« 中秋の名月 | トップページ | 脳科学関連 2 »

2009年10月 5日 (月)

脳科学関連 1

ノーベル賞の生理学部門で候補にあがっている方の研究云々の記事を読んで、
fMRIが気になり、ぐぐってみた。

で、面白い記事発見!メモ!

http://wiredvision.jp/archives/200411/2004112902.html

以下抜粋

fMRIで解き明かす、脳と心の関係

 「頭ではこうしようと思っているのに、心が別のことをしろと言う」――こんな言葉を口にした経験は誰にでもある。何か決断を下さなければならない時、理性と感情が逆方向に働いて、引き裂かれそうな思いをすることがある。

 精神の研究に大きな変化をもたらしたある画期的技術のおかげで、そうした状況に置かれた脳の中で何が起こっているかを科学者が正確にとらえられるようになった。われわれは歴史上初めて、心が頭を支配しているのかという質問への答えに近づこうとしている。

 このような進歩は、機能的磁気共鳴映像法(fMRI)によってもたらされたものだ。

 fMRIを使うことによって血中の酸素レベルの測定が可能となり、脳のどの部分がとくに活発に働いているかがわかるようになる。たとえば、恋に落ちた時に機能している部分や食べ物が欲しいと思っている時に機能している部分などがわかる。最近では、米民主党員と米共和党員の脳の違い(日本語版記事)さえ明らかにされている。

 一方で、この手法により、とりわけ尊重されている人間の特性についての深遠な謎が、将来解き明かされるのではないかという期待もある。人間は生まれながらに道徳観を持っているのか、それとも成長する中で善悪を学んでいくものなのか、感情と論理的思考ではどちらが強いのかといった疑問に、解答が示される可能性があるのだ。

 fMRIが登場する前、さまざまな活動に関係する脳の部分についての情報は、外傷や脳卒中で脳に損傷を受けた患者を観察し、彼らの脳機能がどのように変化したかを記録することでしか得られなかった。今では、所定のさまざまな活動をこなしている健康な人の脳をスキャンできるようになった。

 プリンストン大学心理学部のジョシュア・グリーン博士は次のように語る。「fMRIは、ある理論にははっきりとした裏付けを、また別の理論にはそれが間違っているという証拠を提供してきた。だが、fMRIが真の成果をもたらすのはまだ先になると思う。それは、われわれが複雑な意志決定の計算理論を確立する時、つまり、神経回路のレベルで意志決定の仕組みを説明する理論を手にする時だろう」

 グリーン博士は、同じプリンストン大学のジョナサン・コーエン教授(心理学)と共同で、fMRIを使って道徳判断に影響を及ぼす要因を調べようとしている。

 グリーン博士らの調査では、ボランティアの脳をスキャンするにあたり、彼らにひどく難しいジレンマを想像させる。たとえば、あなたは今、略奪にやってきた敵の兵士から逃れて、隣人たちと一緒に地下室に身を隠している。その時、あなたの赤ん坊が泣きはじめた。このまま赤ん坊が泣き続ければ、兵士たちに隠れ場所を知られ全員殺されてしまう。自分と仲間を救う唯一の方法は、赤ん坊を静かにさせること――赤ん坊の口をふさいで窒息死させることだ。さあ、あなたならどうするか?

 このような状況では明らかに、われわれは感情のたかぶりを自覚し、脳のスキャン映像もそのことを示している。だが、われわれはこのとき、状況を論理的に判断するようにも迫られており、このことも脳のスキャン映像に表れる。この場合、抽象的かつ論理的思考を司る領域と感情を司る領域が、ともに明るく示されるのだ。

 つまり、困難かつ個人的な道徳ジレンマを処理しようとする時、文字通り「2つの心」[of two minds:「決心がつかない」という意味の慣用表現]になっているのだ。グリーン博士は、ジレンマがそれほど個人的なものでなければ、脳の論理的思考を司る領域が優勢になることを発見した。

 2者間で対立が生まれた場合、法廷でも領土を巡る主張でも、往々にして仲裁者が登場する。それと同様に、脳にも仲裁者の役割を果たす領域があるようだ。研究者らは、対立の仲裁に関係していると考えられる前部帯状回という脳の部分が、泣き叫ぶ赤ん坊の仮定と格闘しているとき、高度に活性化していたことを発見した。

 グリーン博士らはこうして、「2つの心」という表現の神経学的根拠を示し、それぞれの心が優位に立とうと競っていることを明らかにした。では、心が頭を支配しているのだろうか? 「そういう時もある」というのが答えだ。だが、頭は戦いもせずに降参するわけではない。

 fMRIの応用をさらに進めて、人類がどのようにして今の状態になったのかを調べることもできる。ベルギーのルーベン・カトリック大学医学部で神経生理学科の責任者を務めるガイ・オーバン教授は、fMRIを使って脳の進化の謎に取り組んでいる。オーバン教授の研究では、被験者に回転する立体の画像を見せ、その間に彼らの脳をスキャンしている――ただ、グリーン博士の実験と違い、オーバン教授は人間の他にサルも観察対象にしている。

 この研究から、人間の脳とサルの脳では立体画像の処理方法が著しく異なることがわかった。人間の場合、脳の特定の領域(視覚野と頭頂間溝皮質)で活動が観察されるが、)サルの脳の同じ部分では活性化が見られなかった。

 「この結果が示唆しているのは、人間が進化するに従い、脳の一部が適応し、特定の能力――たとえば精密な運動技能の制御など――を作り出したということだ」と、オーバン教授は説明する。

 それでは、人間の脳がサルの脳から空間処理能力を進化させたという証拠があれば――実際そうなったように思われるのだが――われわれの道徳観念も霊長類の祖先から進化してきたということになるのだろうか?

 エモリー大学(ジョージア州アトランタ)のサラ・ブロスナン博士は、そう考えるのが妥当だという証拠を示している。ブロスナン博士は、訓練されたサルは公正の感覚を持つようになることを発見した――このようなサルは、同じ仕事をした仲間が報酬として自分より美味しいエサをもらっているのを見ると、働くのを拒むという。

 「進化によって生じるものはどれも、それまでに進化した別の何かに手を加えたものなのだ」と、グリーン博士は語る。「特定の思考に関わる構造が進化した歴史をたどることができれば、当該の思考が種の進化の歴史によって形作られているという事実がはっきりするかもしれない」

 このような特定の思考については、マックス・プランク研究所の生物サイバネティックス部門(ドイツ、チュービンゲン)に所属するアンドレアス・バーテルズ博士も注目している。バーテルズ博士は、(fMRIを使った実験を基に)母性愛が進化して恋愛になったという説を提唱した。

 同じように、ロンドン大学公衆衛生・熱帯医学大学院(LSHTM)のバル・カーティス博士は今年、われわれが持つ嫌悪感は病気から身を守るために発達した感覚であるとする論文を発表した。こうした衛生の感覚が土台となり、より高度な感覚――たとえば道徳感情など――が発達したのかもしれない、とグリーン博士は述べる。

 グリーン博士は現在、こうした説の研究に取り組んでいる。「たとえば、われわれは、賄賂を受け取るという行為を不快なこととみなすだろう。そこには、学習によって得た[衛生上よくないという]単純な比喩以上のものがあるように、私には思える」とグリーン博士。

 道徳は文化に強い影響を受けるが、重要な遺伝的要素も道徳に関係していると、グリーン博士は考えている。「われわれの道徳判断の中で、文化から学んだ、あるいは個人が論理的に導いたと思っているものの多くが、主として進化の力によって形作られたものである可能性がある」

 校庭で遊ぶ子どもたちが、幼稚な発言や振る舞いをした相手を動物にたとえることがある。fMRIを使った研究は、われわれ全員が動物であることを思い出させる。
人間らしいと思っている感覚や道徳でさえも、動物から進化したのかもしれない。

|

« 中秋の名月 | トップページ | 脳科学関連 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中秋の名月 | トップページ | 脳科学関連 2 »