« 迷走中 | トップページ | 獣の奏者エリン »

2009年6月 2日 (火)

ありがたや

いろんな事が重なって、毎日パニックを起こして、
このままパニックが強化され、坂道を転げるように、、、、と
悪夢を連想して、どうしようかと思っていたら、

担任が陰で動いて下さったらしく、
仲間はずれがなくなり、一緒に遊ぶようになった。

陰で時間をつくっては、ももの話を聞いてくれたり、
なにかあると、すぐに家まで来て話をしに来てくれたり、
電話もくれる。
不安要素を長く引きずる事もなく、また何ヶ月も前の話を
突然出される事もなく、その場その場で解決してくださる。

本当にありがたい。

昨年3学期の担任も、そうした集団で責める場面で、
子供達を真剣に諭してくださった。
普段、やさしくて、面白い先生が、急に怖い声で、
真剣に話すと、やっぱり心に響くんだと思う。
諭した後は、後腐れなく、いいところを誉めて誉めて
伸ばしてくれる。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ももは、他の子供と大きな差があるか?といえば、
そこまで大きな差はないように見える。
他の子もまだまだ幼く、自己中心的だし、大きくは変わらない。
にもかかわらず、ほんの少しの違いが、より大きく響く
年齢になってきているのだろうなぁと思う。

ももが相手に嫌な事をしたとかではなくとも、
空気を読めない、察してもらえない、間が悪い等で、
「存在がむかつく」と言われてしまう。

ももいわく、困った顔で、「そんな風に言わないで、
悪いところは直すから、やさしく言って」と言っても
相手は、頭に来ているのだから、
やさしくは言ってもらえないのよね。

最近、ももなりに少しづつ周囲が見えてきていているようだ。
同じお仲間のグループである遊びの塾の子達は、
「自分勝手で、譲り合うとか、一緒にが出来ない子が多くて、
時々、嫌な気持ちになる」と言っていた。
私にしてみれば、ももちゃんも、あまり変わらないよと
思うのだが、自分はもう少し、集団で何かを決める時、
相手の意見も聞くし、譲ったりすると言うのだ。
でも、客観的に他者を観察して、自分なりに考える事が
多くなってきたなとは思う。

今回、喧嘩になった子達は、一年生の時のよく遊んでいた
お友達で、皆、自己主張が強く、言いたい事をずばずば言い、
いつも、誰かが泣いて帰るなどが多かった。

ある意味、ももには、刺激の強い集団だ。

ももに「もう少し、私が私がと言うのはやめようね」と言うと、
「そうだね。Aちゃんがすぐに自分は自分はと、言うけど、いらっとするもんね。」
と、意外とわかっているようである。

また、友達を作るのを頑張りたい。と言い、自分ひとりで好きな事に
没頭したい時も、少し我慢して、誰かと遊ぶ努力をしているらしいが、
上手くいったり、いかなかったりで、どこがいけないのか?日々、ももなりに
考えているらしい。

週末、Sちゃんが好きな「めちゃモテ委員長を見て、話をあわせるんだ」と
意気込んでいたり。。。。
健気に努力はしているが、やっぱりどこか努力するピントが
ずれているんだろうなぁ。

ももは、他の女の子のように、特定のお友達に執着がない。
遊ぼうと言われれば、誰でも喜んで遊ぶし、好き嫌いがない。
その執着のなさが、また異質なんだろう。
お気に入りの子を贔屓するようにやさしくして、相手を引きつけると
いう欲求がないのだよね。
そんなももを、いいと思ってくれる子が、ひとりくらいいてくれても
いいじゃんと、母は思うのだけれども、難しい。

ももが、自分を知りたい、変わりたいと思っている今は、
別の角度から見ると、チャンスの時なのかもしれない。

感情が高ぶった時に、どう動けばいいか?
同じ場面でも、ほんの少しの言い方の違いや、対応の仕方の違いで
物事は大きく変わる。
相手を怒らせても、理不尽な事を言われても、とりあえずは、
やさしい物言いが出来ると、いいのかなと思う。

でも、ももの空気読めないよりも、他の子達の言葉遣いのほうが、
問題に思えたりするのだけれどもね。
仲間入れてと言うと、「無理無理無理~。」
どうしてそんな風に言うの?と言えば、「別にぃ~!ウザッ!ムカツク!」
「消えろー!」
あまりのきつい言葉の応酬に泣けば、
「チョー!キモッ!ウザッ!」

おばさんだって、そんな言葉で返されたら、ももじゃないけど、
怒れてくるさ!と思うのだけどね。
そんなコミュニケーションの取り方、おかしくない?

そうは言っても、ももの立場のほうが不利であるのは自明なのだから、
もう少し、突っ込まれないように、自分の守り方を教えてあげればいいのかな?

|

« 迷走中 | トップページ | 獣の奏者エリン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 迷走中 | トップページ | 獣の奏者エリン »