« momo 8歳 | トップページ | 新しい担任 »

2009年1月22日 (木)

ほっと、ひと息

お友達関係で、心配な事はあるのですが、
担任に関しては、ほっとしている昨今です。

今年度、3人目の担任は、初の女性の先生ですが、
とにかく、よく待ってくれる。
そして、よく見て、よく褒めてくれる先生だと思います。

なにかやらかしても、授業中、皆と同じペースでやれない時が
あっても、事実を報告はしてくださいますが、
その後、担任がどうフォローし、ももがどう頑張ったかが
書かれていて、最後は、たくさん褒めてあげてくださいね!
と括られているので、
いつものように、連絡帳を片手に変な汗を流すこともなく、
ほっとした気持ちで、読めるのが、なんともありがたい!!!

出来ない事も、この年齢のお子さんは、他にも同じように
出来ない子もたくさんいますから、少しづつ出来ていけばいい、
見守りましょうと書いて下さる。

前の担任が、あれほど言って、よくならなかった悪筆も、
なんだか拍子抜けするくらい、最近は、字をきれいに書くように
なったもも。
玉に、早くかかなくてはいけない時は、早く、きれいが、まだ
出来ない。でも、×にはならないし、認めてくれるから
本人も、なるべく頑張ろうとしているように見受けられる。

勉強も、覚えていた知識が、すぽっと抜け落ちてる?と
思えば、苦手だったところが得意に変化してたりと、
それは、それは目まぐるしく変化する。
ただ、確実に、勉強の仕方がわかってきている感じがあり、
最初は、皆が教えなくともわかるところで、足踏みするは
あいかわずだが、教えると呑み込むスピードが格段にアップ
しているのを感じる。

苦手な文章問題も、自分で絵を描いて、文章をイメージ化する
のを言われなくとも、自分でやるようになった。
漢字も、何度も間違える、意味を覚えられないものは、
辞書〔子供かんじ絵じてん〕でひいて、意味、成り立ち、部首などを
専用の用紙に書き出し、
自分で、その字を使って文章をつくるというのを
毎日1~多くて5枚ほど、やっていたら、意味と漢字が少しづつ
繋がって、夜露死苦みたいな使い方は減ってきている。
横にべたつきでなくとも、そうした一連の勉強を自主的に出来るように
なりつつあるので、私は、そうやって書き出したものを
別の同じ白紙の漢字用紙に、意味、成り立ち、部首をどれだけ
再現出来るかをテストするくらい。

記憶は、なるべく、覚えた事をその場で思い出して書いたり
声に出したりして、覚えよう、想い出そうと、負荷をかけるとよいそうなので、
そうやって、瞬間的に負荷をかけつつ、集中するという事も覚えつつ、
五感を使って、学習している。

引くという字を何度も左右反対に書いてしまう時などは、
弓を引く、と音で覚え、弓を引いている絵をこの漢字に置き換えて
絵でも覚えると、間違わない。
そうやって、文字を音に置き換えたり、絵に落とし込む作業を
割と楽しみながらやっているもも。
いい案が出来ると、自分でうひゃうひゃ笑って、もりあがるところが
また、ももらしい。

|

« momo 8歳 | トップページ | 新しい担任 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« momo 8歳 | トップページ | 新しい担任 »