« ライフスキルについて 1 | トップページ | 深いお話 »

2008年12月 1日 (月)

ライフスキルについて 2

ももと、お家ごっこをしてみました。

ももが、ママ役で、momo母が、もも役です。


私が、指しゃぶりをします。
指は唾でベトベトです。
しかも、人の唾はとても、臭いです。

手をつなごうとしますが、ママ役のももは、激しく拒否。
その手で、「ママ~♪」とママ役のももに甘えます。
甘えて、ベトベトで臭い指を、顔に近づけます。
そのとたん、ママ役のももは、
激しく「やめて!臭い!きたない!嫌!」と怒りました。

そして、やめなさいと注意されても、やめれなかったけど、
どうしてやめないといけないのか?わかったから、
本気で、やめるよう、努力したいと、言いました。

※ママは最近、指すいも、やめなさい!という風には
注意してませんでした。
むしろ、やめないと顔が変形して、どんどんかわいくなくなるよ。
自分が困っても、良いのなら、どんどん、好きにしなさいと、
どんどん、変形するねー、もっと、もっとやりなさい、と言っていました。

これのほうが、普通に注意されるよりも、こたえると思ったからです。
でも、逆効果でした。。。。

次に、子供役の私は、筆箱の鉛筆や消しゴムを、リビングの床に
散らかしました。
踏んだら、痛いし、迷惑です。

そして、「ママぁ~、片付けてぇ~、私、子供だから片付けできないぃ~
ママだから、片付けてよ~」と言いながら、ディエスで遊んでいました。
とっても、ふてぶてしい子供役のママです。
ももの大事なぬいぐるみの上で、おやつを食べて、食べかすが、
ぬいぐるみの上にこぼれたりしています。

ママ役のももが言いました。
「自分で散らかしたものは、自分で片付けなさい!ママは片付けるの嫌です!」
「おやつは、食事のテーブルで食べなさい!大事なぬいぐるみが汚れちゃって
お洗濯しないといけなくなっちゃったじゃないの!どーしてくれるの!」

そう、激昂した瞬間、はっと、我に返って、そのまま自分の部屋に
ももは行きました。

そして、散らかった部屋を、片付けはじめました。
そして、食事後の食器を下げる約束も、言われなくても、守りました。

「やりなさいって言われてないのに、やったの?凄いね!えらいね!」
って、誉めまくりました。
誉められるほうも、誉めるほうも、気持ちがいいです。
結果は、同じなのに、気持ちは、全然、違う。
こっちのほうが、お得だねぇ~と、そこでまた、念押しで刷り込みます。

他のごっこ遊びの例もありますが、長くなるので、この辺にしておきます。

もも達みたいな子供達は、やりもらい言葉が苦手な子が多いです。
太郎さんが、花子さんに、お花をあげた。
花子さんは、太郎さんに、お花を?????(?は、もらう。)
の?部分を
ももは、あげさせたー!と答えてました。
もも風の会話では、花子さんが、太郎さんに、お花をくれた。
みたいに使ってた事が多かったのです。

相手の立場に立つという意識が薄いのでしょう。
何度教えても、なかなか、このやりもらいは呑み込みませんでした。
しかし、療育先で、シルバニアのくまやりすさんに
そのやりとりをさせたら、あら!不思議?
すぐに、やりもらい言葉を理解する事が出来たのです。
(現物の効果って、やっぱり、凄いですねぇ~)

小学校低学年もしくは、小学校のうちは、シルバニアのセットなどで
ごっこ遊びをしながら、
子供にわかってもらいたい事を設定して、遊びながら、
納得してもらうというのは、とても良い方法かもしれません。

ももには、硬直的な、本や、勉強っぽい、ソーシャルスキルトレーニングは
まったくといっていいほど、効果がありませんでした。
たぶん、頭で、理解できても、本当の意味で、どうして、それが必要なのか?
駄目なのか、自分の中でよく租借して、理解する事が出来ないのに、
やりなさい!と言われて、行動なんか出来ないのです。

自分で、はっと、気がついて、行動できる。
やめたい!と、思える。
こうしたい!と、思える。

これは、大人でも難しい事です。

処世術にたけた大人にならなくても結構、不器用でも結構、
でも、ももにとって、損が減って、得が増えるような事は、生きていくスキルと
して、覚えていって欲しい。
それを理解して、使う、使わないは自由。意志は、もも自身にある。

ライフスキルがももにとって、どうして必要なのか?
その部分を、こうやって、少しづつでも、理解していってくれればと
そう思う。






|

« ライフスキルについて 1 | トップページ | 深いお話 »

コメント

momoははさんこんばんは。
やりもらい言葉について、とても
興味深く拝見させて頂きました。
うちもやはりとても苦手なんです。
”あげた”ことを”もらう”と
確実に言ってくれます。

これはまた違いますが
送っていくことも、迎えに行くに
なっています。

相手の立場に立つという意識が
薄いためなんですね。
そう言われると合点が行きます。
ちょっと試してみたいと思います。
いつも為になる記事をありがとう。

投稿: すみれ | 2008年12月 2日 (火) 20時31分

ぬいぐみでも、なんでもいいので、試して見て下さい。
momoには、効果ありましたよ~happy01

momoは、最近、やっと、前歯が抜けたのですが、
「歯医者に、顎の骨格が、ますます変形してきてるよ!
いい加減にやめさせてあげないと、二次的な問題が
出てくるよ!歯並びは直せるけど、顎は治せないよ!」
って脅されまして、
ない知恵しぼって、ごっこ遊びなどしてみました。

包帯ぐるぐる巻きでも、その上から指すいしてた人が
寝ている時間以外は、指吸ってません。
人の飲んだジュースが飲めない人ですから、余程、
私の唾が嫌だったんでしょう。
私から、産まれて来たのにぃ~!

最近、時間の観念が育ってきた!と喜んでいたら、
8日をはつかと言ってたり、右、左がまた混乱しだしたり、
もぐら叩き状態ですわ。

ごっこ遊びは、のりのりでやると、楽しかったよdog

投稿: momoはは | 2008年12月 3日 (水) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ライフスキルについて 1 | トップページ | 深いお話 »