« 鴨の卵 | トップページ | 混乱中 »

2009年9月 8日 (火)

もも、学級委員に立候補する

もも、恐れ多くも学級委員に立候補しました。
一学期に一度、めげずに、今回、再挑戦。。。

まあ、3年生で、ロッカーに登って、ねそべっているももに
票を入れてくれる子などいるわけない…と決め付けていましたが、
なんと!?一票 誰かが入れてくれたとの事!
誰?と聞いたら、隣の席の仲良しの男の子が入れてくれた
らしいですわ。
同情票ってやつでしょうか?

それにしても、「どうして、私には票が集まらないんだろう?」
って真剣に悩んでいるところが、すでに、わかってらっしゃらないご様子で…。

お友達は、ももに誘われても「私は、そんな器じゃないから、立候補しないよ」
と冷静でオトナな意見を述べていました。

まあ、やる気があるのはいい事だし、
ある意味、見えてないのは幸せな状態だとも思えています。

いつもは、感想やスピーチは嫌がるももが、この時は
真剣に言葉を選んで、自己アピールをたくさん書いているようで、
別の角度からみると、たのもしくもあります。

ただ、周囲は、この空気の読めてないももを、冷静に見ているんでしょうなぁ。
特に女子は。。。

ちなみに、自己アピールなんて書いたの?って聞いたら、
「元気のいいところ」という返事でした。

☆☆☆☆☆☆ ここからはお薬の話です▽ ☆☆☆☆☆☆

元気よすぎて、とんでもなくなっちゃうももですが、
新学期、薬のせいで、
「ひと目で、違いに気づきました!なんだか拍子抜けするくらいに
ちゃんと授業を受けれています。」と驚かれるほど、
落ち着いたももであります。
でも、落ち着きすぎて、元気なもものよさがない気がして、
なんだか悲しい母であります。
給食も、男子と競っておかわり何杯いけるかという程食べていた
人が、一人分を苦労して食べる程になっているらしく、
そこもまた、悲しい。。。
まあ、食は細りましたが、一応そこそこは食べれているので、
ガリガリにはなりませんが、「ママ!おかわりっ!」っていう声が
ないのが、さみしい。。。
また、体力が落ちて、得意の体育〔跳び箱、鉄棒〕が思うように
出来なくなっちゃって、見学してたパパががっくりしてました。

主治医いわく、薬が効きすぎたかも?との事で
少し減らす事になりました。
少しの頭痛、下痢、食欲不振等の副作用が続いていますが、
身体がなれてくれば、すぐになくなるから…と言われました。
そんなわけで、大トラが、借りて来た子猫ちゃんになってます。

喜ぶ担任と主治医とは反対に、そのままの元気なももで
いさせてあげられない、そういう環境を用意してあげれない
自分がちょっと辛くもあります。。。

※ももいわく、リスパダールとデプロメールを飲んでいた時は
嫌な感じ〔自分がなくなっていく〕があったけど、これは、ないそうです。

|

« 鴨の卵 | トップページ | 混乱中 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。