« ブタがいた教室[映画] | トップページ | おしろいばなの種 »

2008年11月 5日 (水)

脱力感

2学期に入ってから、連絡のプリントは届かないは、忘れ物、なくしものも、
また酷くなってきて、先週はじめに洗って持たせた給食当番セットも
そのまま補助かばんに入れたままの状態で、週末持ち帰ってきてしまいました。
ももが、提出するのを忘れた為に、エプロンを付けずに、困っている子が
いたのではないかと、複雑な気持ちになりました。
今週、忘れないように、メモに書いて、送り出す時も念を押して言いましたが、
忘れ物を届けがてら、教室に行くと、なんと!
まだ、提出していないとのことでした。

ももいわく、誰に渡せばいいのかわからなくて、ぱにくってた。。。との事。
いつも、困ったら、先生やお友達に相談すればいいのよと言ってありますが、
それさえも、自発的にできなんでしょう。

学級委員らしき、男の子が、来て、さっと、給食セットをかける場所を教えて
くれました。

給食セットがなくても、担任は、確認しないのか?
教科書がまたなくなっても、親が気づくまで、担任は、なぜ何も知らせてくれないのか?
提出物が出てなくても、聞いてくれないし、連絡帳にも何も様子が書かれてこない。

教科書がないと担任に連絡をした時に、ももが担任に感情的に叱られて、大放課に、
遊ばずに、机の片付けをひとりしたと、通級の先生に、話したらしいです。
で、通級の先生が、頑張ったね!って褒めてくれたら、元気になったらしいです。
担任は、ももが持ち物の管理が出来ない為に、もも母に自分が叱れると
思ったのでしょうか?叱ってきちんとしなさい!と怒れば、自己管理できるように
なるとでも、思っているのでしょうか?

まあ、百歩譲って、腹が立つこともあるでしょう。
でも、子供相手に、あんまりじゃないかと、思えて思えて仕方がない。

N先生も、出来ない子供に、確認したり、出来ているか一緒に見守る程度は、
支援という程の事でもない。そんなことくらい、当たり前にやってもらえないと、
辛いね~と先に言ってくださいましたが、
ここまで言って、N先生の指導もあって、担任が動かないというのは、
もう、言っても無駄なんでしょう。

担任なりにこだわって、努力されている部分はあると、思いますが、
基本的な支援がなく、時間をかけて話し合って、お願いしてきたことも
まるで、無視されたような事が続くのは、正直辛い。

ももは、同時にきれいに、はやく、問題を解く、しかも、苦手な板書きで
精魂尽き果てて、手がゆるゆるになって、マトモな字がかけない。
それを、あれほど、説明して、わかりましたと言ってくれたはずなのに、
算数の問題の数字がきたないという理由で、はねてあるのは、どうかと、、、。
答えはあってるんです。
きれいに書くのを時間をかけて、訓練するのは可能だし、
マルにして、横にきれいな数字を書いて、きれいに書こうね!みたいに
注意したくださるのは、ありかな?と思いますが、
十分、読める範囲の数字をきたないと言って、ぺけにするのは、
もう、止めて欲しい。

先生の手抜きなのか?宿題は、ほとんど、教科書やドリルをノートに丸写し
して、問題を解くものなんです。時に、物凄い量が出ます。
書き写すだけで、精魂尽き果てて、一問抜かして、今、どこを写しているのか
わからなくなって、泣いた時もあります。

そんなの教育なんかじゃないだろうって、
ペケにして、気をつける子供も、いるかもしれないが、嫌になってしまう子も
いるんですよ。
怠けているわけでもないし、今まで、これも、字がきれいに書けるきっかけと
前向きに考えていましたが、いい加減、度を越しているように思えてきて、
腹が立ってきてしまいました。

ももは、保育園時代に、運を使い果たしてしまったのでしょうか?
まともな担任に受け持ってもらう事は、今後ないのでしょうか?

親があまり腹を立てても、子供には、いい影響はありませんから、
どういう風に、ももを守りつつ、自分の感情を収めていけばいいか、
本当に悩みます。

|

« ブタがいた教室[映画] | トップページ | おしろいばなの種 »

コメント

 お気持ちよくわかります。子育ては子供の先生たちとの戦いの歴史です。明日わたしは母校の研究室の同窓会があって出かけてきますが、今年亡くなられた恩師の奥さまにおあい出来るのを楽しみにしています。落ちこぼれであった院生のわたしのことを先生はきっとこの子は将来大物になると評価していてくださたのだそうです。
 この歳になりますと同窓会ばやりで昨年の小学校の同窓会には亡くなった恩師に代わって奥様から私の作文がとどけられました。汚い汚い文字で将来学者になるのだと書いてありのがかろうじて判読できました。実に60年ぶりに戻ってきた作文でした。
 まさにくじ引きのようなものですが、そのうちにmomoちゃんも素敵な担任に出会えるかもしれませんよ!

投稿: Don | 2008年11月 6日 (木) 10時26分

コメントありがとうございます。
Don先生が、コメントくださったお陰で、ひとりでも多くの先生が、もものいいところを見つけて認めて下さり、伸びてゆければいいなという希望のほうへ気持ちを向けようと、そう切り替える事ができました。
ありがとうございました。
将来学者になるのだと書いてあった作文の話、素敵ですね。

投稿: momoはは | 2008年11月 6日 (木) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブタがいた教室[映画] | トップページ | おしろいばなの種 »