« もものお盆休み | トップページ | ひたすら宿題…(;ω;) »

2010年8月18日 (水)

熱中症!??

姪達が滞在しているお盆の時
家事が一段落してベットに少し横たわっていると、
急激な血圧低下がおこり、体温低下による激しい寒気、
頭痛と吐き気で、脂汗のようなものが出て…
パパを呼ぶが、相手にされず…死ぬかと思った事があった。。

自分で救急車を呼んで欲しいと思ったのは、産まれてはじめて。

翌日ネットで調べると、そういうショック状態の時は救急車を
呼ばないといけないと書いてあった。
薬の副作用(薬は服用していない)や、腎臓、糖尿の限定された症状
老化や更年期障碍に似た症状があったが、どれも当てはまらない。
糖尿も遺伝的にあるが、食事療法を行っており、先日の検査では
ほぼ問題のない数値になっていたし…。

思い当たるのは、熱中症くらいしかないが
私は、クーラーの効いた室内にずっといて、こまめに水分もとっていた。
なので、熱中症???と思ったが、酷く疲れている時など
室内にいても熱中症になるらしいので、そうかもしれない。

緊急時に自分で救急車が呼べないとか、
「助けて」が言えなくなる恐怖がわかったような気がした。

苦しんでいるのに、気にも留めない。
側にいてくれたのは、猫だけ…。

悲しいを通り超して情けない…。
元気になってみると、無性に怒れてきたりもしたけれども
心底、悪気のないパパとももの顔を見て、あきらめの気持ちに変化した。
まあ、これも自分で選んだ運命なんだし…と思う。

お陰でお盆の一週間で、3キロ痩せた。。。

そうしたら2日ほど前に、ももが朝から「身体がもえるように熱い!」と
言いだし、似た症状に。。。。

夏ばて気味で身体が弱っていると、クーラーの効いた室内にいて
水分をとってもこれなのだから、防ぎようがないのかなぁ。
せいぜい塩飴やら、ポカリなど気をつけてとるようにしようと思ったのと

夏休み後半に行われる、校庭でのクラブの活動は、
場合によっては休ませたほうがいいのか?と思ったのでありました。

母は、子供の頃に一度、熱中症で死にかけた事があります。
今回は2度目ですが、やはり命の危険を実感しました。。。

|

« もものお盆休み | トップページ | ひたすら宿題…(;ω;) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。