« ゲド戦記 | トップページ | パパのこだわり(旅行編) »

2010年5月 4日 (火)

はじめての海外旅行

Guam もも、はじめての海外旅行(グアム)へ行って来ました。
母もももを産んで以来海外へは行っていなかったので
ひさしぶりの海外です。

お友達の中で自分だけ飛行機に乗った事がないから
飛行機に乗りたいというかねてからのももの希望を叶えるべく
国内旅行よりもお得かも!?なグアムへ行きました。

私もも母は、更年期の前兆なのか?
3月4月は何をしても気分が晴れず、旅行準備もいまいちやる気に
なれずにどんよりとしていましたが、
行くなら徹底的に調べて行きたいという性分から(なんなんでしょうね…)夜な夜な口こみを見つつ、ホテルを決め、スケジュールを決めていきました。

自分でも疲れるならやめておけばいいのに、やりはじめちゃうと
とことんまでやらないと安心出来ないので、気がつくと消耗して
ヘトヘトになるまでやり込んでしまうんですよね~(苦笑)

でもやっぱり疲れていたせいか、保険のところで痛恨のミスをしました。
巷のクレジットカードにはいろんな機能がついていて、海外保険(AIU)がタダに
なるカードがたくさんあります。
いつもそのサービスを利用していたので、今回のそのカードで支払ったら
ナント!そのサービスはすでに廃止されたとの事。
だったら、他のカードを使えばよかった~と思っても後の祭。
一家で保険に入ると一万円超えますから痛いっす。
てな事でまたネットで調べて、ネットからの申し込み限定で、
補償のしおりや人的手続きが全くない分(自分でプリントアウトするなり
メモするだけ)格安な三井住友海上の保険に加入して行きました。

本当ならば、ももが産まれる前にパパと行ったハワイ島やマウイ島に
行きたかったのですが、パパの休みの関係でとれず。
なので、ハワイ島のヒルトンワイコロアビレッジのようなホテル内が
ウォーターパークのようになっていて、その中で遊べるオールインクルーシブな
ホテル(PIC)に決めました。
http://www.picresorts.jp/pic_guam/top_guam.html

お陰でカヤックにウインドサーフィン、ボディボート、各種プールに
ビッグトランポリン、アーチェリー、ミニゴルフ、スカッシュets…と
全て無料で朝9時から夜10時まで遊ベました。

初日は、泳げる水族館を体験後、クルーザーに乗って、お魚の動物園と
呼ばれているお魚がいっぱいのポイントまで行き、シュノーケリングもしました。
本当はダイビングがやりたかったようですが13歳以上じゃないとダメなようで
残念がっていました。

足が着かないので怖かったようですが、ライフジャケットを着てパンを
あげたそうです。あまりにお魚がいすぎて、塊になって一匹一匹を観察できず、
どんなのがいたのかよくわからなかったと言ってました。
片手でパンをあげつつ、片手で魚をわしづかみ出来るほどいたらしいです。
なんちゅうか、お魚の大群に囲まれて、かつあげされてるみたいな感じ?(笑)

ホテルの前のビーチもお魚はいましたが、
翌日行ったホテルニッコーのビーチがもの凄かったです。
ホテル真正面の少し色が濃くなっているところにブルーホールがあって
紫やオレンジのさんごと、色とりどりの魚がいーっぱいいました。
ただ、穴になっている為に、小さい子供や泳げない人は危ない感じが
しました。かくゆう私も犬かき程度しか泳力がなくほとんどかなづちなので
めちゃ怖かったです。
日本から魚肉ソーセージをたくさん持って行き、お魚に「はやくくれ!」と
つつかれつつ、たわむれてきました。

そこから海に向かって右側の浅瀬にもたくさん魚がいて、
ももとパパは「ちょっと探検してくる」と言い残し、1時間半以上程戻らず…。
結局予約してあったビュッフェバイキングの時間に間に合わず…。
夢中になったら時間感覚がなくなるのは家族全員のようです。

また加集中気味だった為か2人ともサンゴであちこち傷をつけてきて
その後が大変でした。
家からマリンシューズも持っていったし、長めのラッシュを着てたのですが、
なぜにそこまで傷まるけ?と不思議なくらい傷まるけで、持って行った絆創膏を
大量消費しました。。。
特にパパは、夢中で深い穴に素潜りして珊瑚やウニやらを掴んだりしてたせいで
酷かったです。今度行く時はグローブとウエットスーツ着用じゃないとダメですね。

大声で呼んでも反応ないし、あまりに長時間帰ってこないので
お隣にいた中年夫婦が心配して捜しに行ってくれて、
「少年のようなパパさんね!」と言われてしまう程でした。。。

その後、DFSで頼まれたマスカラだけ買わせてくれと頼むも
自分のものじゃない買い物は大嫌いの2人は大ブーイング!!!
と、おもいきやいきなり「俺、財布買うわ!」と走っていくパパと
ラルフローレンでお気に入りのワンピースを見つけ急に生き返る娘!
2人の目的を達して、最後にマスカラという段階で、
「もう疲れた!」とソファに座って、「さっさと買って戻ってきてよね」と言う2人。。。。

他にもアウトレットでキッチン用品を買いたかったりしてましたが
すぐに戻ってホテルで泣ける程遊びたいと言うももの希望に添うべく
ホテルに戻ってレストランで食事し、夕方~夜10時まで戻って来ないパパともも。

明日は朝4時起きなのに、早く寝かせたいのに、頼みの綱のパパが
一番盛り上がってあそびに夢中で、話にならなかったもも家でありました。
その間私は、ABCストアで買ったパパの会社関係の人へのお土産が
ホテルに届かず行方知れずで、フロントで数時間粘りつつ、
おねえさんに捜してもらっていたり、戻って来ない2人の荷物をパッキングしたりで
別の意味でヘトヘトになりました。

ホテルの広大な敷地では一日中、○○大会というようなイベントが開かれていて、
夜はカラオケにダンス、水中バスケット大会などなど、はたまた仮装パーティーなども
開かれていて、飽きないようでした。

10年前に比べて、物欲も遊びへの意欲もめっきりなくなってしまった私は、
大人なリゾートホテルで静かにゆっくりがいいわ~と思ってしまったのですが
パパとももは「あー!楽しかった!」と心の底から楽しんでいて
その笑顔を見ているだけで準備してよかった♪と思った母なのでありました。

パパ曰く、昔来た時は日本人がメインだったけど、今は韓国・中国人ばかり
だそうで、多くのホテルがこの10年くらいでアメリカ資本から韓国資本へとなり、
結果従業員も客も韓国・中国人が占め、レストランも韓国資本のレストランが増え、
日本・韓国・中国人語の表記の案内看板がほどんどでそれが印象に残りました。

また、安くておいしいお店も多くて、食事も満足でした。
(アウトバックスステーキは日本で5000円以上はするヒレステーキが
半額以下でとても美味しく、サービスもよく、よかったです。)

人の話を聞かない者同士、マイペース、こだわりいっぱいの家族での旅行。
途中、お互いが帰りたくなる場面もありましたが、無事に楽しく過ごせてよかったです。

|

« ゲド戦記 | トップページ | パパのこだわり(旅行編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゲド戦記 | トップページ | パパのこだわり(旅行編) »