« 家庭内、異文化コミュニケーション | トップページ | 素敵な感性 »

2010年2月23日 (火)

ももらしさ

ももをいじめていた相手が、実は同じように無視され陰口を言われていたと
知って、ももは「つらかったね…。」と同情して一緒に泣いたらしい。。。
(先週、担任から聞きました。)

こんなにも酷い事されて、相手を憎むどころか逆に心配するなんて、
人が良いのを通り超して…と呆れつつ、
そこが、ももの人間として大きなところなのかもしれないと思った。

ママは自分や自分の大切なものを守る為には、
それを脅かす者を許さず反撃も辞さない気持ちでいたけれども、
ももは超越してるなぁと思ってしまった。。。

ももがこれから先も、ももらしさを失わずにいられますように。

たぶん、人を信じすぎて裏切られもするかもしれないけど、
逆にこういった部分が、ももを守ってくれるのではないか?と
そんな風に思いました。

自分の利益など度返しで、いじめた相手を心配しちゃう
あなたの純粋さ、大きさに、いろんな事を気付かされました。

そういうももを、私は尊敬します。

|

« 家庭内、異文化コミュニケーション | トップページ | 素敵な感性 »

コメント

朝から、感動...

ももちゃん、きっとこのまま生きていくんだろうね。
とても自分が楽に生きていける方法を
身につけているんだね。
”許す” 気持ちは、何より自分を楽にしてくれるから
momoははさん、頼もしいですね。
ももちゃんが、持って生まれた天性のものも
あるのだろうけど、そんな風にももちゃんを
育てたのですよ。
環境は、心を育てる大事な要素だから。

投稿: すみれ | 2010年2月24日 (水) 08時19分

ももを誉めて下さって、ありがとうございます。

本人は、まだ憎しみとかの感情は理解していない
ように見えます。

心の扉が不用意に開けっ放しで、見ているほうは
常にドキドキハラハラの連続なんですよね。
そうかと思うと、一気に心の扉を閉め切ってしまって
2次障碍に突入か…。両極端。

>そんな風にももちゃんを育てたのですよ。
<これは持って産まれたものだと思っています。
逆に私が人として育て直されているように
感じる事のほうが多いです。

今日、いじめの中心にいる子が、ももはずしを
しようとした時に、この子が守ってくれたようです。

ももがももらしさを失わないように
守りたいです。


投稿: momo はは | 2010年2月24日 (水) 17時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家庭内、異文化コミュニケーション | トップページ | 素敵な感性 »