« 知識 | トップページ | 時間の概念 »

2008年12月 4日 (木)

お金の意味

こうままさんのところで、このフレーズを読んで、はたと、思った。

http://koumama.seesaa.net/article/110543076.html

以下抜粋

ウルサイ。
20才になったって、30才になったって
こうくんはお金の意味は理解できないんだから、
わからないことを無理矢理しなくてもいい。

現実として
こうくんが一人で買い物に行くことは絶対にないし
常に支援者と一緒にいるハズだから
支援者とこうくんが一番快適にスムーズに過ごせることを考えた方が建設的じゃないか。
出来ることや覚えられることに限りがあるのだから教えることは厳選したほうがいい。で、
選ぶなら、自分で財布からお金を出すスキルじゃなくて、これをオレのモノにしてくれ~(支払ってくれ~)と支援者に要求できるスキル、ってことだ。

シンプルじゃん。
それでいいんじゃん。

と自分で自分に言い聞かせて。
でも
やっぱり
凹むなぁぁぁぁ

働いて稼ぐために、お金の意味がわかって欲しいなぁとずっと思ってやってきたから。

以上

もも も、こうくんと、一緒で、お金の意味なんか理解していない。
一応、お金を持って、おつかいにも行ってくれるし、お金をレジで払える。
でも、概念は、理解していない。

だから、今だ、喉が渇いて死にそう~とかいう時に、まだレジで精算
していないにもかかわらず、その場で飲もうとしてしまう。
一応、カードや本などで、何度も、その基本を教えてきたが、
教えるは、もも達にとって、本当の意味で、理解にはつながらない場合が
多いと、思い知る事が多い。

そして、日常のささいな、そんな場面に遭遇して、心の体調の悪い日は、
どーんと、落ち込んでしまう。

消費生活アドバイザーをしている姉のところに来る、お金がらみの人の
多くは、ももと同じ特性をばっちり、持っている人がほとんどだという事は、
以前も書いた。

その中には、社会的にも、地位の高い人なのに、何故?こんな事で
騙されるのか?こんな事を理解できずに、ここまでの大事になって
しまうんだろうみたいな人もいたりする。

お金の仕組み自体、実はとても、複雑で、真の意味で理解出来ている
人なんて、少数なのだ。
なので、ももが、概念を理解することなど、気の遠くなるような望みだったりする。

頭の混乱しやすいももに、複雑な概念を教え込むよりも、実際気をつける事や、
すべき事、してはいけない事などを、細かく教えるほうが、役に立つだろう。
でも、それらは、概念を理解していない故、例えば、貨幣制度が根幹から
崩壊して、全く別の制度にとってかわるなどの事がおきた場合、通用しなくなる。


お金と同じくらい、理解が難しいのが、時間の観念である。
長くなったので、次に、続く。

|

« 知識 | トップページ | 時間の概念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 知識 | トップページ | 時間の概念 »