« 脳科学関連 2 | トップページ | JRなんか大嫌いだぁ~! »

2009年10月 5日 (月)

脳科学関連 3  雑感

心という目に見えないものをどう捉えるか?という悩みを
一部解決してくれる脳科学って、私にとってはとてもわかり易くて
取っ付きやすく、面白い分野である。

ただ、人間が行っているという点でバイアスは必ずかかっているので、
その辺は差し引いて、全面的に信用はしないが、参考にはする。
そんなスタンスで見ている。

時間の余裕はないし、母の興味の赴くままにももを振り回すもの
いかがなものか?と思い自粛しているが、
脳派を調べたり、脳派でのトレーニングでどんな変化があるか?に
少し興味を持っている。

でもって、脳に刺激を与えて言語機能が20%アップは、信憑性に欠ける
数値だが、もっと原始的な前頭葉に刺激を与える方法で知能指数が
ほんの少し〔IQ65→70、75〕に変化したというのは、周囲で聞いた事は
たくさんあるので、現実的にあり得るのだろうと思う。

音楽療法も、この程度の数値のアップがあるという事は
よく知られていますしね。

でもって脳に直接電流を流さなくとも、するめなど硬いものを食べさせて
前頭葉を鍛えるみたいな昔ながら方法はいくらでもあるようにも思えるし、
薬<電流<身体に負担のない自然な方法 という順番に
脳科学で解明していってもらえればうれしいなと思う。

|

« 脳科学関連 2 | トップページ | JRなんか大嫌いだぁ~! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 脳科学関連 2 | トップページ | JRなんか大嫌いだぁ~! »