« 我が家の会話 | トップページ | 突然 »

2009年2月13日 (金)

場面緘黙

遊びの塾で知り合ったママさんに、何度かお食事会に誘ってもらった。
同じ子供を持った先輩ママさん達のお話を聞かせてもらうのは、
とてもありがたい。

その中で、小学校6年間、場面緘黙に悩まされたお嬢さんをお持ちの
ママさんがいて、いろいろお話を伺う事が出来た。
校門を出た瞬間しゃべれるようになるのに、なぜか、学校では、
一言もしゃべれない。家では、普通におしゃべりできるのに。

そのことで6年間、クラスメイトからも教師からもいじめられた。
仕舞いには、2次障碍が酷くなって、鬱にもなった。
お母さんも、娘さんと一緒に追い詰められるところまで追い詰められて、
自分も「どうして、しゃべってくれないのー」って泣き崩れて、娘さんを
責めてしまって2重に3重に辛くて、地獄だったと話してくれた。

発達障碍の中でも自閉圏の子供は特に、自分のコントロールが
出来ないし、自分の状態に気付けないから、一番、3次障碍に
進みやすいのではないかと思う。
でもって、いくところまで行っちゃってから、周囲が気がついて、
その時には、簡単には治らない状態になっている。

一番、辛いのは、本人だろう。

普通は、自分の状態や周囲の状況を自動センサーが感知し、
自動で回避する行動を脳が命令する。
でも、産まれつきセンサーを持たない子供達は、それが出来ない
ばかりか、記憶をそのまんま、自分にダメージを与えて追い込む
状態で冷凍保存してしまう。
普通は、自分に都合のいいように作り変えたり、どんなに頑張っても
10年経てば、どんなショックな記憶も薄れていく。
それが出来ないハイテクの記憶装置の為に、どんどん記憶を溜め込んで
なにかのきっかけで、その記憶の再生を一斉にスイッチオンにして
しまうから、
なにがなんだかわからないけど、気がついたら壊れちゃった。
になってしまう。スパイラルに悪くなっていってしまう。

でも、中学を私立の のんびりした受け入れ態勢の整った学校に
決めた事で、場面緘黙は治って、友達もたくさん出来て、
毎日笑顔で、学校に通えるようになったと、ほっとした顔で
お話してた。

その最中にいると、これが一生続くわけではないと思うものの、
だんだんと消耗して、親子ともに、ぼろぼろになってしまう。

学校にもよるだろうけど、ぎちぎちで、余裕がないところで、
何年も何年も我慢し続けて、壊れないでいられるなんて無理だ。

でも公教育だと、そんなに簡単に学校も変えられないし、
選択肢もない。

私は、もう駄目だと切羽詰まったら、一旦、頑張るのはやめようと
思っている。

主治医に相談して入院するなり、実家に戻ってしばらく過ごすなり
しようと思うし、とにかくいろんな居場所をももにつくってあげようと
そう思っている。

努力してどうにもならない時は、時間が解決してくれる時もあるよね。
目の前を直視するのが辛い時は、目をそらして、やりすごすしかない。
一旦、逃げておいて、次の身の振り方を考えてもいいのかもしれないと
思った。

一年生の3学期から今年の夏前まで、本当に辛かった。
もう、あんな壊れ方、させたくない。母も、少し壊れた。

まだ4年あるのに、この状態じゃ、先が思いやられる。

|

« 我が家の会話 | トップページ | 突然 »

コメント

とても大事な事を書いていただいたなと思いながら読みました。
のんびり娘も、やはりかなり追い詰められるまで
学校にいかせ続けてしまいました。
そして、周囲の人間を悪く思えないように
私が洗脳してました。逃げ道を塞いじゃったんです。

幸い、学校のほかに放課後学童というホッとできる居場所がありましたので、あの程度(と言っても、人格が変ったかと思うほどの変化でした)で済んだのでしょう。学校と家の往復だけの毎日だったら、3ヶ月で致命的な打撃を受けていただろうなと思います。

複数の居場所を確保すること。それでもどうにもならないと思ったらさっさと逃げ出させちゃってもいいんですよね。

投稿: sei | 2009年2月14日 (土) 00時05分

コメントありがとうございます。

のんびりちゃんの今の姿に、勇気づけられています。
momoも、momoのペースでのびのび成長できそうな
このお嬢さんが行っている私学の中学に
行かせたいなぁと夢見ています。
ただ、寄付金とか大変そうですが、、、、。

我が家も、最初は、一度学校を休ませると、
2度と行けなくなるのではないかとか、
マイナス面を考えて、行かせてました。
親も、身をもって体験してみないと、
わからない事ってたくさんあるのかもしれません。

成人の当事者さんとお話する機会もあるのですが、
どんなに成功パターンに見える人でも、乗り越えて、
社会的に成功しているように見える方でも、
昔の傷がフラッシュバックになって、自分を痛めつける
事があると言います。
ももは、まだ、すぐに表面化するので対応しやすいですが、
何年も我慢しづづけて大人になってから、
大きく壊れる方もいるようです。
人格を形成する時期の深い傷は、その後の人生に
どれほど深い影を落とすのかが少し呑み込めました。

どこまで頑張らせて、どこで引くかの線引きも、
難しいですが、守ってあげてほしいです。

投稿: momo はは | 2009年2月15日 (日) 12時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我が家の会話 | トップページ | 突然 »