« あえて口で言わない努力 1 | トップページ | 通級教室 »

2008年5月20日 (火)

あえて口で言わない努力 2

ももは、食べるのがとても下手です。
うるさい鬼母が、うるさく言い続けて、少しはましになったような気も
しますが、今だに、片手をおちゃわんに添えるなり、持って食べるという
しぐさがありません。
汁物など、服が激しく汚れるので、熱くてもてない等の場合は、顔を
近づけて食べると、うるさく言いつづけて、今は出来ているのですが、
遠くにある汁ものを身を乗り出したり、時に立ち上がって、顔を
近づけたりしてるので、
「顔をもっていくんじゃなくて、器ごと、手前に持ってこればいいでしょ?」
と説明しないと気がつきません。。。。
〔なんか中国人の歯磨きみたいなんだよねぇ。〕

これは赤ちゃんのときからなんですが、猫背気味というか、
姿勢もいまいちよくなかったりするんですねぇ。

でもって、食べ方も、一皿一皿片付ける要領で食べるので、
最後に御飯だけ食べれないという風になります。

あまりにうるさく言い過ぎると、食べること事体が嫌になってしまうと
それはそれで困るので、絵に描いて、勉強してみました。

勉強しおわって、意識して体験もしてみました。

まあ、数日たつとまた、忘れて元の木阿弥かもしれませんが、
そうしたら、また絵を見せて意識づけしてみようかな。

言葉にたよりすぎて、教えると、私自身もストレスになりますからね。
絵や言葉にしたほうがお互い、冷静になれるのかも。

自発的に片付けたり、いただきます、ごちそうさまは完璧なんですがねぇ。

☆これは以前書いた日記ですが、ついつい忘れるのです!
 そして、ヒステリー母に成り下がってしまうのです。恐ろしや!

 朝の支度なんかは、タイムタイマーを使ったり、
 全部仕度し終わるまでテレビはつけないようにしました。
 そしたら、きぃきぃ言わずに、出来てます。
 子供もせいにする前に、どうして出来ないのか?冷静に
 考えて、工夫できる余裕が大事ですねぇ。

|

« あえて口で言わない努力 1 | トップページ | 通級教室 »

コメント

いやいや、わたしのうちのことかと思ってしまいました。

猫背の原因を知りたくて、じっくり観察してみるんですけど、のんびり娘は「おまたで座る」(接地面のことです)のではなくて、「お尻ちゃんで座る」んですよね。
当然バランスをとるために背中が後に丸くなる。
これを何とかしたくて、うちには色んなグッズがあるんですけど、結局役立たずです。
筋力の問題かと、運動(ドッチボールや一輪車など)奨励してやらせたりもしたんですけど、1輪車には背中伸ばして乗れるのに、なぜか椅子ではそうならない。これも謎です。

パパが正面で飛びっきり怖い顔をしているときは、キチンと姿勢が保てるので「出来ない」っていうわけでもなさそうなんですけど、もう何年も毎日何度と無く
「背中!」って言ってます。
もちろん、途中の時期には、背中を伸ばすために意識するポイントを具体的に教える声かけもしてるんですけど、伸ばしたと思ったら1分後には丸まっているという具合で・・・手強いですわ。

ただ、なぜかとびっきり好きなおかず(なおかつ予算の関係で滅多に出ないおかず)の時には背筋が伸びているんですよ。
私の作るおかずを舐めてんのかい?って、それも癪の種ではあるんですけどね(笑)

投稿: sei | 2008年5月20日 (火) 16時04分

0歳の時から、ももは、不思議な座り方をしていました。
遅ればせながら、身体的な訓練もはじめようかと、考えています。

脳だけでなく、関節がゆるかったりするので、筋肉の使い方も、
ちょっと独特なところがあるようです。
疲れやすかったり、椅子にじっと座っていられないのも、
感覚的な問題以外に、身体の関節や、筋肉の仕組みにも
問題があるようです。

投稿: momoはは | 2008年5月20日 (火) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あえて口で言わない努力 1 | トップページ | 通級教室 »