« 心の扉 | トップページ | おすすめインタビュー記事 »

2009年11月13日 (金)

大きな変化

服巻智子先生のブログに TEACCH部の憂鬱 という題名の
一連の記事が掲載されているのを見ました。
あのTEACCH部が存亡の危機にさらされているとのショッキングな内容。

背景には、政治的なものがあるのか?それとも経済危機に起因する
財政の問題なのか?両方+αなのか?私にはわかりませんが、
対岸の火事ではなく、明日は我が身ではないですが、日本でも
弱いところから、カットしやすいところからしわ寄せがどんどん来る状況に
なるのではないか?変化の前の前兆のような気がしてなりません。

カリフォルニア州は、かなり前から破綻宣言をしていますし、
日本だって第2第3の夕張のような事がいつ起こるか…と思います。
過度に悲観しすぎる必要もないですが、何が起きても動じないように
心の準備はじめ、備えたい気分です。

ただTEACCH部が様々な理由でなくなっても、その理念の素晴らしさから
時代を経て復活する日が来るのではないかとも思っています。
繁栄と衰退は、宇宙の自然のリズムだと私は思っています。
いろんな意味で淘汰の時がやってきているのだと思います。

|

« 心の扉 | トップページ | おすすめインタビュー記事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心の扉 | トップページ | おすすめインタビュー記事 »