« 就労について 私の体験談より | トップページ | メタ認知 »

2008年4月 8日 (火)

もも、2年生!

今日は始業式。桜は、すでに葉桜。

一緒のクラスを希望するお友達がいれば教えて下さいと
言われたので、希望したお友達は、誰も一緒ではなく、
仲がよいが、似たもの同士なので、つい大事に発展しがちな
くんと同じクラスだった。
二人とも距離を上手くとれないので、近づきすぎちゃうのよね~。
ももの事を大好きだと言ってくれたお友達も、
いつも遊んでいるお友達も、近所のお友達も、
誰も同じクラスにならなかったようで、
知らない子ばかりで、明日からどうしよう?と
少し困惑してました。

また、以前から、話した事もないのに、いつも近寄ってきて
嫌な事ばかりする他のクラスの苦手な男の子がいたと
教えてくれました。
他にも前のクラスで、問題のあった子が勢ぞろいだそうで、
こりゃ、ある意味、刺激のきつい環境になったのかも?

新しい担任は、療育先が一緒のNさんの息子さんの
担任をしてた先生でした。
支援クラスの先生を何年もされていたようで、
療育先の先生と連携がすでにとれているので、話が
早いかもしれないのが、少しだけうれしい。

去年のように、最初の印象で、ぬか喜びしすぎて、
後で、苦しい展開も嫌なので、あまりよかったと思い込み
すぎないように気をつけつつ、

先程、電話で数分、話しただけなんだけれども、
きちんと目標設定をして、計画書も作り、やっていこうと
言われ、びっくりしました。
だって、去年など、支援計画書なんて、雲の上の話で
口に出した日には、特別扱いできませんって!言われて、
険悪になりそうで、そんな事、考えもしてなかったので、
非常に、びっくりしました。

隣の小学校は、校長先生の受け入れ態勢もよく、
保護者交えての校内委員会が開かれ、常に前向きと聞いていますが、
我が校は、保護者交えての校内委員会など考えられない環境なんですよ。
と言ったら、私達で変えていきましょう!って、、、、。
前向きすぎて、私の方が、「先生、焦らず、牛歩でいきましょうね!」
「無理やり突撃はいけませんよ!」と言ってしまう始末。
ウォーリーさんの公演にも来てらしたようで、体験を学校にずっと
お願いしてるんですけれどもね、難しいんですよ。と話したら、
僕と明日、校長先生にお願いしに行きましょうって言われて、
「もう、くどいくらい、あの手この手で、人も変え、お願いしてますが、
ハードル高いので、これ以上、正面切って、ごり押しは、よけい
壁をつくりそうなので、やめたいです。」と私のほうが引き気味です。

担任は、やる気いっぱいで、発達障碍に詳しい先生ですが、
いまひとつ周囲との調整能力はどうなっているのか?ちと不安がありますし、
自分はとても勉強していると自信満々なのが、すこ~し引っかかりますので、
少し距離を置きつつ、お願いにあがろうかと考えています。

それでも、我が子を理解したいと言ってくださるのは、ありがたいです。
学校間の格差も、先生間の格差も、差がありすぎて、戸惑いますね。

前の担任は、今年も一年生の担任らしく、去年と同じクラスだったよ。
と、ももが教えてくれました。
頑張れ一年○組のみんな!

ももは、新しい担任の事をやさしそうないい先生だったと話しています。
去年は、書いてるうちに、気分が落ち込んで、ここに書けずにいたような
エピソードが満載で、気が休まる事がなかった一年でしたが、
今年は、なんとか安定した一年を過ごせるんでしょうか?

もも以上に、私のほうが、期待と不安が高まる新学期なのでした。

最後に、
私の心の支えでもある担当のN先生、どうか今年も我が校にいてね。
他の先生方だと、問題がついつい大きくなってしまいがちなのですが、
N先生は事を小さく、上手く納めるのが、とても上手。
先生がいないと、困るよぉ~!

|

« 就労について 私の体験談より | トップページ | メタ認知 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 就労について 私の体験談より | トップページ | メタ認知 »