« シングルフォーカス脳 | トップページ | もも、脱走する »

2008年3月21日 (金)

もも、映画を観る

どらえもんを観に行って来ました。
冬休みにたまごっちの映画を観に行こうと約束したのに、
行けなかった穴埋めです。
ももが希望したコナンは、遠くの映画館しか上映して
なかったので、どらえもんにしてもらいました。

あまり期待せずに、観たのですが、とってもよいお話でした。

自然破壊をする地球の人間達に、植物達が逆襲するという
ストーリーなんですが、
植物生物達の星での権力争いがあるんですが、
その星の長老が、姫や大臣に向かって、
「怒りに対して、怒りで返してはいけない。怒りは世界を狭くしてしまう。
だから、わしは、喧嘩はしない!」と言うんですね。

また、自分達を正当化する為に人間を皆殺しにするという
行き過ぎた大臣達の行為に対しても、
「敵は、外にはいない。災いは、内にある。」と言い、
その長老の助言を無視して、人間を皆殺しにする為に、
つくったモンスターに、自分達が追い込まれるというお話なんですが、

これは、まさに、我々人類の何世紀にも渡って繰り返されて
きている過ちについてのお話しで、
とても身近で身につまされる部分の多いストーリーでした。

もちろん、笑いあり、どきどきあり、涙もありの、面白いお話しです。

本日、レディースディにて、お安く観れましたので、
記念に、どらえもんグッズをいろいろ買ってあげれました。

ももにも、怒りや恐怖を、暴力という形で表現すると、
それは、自分にかえってくるんだよ。
っていうのが、少し、伝わったようでした。

|

« シングルフォーカス脳 | トップページ | もも、脱走する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シングルフォーカス脳 | トップページ | もも、脱走する »