と書いたミニポップと
目立つももが選んだ薬入れに入れてあり、構造化
しているつもりだ。。。
それでも見えない、聞こえない状態なのだ。

あまりにも酷いので主治医に相談もしたが
「暑いからね~。仕方ないね~。」だった。

確かに、夏休み中、炎天下の下、トランペットを持って行進の練習
そろばん特訓、どっさりな夏休みの宿題をこなすわけなので
もものキャパを超えていたのかもしれない。

どれも、もも自身がやりたいと決めた事なので
やめれないわけなのだが、どう考えても過密スケジュールすぎると
今更ながらに思い、ずる休みさせようと考え中。

主治医に暑さの調整が出来にくい事や
身体感覚の鈍さを改めて言われて、そうだった~と気付く私。

我が家で一番体温調節が出来ないのはパパだ。
体温が高すぎて、湯気が出てるもん。。。
でも、ももはパパのように酷くないので、忘れていた。

自分で決めた事は律儀にやり通すももなので
上手く納得する別の理由や予定をいれつつ、身体と頭を休ませなければね。

そういう私も、今年は春先からずっと心と身体の調子がよくなくて
最近眠れないし、イライラや強い不安が襲ってくる時があるので
近くの(徒歩圏内にあるのって助かる)メンタルクリニックに予約を
入れるものの、ほぼ3週間先。
暑さだけでも何とかならんもんか。。。

| | コメント (0)

2010年9月 9日 (木)

けんか腰は勘弁して下さい。

以前も日記に書いた記憶があるが、
ももの言い方話し方は、けんか腰になる場合が多い。
(※パパも喧嘩腰が初期設定かも…)
特に一生懸命とか、正しいとかが関係すると、そうなる。

昨日も、原因不明の蕁麻疹、いぼ、血豆?などで
皮膚科にかかった時、
医師に「お母さん、これいつからですか?」と聞かれ
「昨日からです」と私が答えたとたん…

ももが、「違う!違う!一年前からだよ!何違う事言ってんの!」と
激しく私を非難するように叫んだ。
血豆みたいな出来物は、一年前くらいから出来てたんだよ
という話らしい…。

そもそも私はももから蕁麻疹の事しか聞いていない。
イボやら血豆の事など、その場ではじめて知った事だし…。

診察室を後にした瞬間
「ママ、先に返るわ」と静かにブチ切れて…というよりも
一緒にいるのが不可能なくらいうんざりして距離を置かないと
頭がおかしくなっちゃうような気分になって
そう言うと、ハッと気付いたように「ごめんなさい」と謝るもも。

先日も55ミッフィ展を観た時に、同じような事があった。
パパから早く帰れメールがあり、時間のない中立ち寄った展覧会。
最後に塗り絵を渡されて、簡単な塗り絵なので時間もそうかからない
だろうと待つこと30分。
パパからの催促メールもあり、「そろそろ…」とももに言ったとたん。
癇癪を起こしてぐしゃぐしゃにしようとするのを見て
何も言わずにももを置いて先に出てしまったのだけれども…。

公衆の面前で、癇癪を起こされて親が子供に罵倒されるというのが
あまりにも続くと、だんだん冷静に諭すのが難しくなる。

ももには、怒って話すのは損だよ。と何度も何度も話している。
シルバニアの人形でシュミレーションごっこもした事がある。

本人は怒って話しているという実感がないのだった。
でも、客観的に見て、怒って相手を罵倒しているような話し方なのだ。

そういう話し方がいかに相手を刺激し、いらっとさせるかは
ももだってよくわかっているはず。
なのに、目の前の事に集中しすぎてそうなってしまう事も
わかるのだけれども…。
世の中をもも仕様に完璧に構造化するなんてことはあり得ない
わけで、予測が出来ない事がおきた場合に自分が
どうなるか自己認識を高めて気をつけるとか工夫するしかない。

ももの障碍は、確実に相手に負担を強いる場合が多い。
目が見えないとか歩けないという障碍と違って、相手の精神的な
キャパシティを必要とする場面がある。
でもって、場合によっては理解されず、逆にシャッターを閉められる
ような事になりかねない事も多いだろう。

だからって、自分を否定することもなく、上手に自分を表現する事を
覚えればもも自身が楽になるだろうと思う。

はっと気付いてすぐに「ごめんなさい」を先に言えて
そういうつもりじゃなかった事を冷静に話せた事はいい事だとも
話せたけどね、他人の場合は謝って元の鞘に戻れない場合も
あるから、ママは心配だ。

ひさしぶりの障碍児ちゃんの体育教室でお仲間のママさん達と
話していて、
「夏休みずっと一緒だから、下のアスペくんの言動に
上のおねえちゃんがだんだんスルー出来なくなって過剰反応しちゃう
ようになって、見ていてどちらも仕方ないし、かわいそうだしで
困り果て、疲れ果てた…」というような話をあちこちで聞いた。

たまに…じゃなく、延々と気に障る事を言ったりしたりが続くと
障碍があるから仕方ないと思えなくなるのは誰でも同じで
学校だったり、家だったり、長時間ずっと一緒にいて、距離を
あけれない場合、悲惨な状況になるのは目に見える。

暑さと、パニックの連鎖(他人の感情に巻き込まれてしまう)が
続くと、ヘトヘトになっちゃうわよね~!と話し合ったのでした。

| | コメント (0)

2010年9月 7日 (火)

疑問 & ストレス

小学校4年生で、ごっそり学校に教科書を置いていかせる…
というのは、普通なんだろうか?

一学期に書写の練習をしようと思って教科書をさがすもみつからず
ももに聞くと、先生があずかっていると…。
他にも明日、社会のテストと言われ、簡単に復讐させようと
教科書をさがすも見あたらず、、、
教科書なくした!???と焦れば
先生が集めてあずかっていると…。
(テストの告知、意味ないやん…)

学期末の懇談会で、持ち物の用意をももに任せようと思うと話せば
「忘れ物は許せないので、一緒に確認を…」と遠回しに言われたので
持ち物チェックをしていたら、
ほとんどの教科の教科書、ノートがなくて…

夏休みの課題も、あんなに期日に間に合うように一生懸命やったのに
提出しなくてもいいものとか、夏休みの友なんかも自己チェックで、
中学生ならまだしも、なんだかなぁ…と思ってしまう。

例の日記の件も、確かにもものクラスメイト達が
「一週間に5つ以上日記を書く」と言っていたのを聞いたのに
担任から「やってもやらなくてもよかった」と聞いて
もも以上に混乱した私です。

いろんな事が、意味不明すぎて、
気にしないようにするが、だんだん効かなくなってきそう。

持ち物の管理があまり得意じゃない子なので
学校に置いてある(夏休みも!?ですよ!?)というのは
不安なんですぅ…ととぼけて聞いてみようかな?


私が神経質で過敏なのか?世間知らずなのか?
それとも…。

あまり担任の事を他のママに聞く事はないけど、
これは当たり前の事なのか?明日にも聞いてみよ…。

| | コメント (0)

2010年9月 1日 (水)

星の観察と動画サイト

夏休みの宿題のひとつに星の観察がありました。
月と星(夏の星)の単元は一学期に終了していないと
いけないはずなのですが
もものクラスは終了しておらず(他の教科も…)
それなのに観察日誌を書くのか!という宿題。

コラショで基本の知識を詰め込んだものの
難しい部分もありネットの教育動画サイトや
個人の方のサイトを見せてみたら、これがなかなか
よい!感じで食いついてました。(笑)
特に星座盤など、文字の説明だけだといまいち…ですが
実際にやり方を動画で見ると、一発で理解出来、
その後は、以前住んでいたところにある
並ばなくても平気&無料なプラネタリウムで星の観察
実際の空で観察と、スムーズでした。

動画サイトは、やっぱりももにはあっているのか
自分でもっと調べてみようというきっかけになるなぁと
実感しました。

http://contents.kids.yahoo.co.jp/studystreaming/science/grade4/4_05_1.html

ひとしきり全部の動画を見て楽しんでいました。

他にも使える動画サイトがあるのかもしれませんね。

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »