« イジメスパイラル 3 | トップページ | いじめの根を絶ち子どもを守るガイド―親と教師は暴力のサイクルをいかに断ち切るか »

2010年3月 5日 (金)

イジメスパイラル4 アドバイスありがとう

本日学校から帰ってきたももに
無視し逃げる人数が増えてきたらしいことを聞きました。。。

状況の悪化のスピードが想像以上だったので
思わずseiさんのアドバイスを思い出して、信頼出来るママさんの
ところへ走りました。

このママさんだけには、ももの障碍の事も話していますし、
ありもしない噂を広められて困った時も助けてもらいました。

事実を告げた瞬間、非常にショックを受けてらっしゃいましたが、
謝罪と共に、お子さんにお話をしてくださる旨約束していただきました。

ママさんいわく
「娘は保育園時代に、一年間無視され、仲間はずれにされた事が
あって、その時の苦しみを思い出すと今でも涙が止まらなくなるほど
辛かった。そういう経験をしている子だから、きっと自分がされた事は
人にしないと過信してた。本当にごめんなさい。」と涙ながらに
話してくださいました。

この子は放課後は、普通にももと約束して今でも遊んでいます。
たぶん、良心の呵責もあったのではないかと想像しました。

いいママさん、いい子なのに、こういう風な事がおきるのは
やっぱり異常に思えてしまって、
そのまま管理職であるM先生のところへ電話して
先ほどまで相談をしていました。

M先生は、すぐに校長に報告をして学校を挙げて対策を考えると
言ってくださいました。
教職員の意識の統一も了解してくださいました。

新学期、M先生と校長が異動にならず、残ってくださる事を
祈ります。。。。

ためらいがあった私の背中を押してくださるアドバイスを
くださった事に心から感謝します。

|

« イジメスパイラル 3 | トップページ | いじめの根を絶ち子どもを守るガイド―親と教師は暴力のサイクルをいかに断ち切るか »

コメント

なにせ、まだ3年生ですもの、「正義の味方」として「決然と」いじめっ子に立ち向かうなんてなかなか出来ることではありませんよね。
いじめられた経験があるからこそ、自分がターゲットにされることに恐怖を感じてしまう。心に抱えた傷が大きければ大きいほど、再びの体験には耐えられないと、自らに降りかかるのを必死で避けようとするということもあるのではないのかな。

だからこそ、それぞれの子供のことを良くわかっているお母さんたちが、
「うちの子は、まだ弱いから止めることはできないと思うけど、できるだけいじめに近づかないようにするよう持って行くわ。」
とか、
「うちの子は、そういうのあまり気にしてなくて、気付いてもいなかったようだけど(こういう子もいます)、休み時間に一人でいる子がいたら声掛けて遊びに誘うように水向けてみるわ。」
とか、
画一的ではない、それぞれのお子さんに合った対応の仕方を働きかけてくれると、ありがたいんですよね。
子供たちは、そういうことがわからないから、いじめるかいじめられるか二者択一みたいに思いこまされちゃうんですもの。

子供っていうのは(おとなでも)、自分の行為が後ろめたいものと感じているほど、自分の行為を正当化するために、いじめられる側の理由をことさら強調して親や先生に報告していることがあります。
親に問い詰められたりした日には、知恵を総動員して「自分は悪くない!」とするためにいいわけを並べ、そのことでいじめられた子の印象が悪く親の方に伝わってしまうということもあり得ます。
そもそも、どの親も「うちの子に限って」と思いたいものですから、そうなると「やっぱり原因はいじめられっ子にあるんじゃないの?」と責任をこちらに持ってきたくもなるようです。
ですから、信頼関係を作っているお母さん以外に対処をお願いするときは、出来るだけいじめの外側の方にいるお子さんのところ(つまり後ろめたさも少なく、気が楽な方)から、協力をお願いするような形で責めていき、
いじめに加担している子の親と話すときでも、他の子がやっていたことのようにして、
「もしね、そういう時うちの子が困っていたら助け船を出してもらえるよう言ってもらえないかなぁ。」
というような形で持っていく方がいいかもです。

と、ついつい「作戦」的なコメントになってしまいますが、
「不安があれば休んだっていいし、学校を変わったって・・・、とにかくmomoちゃんの心を守るためならどんな方法だっていいさ。」
ということも強く思ってますよ。

投稿: sei | 2010年3月 5日 (金) 21時27分

seiさん、いつもありがとうございます。

子供達の2面性に裏切られたような気分になって
怒りの気持ちが湧いて仕方がなかったのですが、
皆自分を守りながら傷ついていたかと思うと
涙が出てきてしまいました。
大切な事に気付かせてくださってありがとうございます。

ももの話だけだと詳細がわからないんですよね…。
なるほど、なるべく中心から遠くの存在からですね。
アドバイス感謝です。

もう、随分前に状況次第では学校に行かなくてもよい
と決めてありますが、ももがこだわりで学校に行きたがるし
いじめられても人を求めるのですよね。

温かいコメント身にしみました。感謝☆

投稿: momo はは | 2010年3月 6日 (土) 14時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イジメスパイラル 3 | トップページ | いじめの根を絶ち子どもを守るガイド―親と教師は暴力のサイクルをいかに断ち切るか »