« 世界に一つだけの花 | トップページ | しめ飾りつくり »

2009年12月26日 (土)

☆クリスマス☆

Noel 昨日(24日)は、ももの受診の後に映画を観に行ってきました。
映画は「のだめカンタービレ」
ももはなんとかペンギンと迷ってました。

人気の映画だけあって3時間以上前にすでに残席わずか状態。
見上げるような席しか残ってませんでしたが、楽しめました。

テレビドラマの影響か、白髪交じりの上品な伯母様のお一人様
もちらほらいらして、ファン層の広さに驚いたりもしました。

映画は、テレビドラマ以上にギャク色の強い仕上がりで
大声でギャハハ~と笑うももに母ドキドキの連続。

なだぎがディランそのままやん~!の似非外人役で出てたり、
のだめの変態の森もバージョンアップして炸裂してました。

千秋がのだめに音楽について語るシーンがあって
大昔、数学と物理と音楽は宇宙を表現するものだと哲学者の
ナントカが言ったとかいう台詞がなぜか心に残りました。

数学も物理も音楽も芸術も、私的には宇宙と繋がっている
同一線上にあるものというイメージがあります。
音楽で宇宙を感じられる瞬間って幸せなんだろうなぁと想像しました。

自閉者特有の感覚と言われている共感覚も
音楽を聴いて色が見えたり、音が立体に見えたり匂いがしたり
するわけですからね。

そんなわけで映画を見終わった後は、買い物を
少しばかりして帰路に着きました。

この日はパパの好きな堂島ロールも、長蛇の列で、仕方ないので
手作りすることに…。
ももは、生クリームが嫌いなので勝手に生キャラメルの列に並んで
お目当ての生キャラメルとプリン等をゲットしてました。
私は、デパートでシャンパン(私用)を買い込みました。

家に帰って夕食とケーキを作っている途中辺りから
ふらふらになってきて、最後はキレ気味に料理をつくり上げて
そのまま夕食後、こたつでバタンキューでした。
このところ徹夜続きだったので、限界だったんですね、私。

ももが、私の様子を見て、急にあたふたと手伝いだしたのを
思い出して笑っちゃってる酷い母であります。

子供の頃、クリスマスが一大イベントじゃぜんぜんなかった
イベント嫌いの私は、ももが産まれるまでケーキも用意した
事がなかったんですよね。

でもって台所で格闘してる時に、クリスマス=ケーキで祝うを大事にしている
パパから何度も「ケーキある?」って確認の電話が…
いちごがなくて(唯一1500円のだけ残ってたので500円くらいのを捜しに)
スーパーの梯子して今、ふらふらになりながらケーキ焼いてる最中やねん!
忙しいねん!って時にこのしつこい確認の電話。。。。
半キレになってる私を見て、ももが「ママ、電話は私が担当するね!」
「ケーキ飾るの私がやるから、ママはお料理の仕上げして!」と
気遣いスイッチフル作動!で別人のように手伝ってくれました(笑)

っていうか どんだけ機嫌悪かったんじゃ、自分って反省ですわ。

ちなみに昨日は冷凍ストックのクラムチャウダーをパイで蓋したのと
ステーキにサラダにいちごのケーキでした。

今日は画像の鳥のもも肉と野菜とハムのゼリーよせに
ほうれん草のキッシュ、デザートにパイのツリー。

ツリーのパイは、100均の型でももがつくりました。
これ、パンでもつくりましたが、簡単でかわいく作れておすすめです。

ポットパイは「パイはパイ、スープはスープに分けて!」と
とにかく一緒に盛り付けるのが大嫌いなももに文句を言われ
鶏肉はローズマリーも一緒に焼いて欲しかったとかなんとか
細かい注文をつけられました。。。

それに対する私の返事は
「嫌なら食べるな!自分でつくれ!」ですわ(笑)

ほんとに、調味料ひとつとっても家族全員好みが激しく
バラバラで、それぞれにあわせて特注の料理を作ってたら
身がもたないですからね。

ちなみにもものサンタへのリクエストはたまごっちで、
お値段の安いイオンや大型家電屋は、11月中~12月中旬
まで白しか残っていない状態だったので、
仕方なくデパートへ行って残っている中からももに選んで
もらいました。

そんなこんなで冷凍庫の食材で唯一いちごだけが
クリスマス価格でしたが、なんちゃってクリスマスディナーを
家族で楽しみつつ、心はもうお正月の準備な我が家でした。

|

« 世界に一つだけの花 | トップページ | しめ飾りつくり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界に一つだけの花 | トップページ | しめ飾りつくり »