« 全治一週間 | トップページ | ヤンキー漫画!? »

2009年10月19日 (月)

正しい人

この半月、そして週末は、本当に忙しかった。
特に週末は、長い時間地域のお役目の人達と共に過ごした
はじめての経験でした。

地域の神社のご祈祷を月2回行いそれに伴う業務と
季節ごとの祭りをわずか数名で運営するのです。
しかも町内会の仕事も兼務するというかこちらが主なので
この役目に当ったら一年間はどこへも行けないくらい
拘束されるのです。

女性陣の中には高齢で、たくさんの持病を抱えていたり、
介護する家族もいたり、この日も成人しているとはいえ
風邪で熱を出している家族を家に残して参加されているなど
皆 無理をして、我慢をしての参加です。
ある意味、ぎりぎりの人数なので、自分が休んだら他の方に迷惑が
かかるという気持を逆手に取っての人数か?と思うほどです。

私と同じように何も知らされずこの役目に当った人がいました。
その人は、母子家庭で小さなお子さんがいらっしゃいます。
仕方がないのでお子さん連れで業務に参加されていますが、
なかなか目を離せない手がかかる時期のお子さんなので
他の方と同じようにというわけにはいきません。
そのお子さんは、とても早くから数字や文字に興味を持ち
見た目の身体の特徴などからたぶん、ももと同じだと私は思いました。
そして、お母さんも自分で周りの状況や雰囲気を読み取って
瞬時に動く等が難しい感じのお母さんで、指示されないと動きません。

そういう中、ある女性〔Aさん〕がこのお母さんに対して怒りを爆発させ、
ずーっとこの方に対しての文句を延々と言い続け、
その場にいた女性陣は強い流れにつけとばかり、一緒に文句を言い始め、
居たたまれない気分になってしまいました。

Aさんは、もう何年もこの土地に住んでいて、ご両親も近くに住まわれています。
だから、この役目に当ったら、四の五の言わずに従うのが当たり前で
大変だけど、潰れる事なく出来るのだと思います。
そして、いつも先頭に立って重い役目も引き受けていらっしゃいますし、
よく気がついて動く方なので、ぼーっとしているお母さんが許せないんでしょう。

Aさんが言っている事は正論でもあるし、ひとつの正義感なのでしょう。
ただ私はいつも思うのですが、「正しい」からいいのか?、
正しいって人それぞれで、その正しさの幅があまりにも狭い場合
別の正しくない状況を生んでしまう事がたくさんあるのではないか?
と思うのです。

その母子の住むアパートの玄関には内職の仕事が積まれていました。
派遣で仕事をして、なおかつ夜は内職。手のかかるお子さん。
その中での重い役目を自分なりにやろうとしている。
祭保存会のじい様達や男性陣は、そういった事も考慮して
彼女が出来る役目や、あまったお菓子やジュース、お寿司などを
いつも手渡していました。
またそれがAさんの癇に障るらしく、猛烈に怒り出し、
「momo母さんだって、頼れる人のいない中こんなに頑張ってるんだから
彼女だけが仕事もせず、お子さんの分のお料理まで、さっさと先に席を
陣取って食べているのは許せない。
だったらmomoちゃんを呼んでくるか、その分を持って帰るべきよ!
そう思わない?」と激しく同意を迫られ、引きつった顔で曖昧に微笑む
でその場を濁すのに精一杯、出来れば逃げ出したい気分になりました。

また、お母さんが忘れている仕事を、じゃあ、私がやりますと言ったら
逆に「甘やかさないで!彼女の仕事なのよ!」と私も怒鳴られました。
お母さんは、お子さん〔いくら私達は一番後で食事といっても
小さなお子さんはお腹すかせて我慢するのって、難しいと思う〕に
食事をさせていた途中で、お子さんをその場に置いてって…。
それも、彼女は他の長の方に先に食べなさいと言われての食事です。

基本的に昔から、その場にいない人の悪口を言うのが苦手です。
面と向かってその人に言わずに、誰かを味方につけて集団で…というのは
居たたまれない気分になってしまいます。

決して人は自分の価値観で測れない測ってはいけない部分があると
思うのです。それでも自分の価値観に根ざした正義感で相手を
責めてしまう事は、私にもあります。
ただ、それは、よくよく考えて、それでも尚且つ理不尽すぎると思った時にです。

集団で何かを行う時に常に付きまとう、ありがちな状況だとも思います。
見た目に出来る人、頑張っている人が、マイペースな人を責める。
自分だけ損だという感情に陥って、憤る。私は、心底、この状況が苦手。

それよりも怒らないで済む方法を考える、工夫をしたほうが、自分も相手も
楽なんじゃないか?と思ってしまうのです。
どちらが悪いとか正しくないとか、そんな事は別の視点からすれば重要では
ないんじゃないの?
それよりも、気持ちよく楽しく出来るを優先しようよって思っちゃうのです。
それぞれの置かれた状況、得意不得意などを考慮して
無理なく楽しく助け合って出来る為の工夫をするほうが私は好きです。
人に求めるっていうのは、いろんな苦しい感情を引き起こします。
我が家は、特に自分と同じようにを求めていたら破綻しちゃう人の集まりなので
小さい頃から、嫌でも視点を切り替える事で生きてきた気がします。

この日 朝6時50分に家を出るのに、洗濯ものを干すのが途中までしか
出来なくて、パパに「悪いけど…」ってお願いしたのですけれども、
「俺だって仕事がある」と言って逆切れされたんですよね。
で、「やらなくてもいいけど、貴方の明日着る作業着がないと思うから…」
と言ったら、干してありました〔笑〕
でもって、夜10時に帰ってくるまで洗濯ものは外で夜露にぬれてました。

そもそも、その洗濯はパパが出し忘れていた分なのですからねぇ。
めっちゃ我が儘だし、理不尽だと思うけど、怒ったら自分が損なので
淡々と事情説明をするだけですわ、いつも。

義務とか正当性とかを言い出すと喧嘩になりますから、一旦わかった返事を
してから、事情を話すとやらざるを得なくなって結局やってくれるんですよね。
どうせやるなら最初から気持ちよくやってよって最初は思ってたんですけど、
結果やってくれるから、まあいいか!って前向きに考えています。
相手に求める気持がら強かったら我が家は成り立っていません。
そういうパパですが、いいところもあるんですよ〔笑〕とフォローしておきます。

|

« 全治一週間 | トップページ | ヤンキー漫画!? »

コメント

正しいと思っている人・・・ですね・・

いますね・・・どこにでも・・・・・・

直接「こうしてくれる?」とか言えばいいのにね~

後で文句言うって・・・いやぁ~

うちの近所も同じような人いますわ・・・

投稿: ぽよ | 2009年10月21日 (水) 09時50分

ぽよさん、コメントありがとうございます♪

日本人って言葉で伝えずに空気を読むのが当然っていう
感じがありますよね~。

周囲に共感を強要しつつ包囲網を作り上げて追い込む
みたいなのがね…続くと、人間疲れしちゃって…。
女性に生まれて来たけど、つくづく女性特有の世界に
馴染めないなぁと思いますね~。

Aさんの言い分もわからなくもないけど、感情に走り
すぎて↑な言動になっちゃうのが余計なだけで…。

自分の仕事を忘れて迷惑をかけつつ、更に仲間に
ひと言「お先にお食事失礼します」など言う気遣いが
持てないお母さんにも非はあるんですけどね…。
ただ、やらないのではなく、やれないのだろうけど…。

胃が痛いっす。

投稿: momo はは | 2009年10月21日 (水) 18時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全治一週間 | トップページ | ヤンキー漫画!? »