« 授業参観~覚え書き~ | トップページ | 子供を取り巻く環境 »

2009年11月20日 (金)

幼児検診 ☆気になること☆

後輩と、後輩の友達と一緒にお茶する機会があって、
その時に乳幼児検診の話になりました。

たぶん全国的な動きだと思われるのですが、発達障がいの早期発見に
向けてかなり細かなスクリーニングと対応がなされている様子です。
それはそれでいい事ですが、肝心の対応する側にいろいろと問題が
あるようで、1歳とか2歳で言葉の多少の遅れなりがある子供などに
対して「発達障がい疑い」として、何度も心理士との面談が行われるとの事。
でもって、不用意な言葉でお母さんを追い詰めていくような対応が
結構されていて、軽い気持で心理相談に応じたが為に、なんでもない
小さな変化にも過剰に反応してしまうようになり育児が楽しめず
何事にも悲観してしまいがちになり、ノイローゼの一歩手前まで追い詰められた…と。。。

ももの時は「心配しすぎ」と取り合ってもらえませんでしたが、今は逆なようです。

子供第一目線はいいのですが、ずっと側にいて育てる人の気持を
潰してしまっては、本末転倒になっちゃいます。

その後、後輩は、実母や義母にも相談した為に、かえって
「子供との関わり方がまずいんじゃないか」とかさんざん周囲から責められて
自分でも不必要に反省しちゃったりで、大混乱したようです。
でもって、心理相談前までは、日常のささいな事も楽しくうれしかったのが、
どんどんと遅れている部分だけに意識が集中しちゃって…
「どうしてこんな事も言えないの!」とか「出来ないの!」って子供を責めて
しまう事が多かったとか。
責めてしまった後は、なんとも言えない辛さでひとり泣いてしまったと…。
そんな日々が続き、これではダメだと思い、心理相談を断ったと聞きました。

断って正解です。

早期発見→早期対応はいい事もありますが、その前に家族の納得というか
気持の整理が必要ですし、その気持を無視して先に進めてはいけないと
思うのです。

いくら素晴らしい療育があったとしても、養育者が育児ノイローゼになって
しまっては療育もへったくれもありません。

それに診断されたとしても、その後のフォローはまだまだ立ち遅れていて
診断だけ確定したまま宙ぶらりんになる問題もあります。

それにいきなり「障がい疑い」とかっていう風にパキっと振り分けてしまう
のではなく、いきなり療育とかに行ってしまうのではなく、
「どんな子育ての心配でも相談にのるよ~」とか「そういう場合は、こんな事や
あんな事をしてみるといいかもね~」みたいに振り分けの壁をとっぱらって
気軽に利用できるような仕組みにすべきであり、
肩書きだけでなく、不用意すぎる発言をしない心理士なり、相談員の質の
向上を願わずにはいられません。
知識取得の為の勉強だけでなく、その前に相談役のスキルを…と思ってしまいます。

例え、誰がどう見ても黒であっても、親がそれを受け止めれる土壌をつくれる
まで見守りながら待って欲しいなと思います。

そして、必要以上に発達障がい児をつくりだそうとしているかに見える現状に
対して声を出していきたいです。

|

« 授業参観~覚え書き~ | トップページ | 子供を取り巻く環境 »

コメント

そうですよね。

ある程度、どんな子供でも
発達の能力の凸凹ってあると思うのです。

その中で特に凹が大きいとか多いとかだと
発達障害と診断される。
診断された子は、手厚く支援をしてもらえる。
(内容の良否については、ココでは議論しないことにします。)

でも、凹が大きくても数が少ないと診断されない。
きっと、その子はその凹のために困ることがある。
けれど、診断されていないから、ほったらかしになる。

なんだか、おかしいなぁと思います。

まさに、momoははさんのおっしゃるように
妙な壁をとっぱらって、
「どんな子育ての心配でも相談にのるよ~」
というスタンスで、それぞれの子供の凹に対応することが
本当に必要なことなのではないかと思います。

すべての子供達が、自分の能力の凸凹を活かして生きていける…
そんな社会になればいいなぁと思います。

投稿: しーた | 2009年11月23日 (月) 17時50分

しーたさん、コメントありがとうございます♪

>すべての子供達が、自分の能力の凸凹を活かして生きていける…
>そんな社会になればいいなぁと思います。

<そうなんですよね~。
特別支援も含め、全ての子供、全ての人が、必要以上に障がいという枠で分けられてしまうよりも、もっと枠をとっぱらったユニバーサルな視点での支援が欲しいなぁと思います。
特に、幼児期のお子さんの発達のでこぼこはつきものですし、子育ての大変さもある時期なので、追い込むような対応はやめて欲しいなぁと思ってしまいました。
子供を救うには、まずお母さんを助けてあげて欲しいんですよね。

投稿: momo はは | 2009年11月24日 (火) 15時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 授業参観~覚え書き~ | トップページ | 子供を取り巻く環境 »