« 遊びの教室 | トップページ | そこに居るだけでつらい… »

2010年3月15日 (月)

通級

来年度の通級の話し合いに行ってきました。

出掛けにももの意向を聞くと、
「私にはまだ通級が必要だと思える。ただ、週1時間でいい。
5年生になったらやめようと思っている。」とハッキリと私に伝えました。

ももなりにちゃんと考えて答えを出しているというのが
よく伝わってきました。

そして、私はももの意志を学校側に伝えてお願いをしてきました。

学習的な問題はほとんどなくなったかのように思えるので
どこをフォローすべきかを話し合いました。

普通に出来ている事も、実はもの凄く無理をして頑張っている
場合がある事。
そして、それはもも自身も自覚出来てなくて、いつも突然
身体症状になって表れて気付く事。
こくごが苦手だが、これも凄く理解出来る物語と
こんな難しい物語が理解出来てこんな簡単なものが?という
ギャップがあること。
などを話しました。

そして、話は例のいじめ問題に飛び、
ももが通級の先生に密かに相談していた事などを踏まえ、
心の問題を抱えた時は、学習よりもそちらを優先して
支えてもらえるようにという話になりました。

手厚い先生方のフォローがあってこその今のももの安定だと
いう事を感謝を交えてお話させていただきました。

また、新しく友達になった子に「私達、親友になろうね」と
言われたとうれしそうに話していた事を担任に言うと、

「ももちゃんと、絶対に相性がいいと思って先日の席替えの時に
近くにしたんですよ。よかった」とのお返事が。

ももちゃんと仲良くしてあげて…と担任が頼むと、
そこには対等な関係は産まれませんが、
近くには…は、子供の意志に任せる形なので、ありがたかったです。

そして、ももには最近時々遊ぶようになった※ちゃんという
お友達もいるのですが、その子は大勢で遊ぶよりも
ひとり静かに本を読んでいるほうが好きな大人しい女の子なんですが
その子を、元ももの仲良し2人がいじめているのを見て
「※ちゃん、嫌がってたなぁ。明日、こっそり自分たちのほうへ
逃げて来るように言おうかなぁ」なんて言っていてビックリしました。

今回のいじめは、原因がないいじめで
ハッキリとももに問題があるのではなく、クラス全体に充満して
ゲームみたいに行われているものなので、
ある先生は「それも子供の成長には必要」とおっしゃいましたが、
「喧嘩は必要ですが、原因のわからないゲームのようないじめは
成長をストップさせてダメにするだけだと思います。」と思わず
言い返してしまいました。。。。

確かに不思議ちゃんなところはありますが、
十分他人を思いやって行動できるし、自分の至らないところは
直すから教えてねって言うももを「はぁ~?」と笑い者にして、
無視し続ける子達よりも、もものほうがちゃんと成長しているように
私は思える。

ももなりに精一杯、周囲を見て考えて行動してると思う。

|

« 遊びの教室 | トップページ | そこに居るだけでつらい… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遊びの教室 | トップページ | そこに居るだけでつらい… »