« 今年度最後の授業参観のメモ | トップページ | ももの感性 »

2009年2月16日 (月)

見通し

普段、ももの事をあれこれ言っている私ですが、
週末かなりダメージを受ける事がおきて、ひさびさに混乱しました。

それは何か?というと、
もも家は、今年、町内会の班長をやるのですが、
一週間前のある日突然、自治会の神社の役員を決めるので
必ず出席する旨を書いたものを渡されました。

我が家は、痴呆が進んできたじいちゃんの世話やら、仕事やら、
ももの事で、いっぱいいっぱいなので、班長だけで限界だし、
辞退させてもらおうと、思って出席しました。

が、いきなり、21年度役員一覧の欄に、我が家の名前が書いてある?
何これ????状態。

よくよく聞いてみると、5年に一度、この役目が当たる年回りがあって、
今年は、もも家のいる班の年だそうで、、、、、。

「何も聞いていないんです!何をやるかも、何も知らないです。」
とうろたえる人数名。。。。

ほぼ、毎月、祭り事があって、10月と、年末年始はかなりの時間
拘束され、やることもたくさん、しかも町内会の仕事もある。

ああ、これが、噂の引っ越す人も続出の、押し付け合い人事か、、、と
思いつつ、騙し討ちにあうみたいに、何も知らされずに、全く要領もわからない
まつりごとを引き受けさせられる事に対して、反論してみた。

どうせやるなら、納得してやれるような事前説明はあってもいいんじゃないですか!
当たったんだから、黙ってやれっていうのは、あまりにも酷い。
そもそも、町内会というのは、支えあいの為にあるもので、押し付けあって
右も左もわからない新人に教えもせずにやらせて、先にいた人のきまりで
勝手にすすめてたら、破綻するんじゃないですか?

腹の底から怒りが吹き出しました。。。。

私の言葉にじいさま達は、耳もかさず、決まりだからと言うだけ、、、。

たまりかねた、同じ年くらいの女性が、
この問題は、前々から、この地域にくすぶっている問題で、
私もなんとかしたいと思ってるんです。貴方の気持ちは、よくわかる。
と、間に入ってくださって、なんとか、軽い役で済むように
長老に話をつけてくださった。

私は、生粋の日本人。氏神様は大事にしたいと思ってる。
でも、ここの風土は、大嫌いだ!
校長が、いつも、この地域の親は、自分の事だけで、、、と
こぼしているのが、よーくわかる。

こんな事なら、保育園の役員、引き受けるんじゃなかった。
3つも重い役を引き受けて、やっていけるかと悩む小さな子供さんを
抱えたお母さんもいた。

ここは、某雑誌で、日本で一番住みやすい町ナンバー1に選ばれた
町だが、私にしてみれば、なんてところに来ちゃったんだろうなと、
つくづく思った。

親の会のママさんが、ここの大人は、子供が挨拶しても無視するし、
酷く冷たいと言っていたのが、よーくわかった。。。。

今年度、子ども会の役員をして、はじめての秋祭りに参加したけど、
獅子舞のご祝儀100円の割に、獅子舞のやり方が違う!といきなり
怒るお年寄りが多くて、嫌な気分になった。
もっと、教えてあげるとか、そういう目線はないんかい!と。

〔一方で、子供の登下校を見守ってくれるお年寄りには、いつも
ありがとうごさいますって頭下げて、感謝してるけど。〕

パパに、理由を話して、こういうわけで、2つも役員になったから、
パパも協力するように言ったら、
「そんな町内、辞めてしまえー」って。。。。
私も本音は辞めたいけど、もも もいるし、精一杯、気持ちを抑えながら
話してきた。間に入ってくれた人の事も考えて、爆発するのは止めるように
お願いしつつ、結局、全部、自分で引き受けてしまって
出来るのか?と考えたら、鬱になってきた。。。

でも、この制度、なんとかしなければ、後から入ってくる若い世代は、
町内会、入らないと思うよ。
しかも60歳以上は定年、、、って、若い世代は、少ないから、
皆必死に働いて、時間もないのに、こんなに拘束されるのって、
フェアーじゃない。
出来ないなら、自分の年取った親を呼んで手伝わせろ!だって。。。

引っ越す前の土地は、皆、若い人を、助けてくれた。
人は、助けられて、はじめて、自分も返したい、誰かの役に立ちたいと
思うんじゃないだろうか?

やる事の詳細がわからないまま、なんだか役員になっているのって、
物凄く不安。

|

« 今年度最後の授業参観のメモ | トップページ | ももの感性 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。