« ひたすら宿題…(;ω;) | トップページ | アートな一日 »

2010年8月20日 (金)

お薬の効果 覚え書き

19日に大量の宿題を提出して、すっきりしたところで…
手つかずのままの夏休みの問題集をやってみた。

かけ算、わり算が出来なくなっている。。。

4年生ともなると文章題も長く複雑になってくる。
なので、求められている答えとは全く違うものを答えていたり…
ようするに問題を整理して読むが出来ない様子だったので
3つか4つかの要素に分けて、それを七夕のたんざくのような
工作用の折り紙で線分図やら、広告の裏に絵を描いたりして
ひとつひとつを絵に簡略化して落とし込む事を再度教える。

これは、何度も何度も教えてきたやり方。

それを順番にやっていけば、解けるはず。

なのに、それをやらないのか、出来ないのか
やみくもに間違った式を書き、求められていない答えを
書いていた。

そこで、注意深く、ゆっくり読んで…、質問し答えさせ、
それを目の前でビジュアル化しようとするも
なんというか言葉がまるきり通じなくなっている。。。
見て!といっても注目が出来ない。。。

目も耳もちゃんと見てはいるし、聞いてはいるが
それが暗号化して脳にいく前にシャットアウトされているような
酷い有様。

あまりに酷いので、もしや?と思い、
勝手に薬の飲み方を変えてみた。

今は、夜に服用なのだが、以前のように朝に変えてみたのだ。

そうしたら、別人のように指示が通り、耳も目も開いて
さくさく問題を解いていった。。。

このお薬は、読み書き障碍にも効果があるが、
学習障碍にも効果があるのではないか?と思ってしまった。

それくらい劇的に違う。

ももは、根本は理解出来るのだ。
その前の聞く、見るが出来ない。
そういう自分に混乱して、さらに酷くする。
酷い状態のももを目前にすると、この子は理解出来ない
知能に問題があるのではないか?としか思えないほど
通じないのだ。
でも、お薬を服用した事で、それ以前の問題が
大きいのではないか?という事がはっきりと見えたような
気がした。


|

« ひたすら宿題…(;ω;) | トップページ | アートな一日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひたすら宿題…(;ω;) | トップページ | アートな一日 »