« 距離感 | トップページ | ひとりぼっち »

2009年6月22日 (月)

雑感

このところ天気予報を信じて、大きなシーツやカーペット等を洗濯したり、
庭に除草剤を撒いたりすると、バケツをひっくり返したような集中豪雨になります。


地球温暖化→亜熱帯化?→地球温暖化キャンペーン→光熱費の基本料金があがる
または、オール電化にして、太陽光発電にすれば公的な助成金も出て、得?
のような図式が出来上がっているようです。

が、以前から、太陽の黒点に異常がみられ、地球は、このままだと再度氷河期に
突入してしまうという別の話もよく目に耳にしていました。

まったく正反対のこの情報。どちらも、事実を元に情報にバイアスがかけられている
と考えるのが我々としては賢明だと思います。

地球温暖化キャンペーンの事を、私の友人達は、「詐欺」と言ってます。
目の前の温暖化は、地球のサイクル的には、それほど異常なものではなく、
弥生時代はもっと気温が高かったとか。
まあ、私はその道の専門家ではありませんから、話の整合性を確かめる術も
ないのですが、ゴアのつくった映画といい、政治的な策略が見え隠れし、
裏には、そういったキャンペーンで儲かる企業と、政治家の癒着みたいな構図
は、はっきりと思い浮かべる事は出来ます。

地球温暖化に限らず、全ての報道には、バイアスがかかっていると思っています。
なので、情報をそのまま鵜呑みしないようにはしています。

この最たるものが、霞ヶ関の報道だと思います。

また、統計なんかも、バイアスというよりも、これは、作り替えられているような
場合があり、鵜呑みにするのは危険な場合があります。

いろんな投資をしていると、行き着くところは、自分で調べて頭を使って
五感でもって総合判断するしかないというところに行き着きます。
なんとかマネーみたいな雑誌を参考にするのではなく、自力で、データを収集し、
分析するのですが、公的な機関から出ている統計などをいろいろ集めていくと、
あれ!?おかしい?そんなわけないじゃん!っていう統計に出くわす事が
あります。

最初は、言葉は曖昧だけれども、統計は、嘘がないから、と思っていたの
ですが、それも甘かったという事を知りました。

真実と嘘を織り交ぜて、また巧妙に伝える側に有利なように事実の選択をして
洗脳するような情報が多いのだと思います。

特に日本のニュースは、我々が生きていく上で必要なニュースは流さない
ので、語学が堪能な友人や、海外に住んでいる友人の話を聞いたり、
自分の目や肌で感じた現実感を大事に物事判断するようにしています。

人間は間違うようにプログラミングされている部分があります。
そこを巧妙に突いてくるようなものが、世の中にはたくさんあります。

いかに、情報に洗脳されずに、上手く生きてゆけるか?
間違わずに生きるという事は、不可能ですが、出来るだけ
家族を守って生き残ってゆけるようにはしたいといつも思っています。

某大臣が、景気底打ち宣言をしていましたが、嘘だと思っています。
景気が世界的に本格的に悪くなるのは、これからが本番だと思っています。

福祉の質どころか、切れるところから、予算はカットされるでしょう。
福祉云々よりも、自治体が破綻しないか?という究極の状況になるかも
しれません。

学校も、高校の特別支援が整備されつつあると聞きましたが、
形だけで、機能できるかわかりませんし、
高等養護へ行って、障碍者枠で、一流企業に就職という道も
一流企業が倒産するような事態になれば、望めないと
ずっと思っています。

あらゆる意味において、厳しい現実をちゃんと見据えて、
自力で頭と身体を使って、生きてゆかなくてはならない時代に突入
するんだと思います。

今、海外のニュースサイトでは、下級層ではなく、裕福だった
ミドルクラスが、車で寝泊まりして、ホームレスになっている人々が
どの地域でも増加しているらしいです。

去年末、海外へ行った友人いわく、高級デパートが投げ売り状態で、
高級ブランド品がくちゃくちゃの荒れ具合で、びっくりしたとか、
ホームレスも増えて、治安が悪化している様子だったと聞きました。

明日は我が身かもしれません。

突然の失業で、最近増えている捨て犬、捨て猫も増えるでしょう。
いつの時代も弱いものから、辛い立場に追い込まれていきます。

そういう意味で、景気底入れ宣言された今、こういう事を書いてる
私は、頭の変な奴と思われるでしょうが、
なにが起きても生き残れるように、身の丈にあった出来る事を
しましょう。

|

« 距離感 | トップページ | ひとりぼっち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 距離感 | トップページ | ひとりぼっち »