« 話し合い | トップページ | 今年を振り返って。。。。 »

2008年12月23日 (火)

通級担任

4月から通級担任が3回変わりました。
3人目の今の先生は、高学年のTTの先生でした。
5月に学級崩壊がおきて2年○組の担任が、体調を理由にお辞めになり、
通級担任がそのまま2年○組のクラス担任になりました。
次の通級担任を決めるまでの繋ぎは、日替わりで先生が受け持つ
はずでしたが、N先生が、気を利かせてくださり、ももの通級担任を
つなぎで受け持ってくれました。
そして、一学期の終わりに、今の先生が通級担任になられました。

そういった経緯もあって、通級や通級担任に期待は何もしていませんでした。
しかし、いい意味で期待は裏切られたと感じています。

今の通級の先生、たぶん、知識はあまりお持ちではないとは
思うのですが、
非常に子供の目線に立って、上手く見守って下さる、
とってもいい先生なんですね。

親でも、気がつくと、上から目線でつい強引に教え込んでしまうし、
待つという事がなかなか難しいのに、
本当に、上手く接していただいているようです。

それは、連絡帳からも、ももの話からもとてもよく伝わってきます。

親にも話さない事を、この先生には、相談するそうで、
この先生のお陰で、ももはどれほど救われていたのだろうか?と
思うと、感謝の気持ちでいっぱいになります。

授業も、漢字もカードゲームにしたり、算数は絵をたくさん描いて
文章題を解いたり、ももの苦手な位取りは、おもちゃのお金を
使って、お店屋さんごっこをしてくれる。
本当に書ききれないくらい、的を得た工夫をして下っています。

ももの興味を上手に引き出して、
自己否定に陥ってしまいがちなももをたくさん褒めてくれるお陰で
辛いことも乗り切れてるようです。

なかなか頑張りが評価してもらえないももに、手作りの表彰状を作って
渡してもくれました。
なんだかね、頑張りを否定される事がずーっと続いていて、こんなに風に
認めて励まして下さる先生がいると思うと、ありがたいやら、うれしいやらで、
涙腺がゆるくなってしまいました。

自分の受け持ち外の時間も時々、教室を覗いてくださっているようで、
様子をお知らせしてくれます。

また、N先生も、出来る限り、教室に入ったり、課外授業に付き添って
下さったりして、いつもももを支え続けてくれています。

不安な時、N先生をジーっと見て、目があうと、ももが呼ぶそうです。
時に手をつないだりして、声賭けをすると、緊張がほぐれて
頑張れているそうです。

多くを語らずとも、ももの目線に立って工夫してくださり、
寄り添っていただけているのは、本当にありがたい。

最初は、通級は必要ないと思っていた私ですが、
通級を進めていただいたお陰で、より多くの先生方に支えてもらえる
事になり、ラッキーだったと、思いました。

一寸先は闇かもしれませんが、現状に深く感謝しようと思います。
先生方、ありがとうございました。

|

« 話し合い | トップページ | 今年を振り返って。。。。 »

コメント

良い先生に巡り合えて良かったですね。良師との出会いはほとんど偶然で障害の中に幾度もあるものではないのです。私は小学校で一人、中学校で一人高校でひとり、大学、台が金で3人位でした。良い先生との出会いは若ければ若いほどよいのです。考えてみれば70歳を超えたこの歳まで10年に一人も理想的な先生との出会いはなかったことになります。それでもその一人一人の先生との出会いがなかったら今のわたしはなかったのだとつくづくおもうのです。momoちゃん、その意味ではとても恵まれているとおもいますよ!ひょっとすればMomoままさんとの出会いが最も良い出会いだったのかも知れませんね!決して平均値的なお母様ではなさそうですが・・・。

投稿: Don | 2008年12月23日 (火) 10時12分

コメントありがとうございます。
よい出会いに心から感謝したいと思います。
多くの人に支えていただいている事を、常に忘れないようにしたいと思います。

日々、娘に母親として育ててもらっているような、未熟な母親です。ふと、気がつくと、私が娘を受容するよりも、娘が、情けない母親の私をありのままに受け入れてくれているように思える事も多いのです。

投稿: momo はは | 2008年12月24日 (水) 22時52分

はじめまして。今日小3の長男のことで調べごとをしている最中にこちらのブログにビビっときて夢中で読んでいました。momoちゃんのママの努力と愛情に脱帽です。今日だけでは読みきれないので、この冬休みに読んで勉強させていただきます(^o^)
長男はADHD的な症状があり、秋にはじめてWISKを受けました。幼少時の外国暮らしもあって、環境要因も大きく、彼のもっている問題が分析できたのは最近のことです。長男も数日前よりワーキングメモリトレーニングをはじめました。momoちゃんと同じく、視覚的な情報処理は大得意ですが、聴覚からの処理は非常に弱いです。
ワーキングメモリを改善後に、トマティスの聴覚改善プログラムを受ける予定でいます。この聴覚改善は、胎児の状態から耳を作り直し、今までに耳が受けたストレスを一旦白紙に戻し赤ちゃんの状態にします。三半規管の感覚統合も正常化されるのか、姿勢もよくなるそうです。関連本を読み漁りましたが、耳は本当に大切な器官なのだと痛感しています。
http://www.npo-tomatis.jp/care_oxyecomia.html

投稿: ナナ | 2008年12月27日 (土) 01時55分

はじめまして、ナナさん。
コメントありがとうございます。息子さん、ワーキングメモリのトレーニング、楽しみながら出来るといいですね☆
momoもADHDを合併しているかもしれないと思っていますが、メインが自閉症である故、ワーキングメモリが改善されても、物忘れや不注意は、なくならないのですよね~。

トマティスのプログラム、よろしければ、プログラム終了後の感想など、教えて下さい。
momoは、集中できれば、聞く力は、ここ1、2年でかなり伸びてきていると感じます。

投稿: momo はは | 2008年12月29日 (月) 20時21分

momoははさん、ありがとうございます。
ワーキングメモリトレーニングは、今のところとても楽しんでやっています。3人兄弟の長男で、色々我慢させてきたので、トレーニングの時間に私と2人の時間がとれるのも嬉しいみたいです(^o^)。メインがADHDなので、これで不注意と集中力欠如が治ってくれるといいなと期待しています。

トマティスのプログラム、2週間目くらいでかなりの効果が期待できるみたいなので、ご報告しますね!機材は貸出してもらえるので、我が家では家で行います。出産時のトラブルや、大きな環境変化(海外生活、転校など)でものすごいストレスを受けた子なので、耳が覚えたそのストレスを早くクリアしてあげたいです。"聴覚のゆがみは性格のゆがみ"なのだそうです!

投稿: ナナ | 2009年1月 2日 (金) 04時21分

よろしくお願いします☆

投稿: momo はは | 2009年1月 6日 (火) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 話し合い | トップページ | 今年を振り返って。。。。 »