« 大変な年末年始 その2 | トップページ | momo 8歳 »

2009年1月 6日 (火)

大好き♪のだめ

のだめの再放送〔パリ編〕をみました。

じぶんの主張ばかり自分勝手に言うだけで、
相手〔音楽〕と向き合う事が出来ないのだめ。

それは、ちあきに対しても同じで、
今ひとつ、真剣に生身の相手と向き合う事なく、
すぐに妄想の世界に入り浸る。

のだめをパリに呼んだ先生からも、ちあきからも
そのことを指摘され、落ち込むのだめ。

でも、大好きな音楽と、大好きなちあき先輩に
導かれるように、心が外に向き始め、
それと同時に、のだめの世界が開花していく。

なんて、素敵なんでしょう。

今まで、感覚で全てを理解しようとして、そのオリジナルの
やり方だけで生き抜いてきたのだめが、
固執したやり方を捨てて、きちんと、音楽と向き合う、
ちゃんと、楽曲を調べて勉強して、理解しようとすることに
よって開ける新しい境地。

もも も、なにか得意な事、大好きな事によって、
こんな風に成長していけたらいいなぁなんて、
理想ですが、思いました。

それにしても、のだめの音楽は先が読めないってみんなに
言われて、でも、そんな欠点も含めて、才能を認められて
丸ごと、いろんな人に受け入れられて、幸せものだよね。

追記
自分の気持ちに実に素直に行動するのだめを見ていて
なんだか ぽにょ を思い出しました。
そうすけに対する真っ直ぐな気持ちを、ストレートにぶつける
ぽにょの行動を、情念と捉え、怖いと思う人もいるでしょうが、
私は、余計な駆け引きとかのない、湧き上がる真っ直ぐな気持ちに
とても心を動かされました。
頭で考えて行動するではなく、心で行動する。
大人になればなるほど、そういった真っ直ぐな気持ちというものを
押し殺して捨ててきてしまったように思える私には、
のだめやぽにょの真っすぐさや、不器用さに、心打たれるのでした。

|

« 大変な年末年始 その2 | トップページ | momo 8歳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大変な年末年始 その2 | トップページ | momo 8歳 »