« 拗音、促音の謎 | トップページ | 頭も胃も痛い »

2008年6月 5日 (木)

漢字

一年の時は、わざわざ漢字の成り立ちの本を買うほど意気込んでいたのに
〔成り立ちの本よりも、こらしょの付録の成り立ち本や、かるたのほうが内容がよかった〕
肩透かしをくらうほど、何も教えてないのに、すらすら覚えていった。

2年もこの調子で、、、と思ったら、なんでやねん!って突っ込み入れたくなるほど、
何も覚えられない人に変身しおった。。。
たった5つの漢字を覚えるのに、一ヶ月かかった。。。。。
一年の時の一学期で覚える量が、一ヶ月くらいで覚える量に変化しているので
追いつかない。

ちびまるこシリーズを近所の本屋で手に取るが、かえってわかりづらい。

結局、こらしょに書いてある、切るなら、七つの刀で、切る♪みたいな
語呂あわせみたいなのを、口ずさんでみるというのを思いつきで
やってみたら、どんどこ入りだした。
〔こらしょの漢字のところに、覚え方のヒントで書いてあったのよ。〕
自分で法則を見つけて、遠いなら、土の下に足つけて、へびがにょろにょろとか
ももが自分で作って、自分できゃはは!とうけつつ、漢字練習したら、その日は
一発で、私のテストに合格しおった。

最初から、この方法に気付けばよかった。

次は、書き順、とめ、払い、はねを、一年生の時に注意させてなかった為、
そこが壊滅的にダメダメで、いかに、文字を絵として捉えているかよくかわる。

特に、はらうは、習字を習わせてないので、力の入れ具合、抜き具合が
まるでわからず、マリオネットで、手をもって、ここまで力をいれたままー、
最後ですうっと抜くー、みたいに最初に書き方を教えないといけなくなっている。

私は、明治生まれの祖母に、入学前から、いろいろ仕込まれてたせいも
あって、一度もそんなところで困ったりしなかったので、いちいちびっくりする。

また、目を離すと、とても読めたもんじゃないような崩れた字になっているのも
気になる。。。。

私の祖父母は、とても字が上手だったが、父は、自分で書いた字が自分で
読めなくなるほど、きたない。そして、パパも、小学生以下?みたいな
笑うしかない字を書く。
ももには、ああはなってほしくないんだけどなぁ。
ももは、文字なんか、書き順間違ってても、きたなくても、合ってればいいじゃん!
みたいに思ってるからねぇ。

漢字の法則、左側から、上から、という、こらしょで、しつこくしつこく
出てくる法則も、なかなか定着しないんだよね。
それよりも、最初に手を持って、身体で覚えさせるやり方のほうが
すんなりは行っている。
とりあえず、身体で覚えていくうちに、理屈も入っていくのかな?

くさかんむり、とか、てへんとか、そういうのは、理解しているよう。

ひとつひとつ、クリアーしていかないとね。。。。

追記 5月末くらいから、またすらすら頭に入りだしています。
この落差、不思議です~。

|

« 拗音、促音の謎 | トップページ | 頭も胃も痛い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 拗音、促音の謎 | トップページ | 頭も胃も痛い »