« 漢字学習の工夫 | トップページ | 秋の味覚 »

2008年9月12日 (金)

秋らしくなってきました。

まだまだ日中は暑くて、運動会の練習をしているもも達は、
大変ですが、朝夕は随分涼しくなって、クーラーをつけずに
暮らせるようになりました。

炎天下の中で何時間も応援合戦しながら参加するこの時期の
運動会は、とっても過酷。
同じ市でも5月開催の学校も多いのですが、なぜかももの
学校は9月です。
暑さが昔とは違いますから、ひとつ間違えると熱中症になりそうです。

去年ははじめてで戸惑う事も多かったはずですが、
今年は2度目なので、去年よりは落ち着いてやれるだろうと
思いつつ、心配なので、見に行こうかとも思ったりしています。

今年の夏は、今までに経験した事がないくらい暑かったと
思います。

Baratorisu☆写真は、夏に半日で丸焦げになった薔薇が
復活してたので、花瓶に生けた写真です。
一番大事にしてた大株は復活せず。(泣)


庭の花や木も、朝晩水遣りをして、肥料もちゃんとやっていますが、
日に焦げて、いろんな花木が枯れてしまいました。

もはや金魚とは呼べないくらいに育った金魚たちも、黒出目金を
残して、急死してしまいました。。。。(;ω;)
たぶん、このところの急激な水温の変化やら、
私が体調崩して寝込んでいて、水替えを忘れてたやらで、
新しく代えた濾過装置にカビが発生して、病気になってしまったようです。

夜寝る前に気がついて、急いで、水槽の大掃除をして、
薬を入れた水槽を3つくらい用意して、病気の進行別に分けた
のですが、あっという間に6匹死んでしまいました。

引越しの時の長期の放置プレー[水替え、餌やり、エアーなし]
にも絶えて3年連れ添った、祭りの夜店の出目金が死んでしまったのが
一番ショックでした。
その生命力の強さに、心なしか励まされていたので。。。。

人懐こいところ、死んだふりをするへんなところも、好きでした。
ポニョみたいな赤の出目金でした。

大事にしていた植物が枯れたり、生き物が死んでしまったりすると、
何か、家族の身代わりにでもなってくれたような気もしてしまう私です。

このまま何もなく、涼しい秋へと移行できるとは思えませんが、
植物も動物もなんとか生き抜けますように。

唯一、生き残った黒出目金は、白カビ病と、尾腐れ病に
ストップがかかったようで、薬液の中で、元気に泳いでます。
(3分、イソジンを3滴ほどたらした水の中に入れたら、菌が
死んで、白いものが消えました。)
☆イソジンはきついので、一リットルに2滴くらい、泳がす時間も3分~5分を
守らないと、死んでしまうらしいです。。。。
でも、きれいなひらひらの尾っぽが、ぎざぎざになってしまって
哀れです。大事にしてあげなきゃ。

|

« 漢字学習の工夫 | トップページ | 秋の味覚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 漢字学習の工夫 | トップページ | 秋の味覚 »