« 私〔親〕が気を付けなくていけない事 2 | トップページ | 就労について 私の体験談より »

2008年4月 7日 (月)

犬山北小の校長先生の話

確か、犬山北小の校長先生はこの3月で定年になられたと思います。

先週、姉が、犬山北小の校長は凄いねって言うので、理由を聞いたら、

最近、テレビに出演されたようで、その時の様子を教えてくれました。

とにかく、公立の小学校の先生達は、一体なんの為?という程の

無意味に思える文科省への提出書類があるらしいのです。

それを、校長先生は、こんなものいらないと、破り捨ててたらしいですわ。

その提出書類書いている時間を、生徒と向き合う時間にまわせ!

ということらしいです。

侍ですわ。自分の進退かけて、腹を括らないと、出来ないですよね。

この校長先生の発言を見て、他の自治体の先生方からいっせいに

うらやましい~の声があがったそうで、大変なんですな、現場の先生は。

学校だけでなく、いろんなお役所の部署が、誰の為?という一番大事な部分が

どこかへ忘れ去られて、ひたすら業務という名の元で、誰が見ても必要に

思えない事が重要視され、血税が無駄遣いされていく。

皆、それに気付いていても、誰も、怖くて、そういった部分に踏み込んでいけない。

そこを踏み込んで行くというのは、誰にでも出来る事ではありません。

校長先生を支えた裏方さん達もさぞ、大変だったと思いますが、

犬山北小の校長先生は、たくさんのものを私達に残していって下さったと

そう思います。

一方、蒲郡にトヨタなどの企業がつくった、エリート製造学校?、

海陽中等教育学校が開校になりました。全寮制で、年間280万+α

かかるそうです。。。。

私が、もし、勉強の出来る男の子だとして、絶対、入りたくないと、見ていて

思いました。。。

この環境が子供にあっていて、伸びるお子さんもいるでしょうが、

まだ、自分の意思や、目標設定もないまま、全く、自由がなく、管理された生活で

余白のない、逃げ場のない、ぎちぎちの生活をするっていうのが、

自分には、想像できないんですよね。

なにか確固たる目的を子供が持っていて、その目的達成の為に、あえて

そういうストイックな生活をするというのは悪くないとは思うのですが。


DSも持ち込み禁止らしいです。もっとも、ゲームなどしている時間はなさそうです。

人生のある時期には、寄り道が時には必要だと、そう思っているのですが、

もし、子供が途中で、自分にはむいていないと思って進路変更したいと

なった場合、年間300万円近くかけて我が子の将来を信じ切ってる親は、

それを受け止める事は可能なのかな?とも、思いました。


地域密着型の教育改革を推進されてきた校長先生が、定年を迎えられ、

名古屋を中心として、反対側に、全くタイプの異なるエリート製造学校が出来る

というのも、何か時代の変化を示唆しているように思えました。

|

« 私〔親〕が気を付けなくていけない事 2 | トップページ | 就労について 私の体験談より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私〔親〕が気を付けなくていけない事 2 | トップページ | 就労について 私の体験談より »