« 今日の朝ご飯 | トップページ | ゆっくり成長する脳 »

2009年6月10日 (水)

読めない

先週、ももに算数の単元で、リットル、デシリットル、ミリリットルの単位に
入ったと聞いて、日曜日、その先のデシリットル、ミリリットルのところまで
先取り勉強したが、なんと、今日の算数のノートは、この3つの単位の混合計算が
書いてあり、宿題も仕上げ?かといようなドリル。。。。。

春休みから、休みごとに、時間をつくって、お菓子作りをやってたが、
まだまだ、本格的に単位を教えてはいなかったので、当然、こんなに飛ばして
やったら、こんがらがるし、出来るわけないよなぁ。

明日の朝、目で見てわかるように、1リットル『牛乳パック、野菜ジュースのペットボトル』、
100ミリリットル=1デシリットル『母のコラーゲンドリンクのボトル』、1ミリリットル
『しょうゆ入れ』を用意して、現物を見ながら計算を、、、と考えている。
明日の朝は、漢字テストも、他のテストもあるので、見せるだけで、
やれないかもしれないが、、、、。

社会のテストの予習は、地図記号は、ほぼ覚えていたが、意味のわからない
(広葉樹林と、針葉樹林)は覚えられていなかったので、絵を描いて
説明する。。。

でも、いざ問題を解く段になると、疲れているせいもあるのか、
問題文が読めないというか、頭に入って行かない様子。

あ~えの記号を選んで()に書きなさいと書いてあるのに、
○印を書き出すから、

「いつも、いつも言ってるでしょ?問題文3回読みなさいと。。。
どういう答えを書きなさいと書いてある?」と聞くも、

「わかった」と言って、また○をつけはじめる。。。。

3度目に口頭で確認し、「あ~えの記号を書くのよね?」と
念押しして、さらに○を書いた瞬間、母ぶち切れて怒鳴ってしまい、
もも、絶叫あんどパニック。。。。

今、思えば、わかっているけど、間違いを繰り返してしまうつぼに
入り込んでしまっている状態で、ももの特性のひとつなのに、、、、と
反省しつつ、普通なら、1分もかからない問題に、1時間もかけて
大泣きしながらじゃないと、終われない状況に疲れてしまいました。

ノートも、担任の文字が多くなってきて、
ももに「頑張ったけど出来なかった?のか?わざとやらなかったのか?」
と聞いたら、
「黒板の文字を写すのが遅くて、頑張って書いていたが、担任の先生が
書いてくれた」と答えました。

やっぱり、板書きも苦手なんだなぁ。。。。

「夏休みに写す練習しようね」と言うと、素直に「うん」と頷くももなので
ありました。

実は、今日は、スイミングから帰ったら疲れてしまって、
すぐに寝てしまったので、9時すぎに起こして、宿題と、テスト勉強を
させたのですが、こうも疲れていると、読み書きに困難のある
ももは、簡単な問題文さえ、まともに読めないのを見ると、
今のままでよいのか?という気持ちになってしまうのでした。

|

« 今日の朝ご飯 | トップページ | ゆっくり成長する脳 »

コメント

仕事前なので簡単ですが・・

問題文ですが、ただ「読む」よりも、線や印をつけるなどして、注目すべきところを目立たせたらどうでしょう。
全部に気をとられると、何度読んでも頭に入らないので・・。

で、大事なのは途中のデータなどではなく、
『何を聞いているか』と
『どう答えるか』
だと思います。
これは、全ての教科に共通するので、
そこに注目する、本人なりの方法を見つけると
今後かなり楽だと思います。

こうした文章は、長い問題文でも短い物でも
共通して文の後半にあります。
それを目安に、
『何を聞いているか』んは実線、
『どう答えるか』には波線、
というように、分けて見てはいかがでしょう。

簡単な問題であっても、この習慣をつけていく事で
そのうちに、線を引かなくても、注目すべきところが
頭に飛び込んでくるようになるのではないかと思います。

あと、単位の問題ですが、
実物を使って量を感じていくのはとてもいいことだと思います。
テストでは、そういう量の感覚を問う物もでてきますからね。

ただ、変換を教えるときには、
そのお子さんが、
「形」と『大きさ」をどう捉えるかという特性をよくみて教えたほうがいいかと思います。
こちらが「量(大きさ)」を伝えようとして選んだ教材でも、
お子さんによっては、「色』だとか「形」で分類してしまう事がありますから。

投稿: sei | 2009年6月10日 (水) 08時04分

お忙しい時間に書き込んで下さってありがとうございます。
実線と波線はとてもいいアイデアですね。さっそく、今日から試してみます。
言語はももにとって、第一言語ではないので、疲れていると、頭に入っていかないのは、よくわかるのですが、
昨日は相当疲れていたようで、線を引かせて、確認しても、○しか書けなくなっていて、かわいそうな事をしてしまいました。。。
本人も違うとわかってるのに、別の行動をしてしまう自分に嫌気がさして、泣けているようでした。
単位の変換は、本当におっしゃる通りですね。細部に必要以上に意味を感じてミスリードする可能性大ですよね。
本来ならば、同じ大きさで、同じ形状の透明な容器でやるのがいいのかもしれません。
この時の為にたくさんペットボトルを用意してますので、手作りしてみようと思います。

でも、一番の問題は、やっぱり言語ですね。

アドバイス、本当にありがたいです。感謝!!!

投稿: momo はは | 2009年6月10日 (水) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日の朝ご飯 | トップページ | ゆっくり成長する脳 »