« 脳科学関連 1 | トップページ | 脳科学関連 3  雑感 »

2009年10月 5日 (月)

脳科学関連 2

http://wiredvision.jp/archives/200411/2004110901.html

以下抜粋

電流刺激で脳機能がアップ――脳障害治療へ応用

Amit Asaravala 2004年11月09日

 米国立神経疾患・脳卒中研究所(NINDS)の新たな研究結果によれば、人の前頭部から弱い電気的な刺激を送ると、言語能力を20%程度向上させることができるという。

 この研究で、NINDSの研究者たちはまず、103名のボランティアに、特定の文字で始まる単語をできるだけたくさん思い出してもらった。次にボランティアの額に電極を取り付け、そこから2ミリアンペアの電流――小さなLED(発光ダイオード)の点灯に必要な電流の10分の1――を流した。電気が流れている間に、先ほどとは異なる文字で始まる単語を思い出すよう求められたボランティアたちは、平均で20%多く単語を挙げることができた。

 報告された副作用は、頭皮の電極を取り付けたあたりが、かゆいような「泡が立つような」感じがすることだけだった。

 この研究結果は、脳損傷や脳疾患の症状に対する、薬を使わない新たな治療法につながる可能性があると、研究者たちは述べている。

 NINDSの脳刺激部門(メリーランド州ベセズダ)の神経生物学者で、この研究を中心になって行なったエリック・ワッサーマン博士は、次のように述べている。「これは、脳障害を抱える患者の脳の機能を改善する非常に有用な方法になるかもしれない。薬にはもっと多くの副作用があり、常用癖につながる恐れもある。この方法には、少なくとも現時点では、そうした問題がないようだ」

 電流によって人の言語反応が向上する正確な理由は不明だが、この研究を行なったグループは、電流が流れることで前頭葉前部皮質――言葉の記憶と関連がある脳の領域――の細胞が、より円滑に信号を伝達できるようになるのではないかと考えている。

 「今回の実験で行なったのは、ニューロンの電気的な環境を変化させ、ニューロンの活動を変化させること――そうわれわれは考えている」と、ワッサーマン博士は語る。

 理論的には、この方法によって脳の他の領域に関係する能力も向上させられるかもしれない、とワッサーマン博士は述べた。

 医師や科学者が脳の働きを変えるために電気を使用したのは、今回が初めてではない。一部の歴史学者の見解によると、2世紀のギリシャの医師たちは、頭痛を訴える患者に対し、生きたシビレエイ[発電器官を持ち電気を発するエイ]を額に当てておくよう指示していたという。

 最近では、電極を使用しない経頭蓋磁気刺激という方法で、幻覚や重度の鬱病の治療が試みられたことがある。だがこの方法は、症例によっては発作を引き起こす可能性があるため危険と見なされている。

 今回NINDSが行なった弱い電流を使う方法には、これまでのところそういう問題はないと見られているが、ワッサーマン博士はさらに調査が必要だと注意を喚起している。「正常に機能しない組織を長期にわたって無理に働かせると、組織が早くだめになってしまうのかどうかわかっていない」

 それでもワッサーマン博士は、自身の研究チームの発見が認知科学における新たな研究の端緒となるかもしれない、と期待しているという。

 「この仕組みを小型化するのは非常に簡単なので、基本的には身につける装置にできる。将来、患者がこの装置を帽子の中に装着し、小さな容器に入れた電源も携行して、いざという時にスイッチを入れる、というふうになるかもしれない」とワッサーマン博士。

 だが、近いうちに「考える帽子(日本語版記事)」を購入して子どもの宿題に役立てられると思ってはいけない。ワッサーマン博士の研究チームは、現時点では医療の用途に焦点を絞る計画だという。

 「正常な機能を向上させるという課題は、複雑な問題をはらんでいる。将来、こうした課題への取り組みが行なわれることは間違いないが、現時点では私の計画にはない」と、ワッサーマン博士は語った。

[日本語版:天野美保/高森郁哉]

|

« 脳科学関連 1 | トップページ | 脳科学関連 3  雑感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 脳科学関連 1 | トップページ | 脳科学関連 3  雑感 »