« 素敵な感性 | トップページ | 急な変更は、どんなことでも辛い »

2010年2月25日 (木)

受診日

今日は、ももの受診日。
ここ一ヶ月はやや不安定だけれども、2次障碍の時のような問題も
ないので、親が薬を貰いに行くだけでもいいのですが、
このところ学校で疲れているので、気分転換に一緒に行く?って
聞いてみました。
最初は 行こうかなぁ~ と言いましたが、すぐに
「明日は、理科があるからやっぱり休みたくない~!」と言ったので
私ひとりで行きました。
ダイヤが乱れていたせいか乗り継ぎが上手くいかず1時間半以上
かかってしまい何年かぶりくらいの最強な頭痛に襲われるくらい
疲れてしまいました。。。。

主治医に春が近づいて、感覚面・頭の働きなど不調を感じはじめている
事や、学校でのいじめについて報告しました。

学校のいじめについては、校長に話をあげないとダメっ!と言われました。
「今大丈夫に見えても、数年先に酷いフラッシュバックでもって爆発する
パターンが多いから、そういう体験を回避するように…」
と言われました。
これは前回、身にしみたので、すでに担任にも校長にも何度も
話して、見た目で判断しない 過保護と言われようが譲れない理由として
話してあります。

まあ、主治医が…ってパターンで持っていくとしても、
どういうタイミングでどんな風に話をもっていくかで悩みそうです。

なんというか、主治医にしても他の先生方にしても、
正論を直球で親に投げてくれますが、その子の置かれた環境は
千差万別で、また学校にいる先生達も千差万別。
システム通り、正論通りにいかないのが人の世なわけで…。
実際は正論よりも感情な世界だったりして、
先生の言うように直球投げたら大変な事になりますからねぇ。

おそらく校長は年初の目標で「いじめない子」と挙げていますし、
校長なりにイジメに対する取り組みの構想なりがあるはずで、
いきなり「主治医から学校あげて今すぐイジメ撲滅に取り組む
ように言われた」などとは言えば角が立つし、
かなり真綿に来るんで遠回しに変化球投げても、タイミングが
悪いと思わぬ事態を招くし、
パパに偵察に行ってもらいつつ(パパは実は校長の教え子)
作戦を考えようかと思っています。。。

でも主治医がずばっと言ってくれるお陰で理由が出来るというか、
そう考えるとありがたいのかもしれないですね。

|

« 素敵な感性 | トップページ | 急な変更は、どんなことでも辛い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 素敵な感性 | トップページ | 急な変更は、どんなことでも辛い »