« いじめの根を絶ち子どもを守るガイド―親と教師は暴力のサイクルをいかに断ち切るか | トップページ | 英語習得の必殺技!? »

2010年3月 6日 (土)

冤罪

テレビで冤罪の特集をみました。
明らかに誰がどう見ても、これは冤罪だ!と思えるような
明らかすぎる証拠があって、
さらにいろんな専門家に科学鑑定をしてもらい
証拠は増えるのに、刑事・民事ともに有罪となり
服役をするはめになった方の話でした。

市民の血税で市民の平和と安全の為に尽くす警察が
真実をねじ曲げ、自分達の権利の為にねつ造する。
裁判官も結局は強いものの味方であり、
法律は何の役にも立たない。。。

これが冤罪でないというのなら私は自分のジャーナリスト
生命を捨ててもいいくらい酷い事件だと取材した方が
叫んでいましたが、本当にそうだと思いました。

全ての官僚がそうとは思いませんが
この事件は氷山の一角で、山ほど理不尽な事件があり
泣き寝入りしている人もまた山ほどいるのだと想像します。

かつてほりえもんが
法律をつくるものが天下をとれるシステムになっているのが
問題だと発言していましたが、
まさに、法律は権力者によって容易に変更されたりしますし、
根本は「百姓生かさず殺さず」なんだと思います。

私の父は人生で2度、冤罪で大変な思いをしています。
他にも裁判ネタはもりだくさんありで、私達子供も幼いながらに
無理矢理社会勉強をうんざりするほどさせられました。
お陰で姉はそういう資格までとりました。。。
母は世間知らずだし、祖母は入院してるわで、セーラー服で
弁護士の法律相談に通ったらしいです。。。
1度目は、祖父の弟が元検察官僚の上層部にいた為に
鶴の一声で公正な調査が入り、事なきを得ました。
2度目は、ももが幼い頃でしたが、親戚の親戚がその当時の
某大臣で、そこから話を通して貰い奇跡的に免れました。

ない事をねつ造され、ありもしないでっちあげの調書にサインを
迫られたり酷い扱いをされたそうです。
最近の件は、被害者なのにまるで犯罪者以上の人権を無視した
脅迫に近い扱いを受けました。
警察は犯罪者の方を守り時には嘘までつかれる始末。

いじめの最たるものは、国家権力によるものだと思っています。

父ほど悪運の強い人はいないとも思いますし、
父は奇跡的に免れただけで、そうでない場合のほうが多いという事を
その後、同じような事件の統計などを調べて知りました。

ももは、じいちゃん譲りの強運を持っていそうですが
自分でサバイバルしていけるだけの力をつけてほしいなぁと
つい思ってしまいました。


|

« いじめの根を絶ち子どもを守るガイド―親と教師は暴力のサイクルをいかに断ち切るか | トップページ | 英語習得の必殺技!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いじめの根を絶ち子どもを守るガイド―親と教師は暴力のサイクルをいかに断ち切るか | トップページ | 英語習得の必殺技!? »