« そこに居るだけでつらい… | トップページ | 黄砂 »

2010年3月18日 (木)

もうすぐ4年生

もうすぐ4年生です。
4年生になると、ほとんどの子供が学習塾に通うようになるらしく
どこへ通うか?という話をあちこちで耳にします。
(すでに半数は低学年から塾通いしている)

ももは、たぶんまだまだ家で勉強です。
おそらくももにあった、ももを理解して伸ばしてくださる塾というのは
ないような気もするので…。

3学期に行われた学力テストでは、おそらく平均以上のほぼ満点に近い
よい点数をとった算数でさえ、さっぱり抜け落ちている部分を
目の当たりにすると、この子には、まだ基礎の基礎がいーっぱい必要だ!
との思いを新たにしました。

簡単な10×10が、口答で質問して、すぐに答えられない。
おそらく音声言語という事と、数の原始的な概念がまだ希薄な事と、
毎日やっていないとすぐに全部抜け落ちていく事を再確認したまでです。

ももいわく、脳のスイッチが半切れの時は、言葉も数字もいろんな事が
指の隙間から漏れていく水のごとく、頭の中をただ通過していくだけに
なってしまい思考まで届かないとのこと。。。

ひと昔前までは、簡単な基礎概念をあれほどまでにやって、何故忘れるんだ!
ももは、もうダメかもしれない~と落胆して泣いていた私がいましたが、
なんというか、時間をかけて繰り返し、思考しなくてもすっと出てきて忘れない
レベルまでやればいいだけ!と腹を括ったので、やるだけです。

それでも、おそらく一年前よりは数段に再構成が早く楽になっているので
ひたすら丁寧に基礎を積み上げていくだけと考えています。

どう教えればいいかというポイントも私なりにはっきりと見えてきてはいるので
見通しがつくという点では、かなり楽にもなってきています。

ももはおそらく学校や学習塾のような全体での学習では、まだまだ入りにくい
子供です。微量のお薬(微量すぎて薬剤師さんにいつも文句を言われる…)の
助けで格段に情報処理がしやすくなり、別人のように集団での学習も適応
出来るようになってきたものの、根本は変化してませんから…。

お話を丸暗記するように、全ての学習は基本的に丸暗記なんだという気が
します。つまりは、要点だけを抜き出す力がないんですね。
要点だけを効率よく頭のノートに記憶してゆけば、覚えた事を全部忘れちゃう
みたいな極端な事もなくなるし、さっと、情報を取り出せるようにもなるだろう。

なので、極力、余分な情報を破棄して、要点を効率よく抽出して
繰り返し覚えさせる事が必要だと思っている。(構造化)
でもって、これはひとりひとり条件は違うので、その都度手直ししつつ
様子を見てやっていくことになる。

また、きくきくドリルなど、音声言語での要点のメモなんかも
やっぱり丸覚えから、要点抽出→記憶という風に
(自分で構造化出来るように訓練するという事)
ももの脳の初期設定の丸覚えから変化させていく為には
繰り返し繰り返し、くどいくらいやっていって、定着させるところまで
持っていけば、少しくらいは変化するだろう…と考える。

seiさんに教えていただいた問題文に線を引くという要点の抽出さえ、
ふと見ると「全部に線が引いてあるじゃ~ん!」てな具合に、
余程脳に意識させないと要点を選ぶは、ももには難しいらしい。。。
道のりはなが~い。

|

« そこに居るだけでつらい… | トップページ | 黄砂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そこに居るだけでつらい… | トップページ | 黄砂 »