« 模倣の重要性 | トップページ | 小旅行 »

2009年5月 1日 (金)

授業参観 家庭訪問

4月末にかけて、授業参観と家庭訪問がありました。
授業参観は3年生は、皆こくごです。
教室に入って、まず、係決めなどの表が、さすが女性の先生と
いった感じでとてもきれいにつくられていましたし、
学級目標も色塗りされたイラストと一緒に黒板の上に貼ってありましたが、
ももには刺激が多いのではないかと少し心配になりました。
が、授業中は気がそれることもなく、よく授業に参加出来ていました。
事前に文字や絵を視覚化した教材を用意していて、
見やすいなどの工夫が見られました。
また、その日の時間割が黒板前に書かれていました。
お客様じゃない授業を観れたのは、ひさしぶりだったので、うれしかったです。

途中、違うページを開いていたり、机がずれてきそうになる度に、
自然に授業をしながら、無言でささっと正してくれて、
上手く気がそれるのを修正してくれている様子でした。

4月なのに、真夏のような暑い日々が続き、慣れない6時間授業で
どの子も少し疲れた様子でしたが、去年廊下で授業中遊んでいた
お仲間ちゃんもちゃんと席に着いて、集中して授業に参加していて、
特別目立つ子はいませんでした。

学年懇談会の後、先生に声をかけていただいたので
漢字のことについてお話することが出来ました。
読み上げ式漢字テストは、学年の会議で決まったそうで、
脱ゆとりで教育で先生達も何かと時間がない為なんでしょう。

ただ、宿題ひとつとっても無理な場合は相談してくれれば
いいし、臨機応変に対応しますから心配しないで下さいねと
おっしゃっていただきました。

家庭訪問では、お友達関係の相談をさせていただきました。
人数が多いし、どうしても目が届かない部分はあるかもしれないとの
事ですが、少しでも気にかけてもらえるよう、何か気になる事が
あったら些細なことでも教えて欲しいことなどお願いさせて
いただきました。

勉強も、今のところ順調のようですが、先生曰く、
その日の調子で変化が大きい事、時間内にが難しく
出来ない時は、放課後や通級で、やるなど対応して
くれていることなどを教えてもらいました。
出来た所までで良いよと言っても、ももが最後までやりたいと
言うことが多いそうです。

漢字も、その子の能力を見極めながら、丸付けしているとの事で
出来る子にはとめもはねも厳しく採点、指導していて、
点数ではなく、どれだけ努力しているかを見ている様子。

やることがたくさんあっても、出来るだけ流さずに、ひとりひとり
取りこぼしなく、理解できるように丁寧にやりたいと思っていますと
おっしゃっていました。

心配の種はいろいろありますが、今年度は今のところ
大きな問題もなく、ももなりによく頑張れているそうでありがたい事だと、
深く感謝しています。

変な汗をかかずに、授業参観を観れたのは、はじめてですし、
勉強が楽しいなんて言うのを聞くのもはじめてで、これも担任はじめ
いろんな先生方のお陰です!!!!
と、たくさんお礼を言えました。

毎回、困った事や、出来ない事を聞くことが多かったので、
頑張っているところ、出来ているところを聞くのは、とっても気が楽で
ありがたかったです。

このまま伸びていって欲しいものです。



|

« 模倣の重要性 | トップページ | 小旅行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 模倣の重要性 | トップページ | 小旅行 »