« もも達は3D映画が苦手!? | トップページ | 依存 1 »

2010年3月28日 (日)

頑張れば報われる世界

フィギュアの世界選手権で、真央ちゃんが優勝しました。
spでまさかの回転不足をとられ、点が伸びずにキムヨナ優勝か?
と思いきや、spもフリーもキム選手はミスを連発しそのお陰で
優勝できた?みたいなすっきりしない大会でした。

美姫ちゃんもノーミスでよい演技をしたのに点数が低く
あんなに酷い状態だったキム選手のほうが上というのは
納得しがたいものを感じずにはいられませんでした。

そしてそれはフリーでのこれまたミス連続のキム選手の演技が
最高得点でノーミスでよい滑りをした真央ちゃん美姫ちゃんが
下というのは、私が素人でもおかしいんじゃないかと思わずには
いられない結果でした。

専門的見地から意見を述べている方もいらっしゃるようです。
http://plaza.rakuten.co.jp/mizumizu4329/

オリンピックの裏側も、ISUの裏側もあると思っていますが、
(広告にオリピックマークを使用するのにどれだけの使用料を
ぼったくられ納めるか…)
これ程までにあからさますぎるのは観客を馬鹿にしきった行為にも
思えます。
また、その世界で身を削って努力している純粋な魂の事を考えると
なんともいえない気分になってしまいました。

オリンピックでのキム選手の演技は、本当に完璧で美しかったので
点差があっても仕方ないのかもしれないと思っていましたが、
今回のジャッジを見て、これはかえってキム選手の努力をも
ダメにしちゃうジャッジではないのか?と思いました。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

世の中は矛盾だらけです。

私のように、あまりに酷い矛盾に対して発言すると「クレーマー」と
言われてしまいますが、
自分だけよければいいと思っていたら、矛盾に対して訴える事も
ありません。


頑張っても頑張っても否定しつづけるのは
自尊心をズタズタにする行為だと思います。

真央ちゃんも美姫ちゃんも、自分に勝つために
自分で自分を認められる演技をする為に練習しているんだと
言っていました。
真央ちゃんなど、負けん気が強いですから
いろんな複雑な想いが隠しきれずに表面に出てきてしまっている
時もあったかと思います。

この社会は、「沈まぬ太陽」の主人公じゃないですが
頑張った人が報われる社会ではなかったりもします。
特に組織の中にいるとそうでしょう。

階級が固定化された世界ではよりそれは顕著です。
アフリカの子供達は、安い賃金で搾取され、教育機会も奪われ
その為に底辺から這い出せずに、代々苦しい暮らしを強いられます。


それを含めて少しの隙を見つけたら上にあがっていこうと考えて、
諦めないで現実を見据えて、腐らずに努力する人が私は好きです。

私の友人いわく「敵を魅了するくらいの物を持てばいい。
何かや誰かのせいにしていては何にしろトップには立てないと
いう事だろう」と言っていましたが…。
ローマ帝国なんかそうでしたよね。責めてきた敵を味方にしちゃうものを持っていた。

せめてスポーツの世界など、一部の世界は
頑張れば報われる世界を残して欲しいと切望します。

|

« もも達は3D映画が苦手!? | トップページ | 依存 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もも達は3D映画が苦手!? | トップページ | 依存 1 »