« 夏休みの宿題 | トップページ | 見えないものは存在しない »

2009年8月20日 (木)

ももの逆襲

おさるのグルーミングじゃないですが、
我が家では、毎日のように、ももが私を、私がももの
耳そうじをしています。

ももは、されるのを嫌がるのですが、
他人の耳掃除〔かさかさ耳垢限定〕が大好きなので、頼み込んで
やらせてもらっています。

ももは、おおものを発見すると、気持ちが
「よっしゃ!とってやろう!」とヒートアップするようで、
加減が出来なくなるというか、つい力まかせに
やろうとするので、
「痛いー!やめてー!やさしくしてー!」と
私が叫ぶと、

こう言うんですよ。
「痛くない、痛くない。全然痛くないって言ってごらん。」
「痛いと思うから、痛くなるんだよ」って。。。。。

いつも私がももに言っている事をここぞとばかりに
突きつけてくるんですよね。〔笑〕

聞いてないようで聞いてるし、
届いてないようで少しは届いてるのかもなぁ。

ただ、今の状況で、それを言うのはずるい、、、。
ずるいのをわかっていて、からかうように確信的に
言っていたのが、
ある意味、成長したなぁと、変に感心したのでありました。

ちなみに、パパは、ねばねば耳垢の人で、
私は、パパと結婚するまで、耳垢にそんな個人差が
あるなんて知らなかったのでした。

当然、パパの耳掃除は、気持ち悪いので、
私もmomoもやりません。

|

« 夏休みの宿題 | トップページ | 見えないものは存在しない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏休みの宿題 | トップページ | 見えないものは存在しない »